コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

06 2018

ジャンプ23号感想

僕のヒーローアカデミア
「現時点で緊急性はない」
ジェントルと緑谷の、事を大きくしたくない様子を察したハウンドドッグ。空気を呼んだ彼は、文化祭中止を要求することはなかった。
「僕は 君の笑顔を見たかった!」
人知れず激闘を演じて、エリちゃんの笑顔を守った緑谷。不幸な少女を笑顔にすることは、ヒーローの大切な役目だ。


約束のネバーランド
「ほら出て来いよ 殺しちまうぞォ」
ゆ……ゆるさん……絶対に許さんぞ虫ケラども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!一人たりとも逃がさんぞ覚悟しろ!!(フリーザ
最愛のノウマを殺され、激おこぷんぷん丸のノウス!圧倒的な力で、子供たちを痛めつける!!
「どうなってる?手短に状況を説明しろ」
絶体絶命のピンチに、救世主登場!レイとオジサンがやってきた!五体満足な戦闘員が二人増えれば、戦況は一気に変わる!!


鬼滅の刃
「君は必ず自分を取り戻せる 無一郎」
頭の片隅に眠っていた、淡い記憶が蘇る。全身傷だらけで横たわる霞柱に、優しく語り掛ける産屋敷。こんなにボロボロにされたということは、上弦の鬼に襲われたのだろうか?
「攻撃の威力が落ちてる」
激闘のなかで、敵の攻略の糸口をつかんだ炭治郎!斬ったら分裂するが、分裂すればするほど弱くなる!ならばひたすら斬り続けるだけ!
「カカカッ 頑張れ娘 もう少しじゃ」
上弦の鬼を相手に奮闘する禰豆子!しかし、単純な力勝負では分が悪いようだ!
「テメェの相手は俺だろうが」
槍で腹部を貫かれても、闘志衰えぬ玄弥!銃で頭を吹っ飛ばして、反撃開始だ!!


読切 リカの時間
磯部磯兵衛物語を連載していた仲間りょう先生のサイレントギャグ読切。マッドサイエンティストな女教師を主人公としたシュールコメディだ。
頭がでっかくなったりちっちゃくなったりするという視覚的なインパクトはあったが、あまり面白くなかった。画力が高いわけでもないので、いわゆる萌えコメディとしてもあまり評価できない。


トマトイプーのリコピン
「この余波弱肉強食 強くば生き弱くば死す うぬは弱い 絶滅もやむなし! 去ね!」
ジャギコさんからこっぴどくフラれたチェリオくん!今夜は泣いて枕を濡らすしかないね…。
でもよくよく考えたらこれ、ツンデレなんじゃね?「うぬは弱い」ことが問題なら、ジャギコさんと肩を並べられるくらい強くなればいいんじゃね?難題だけれども、それを実現することが愛の試練なんじゃね?

Posted by seiji | 22:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

28 2018

ジャンプ21・22号感想

僕のヒーローアカデミア
「勝ってジェントル」
ラブラバのサポートを受けて、鬼のような怪力を見せるジェントル!今にも押しつぶされそうな緑谷!
「辛い思いをしてきた人に明るい未来を示せる人間になりたい」
激闘の中で緑谷が語る、自分の理想のヒーロー像。憧れのオールマイトのように、人々に明るい未来を示す人間になるんだ!
「嫌…!!」
単身で森の奥へ向かったラブラバ。しかし、学校の周囲を警戒していたハウンドドッグたちを発見してしまう。こうなっては見つかるのも時間の問題、仮にジェントルが緑谷を倒したとしても学校に侵入するのは不可能だろう。
「シュートスタイル セントルイススマッシュ!!」
緑谷の新技炸裂!豪快なキックで、しぶといジェントルを撃破した!
「離せ!何が明るい未来よ!!私の光はジェントルだけよ!!ジェントルが私の全てよジェントルを奪わないでよ」
ジェントルの敗北を受け入れられず、駄々をこねる子供のように泣きわめくラブラバ。愛があまりにも深すぎて、心が張り裂けそうになる。
「いいのジェントル 私あなたといれるなら 何でもどこでも幸せなのよ」
ラブラバと過ごした穏やかな生活を思い出すジェントル。彼女の笑顔が、孤独だったジェントルに安らぎを与えてくれた。
「ジェントルと離れるくらいなら死ぬ!!」
悲壮なまでの表情で、ジェントルを奪うなと懇願するラブラバ。ジェントルにすっかり依存している彼女にとって、ジェントルのそばにいられない生活なんて、絶望しかない。
「ラブラバ 私も 幸せだったよ!!」
ラブラバがジェントルを深く愛したように、ジェントルもラブラバを深く愛した。愛し合う二人の生活には幸せが満ち溢れていた。そんな彼らにとって、犯罪者というレッテルなど、どうでもいいことだった。
「そのまま失せたまえ緑谷出久 彼女の為に彼女の明るい未来の為に」
最後の力を振り絞って、緑谷を遠くへ吹っ飛ばしたジェントル。この戦いの事実を隠して、自分たちに与えられる罰を少しでも軽くする為に。
「雄英 自首がしたい」
ラブラバをしっかりと抱きしめながら、自首するジェントル。たとえその先が茨の道であろうと、二人一緒に歩んでいきたい。


約束のネバーランド
「だが“もどき”でいい 昔のように あの頃のように そんな欲は抱かない  だが必要なのだ 救われたのだ  この秘密の遊び場に ここは私の猟場だ」
人間の狩りが禁じられ、退屈な日々を過ごしていたバイヨン。そんな彼が気まぐれで始めた、狩り“もどき”。長年押さえつけられた欲望が開放されたことによって、バイヨンはこの遊びに夢中になった。
「せめて最期にお前の命は貰うぞ!!」
罠にかけられて、集中砲火を食らって瀕死のバイヨン。しかし力を振り絞って、ルーカスの命を狙う!
「ルーカス怪我は!?」
ルーカスをかばったオリバー。ルーカスを守ることはできたが、左わき腹に重傷を負ってしまう。頼れるリーダーを失って、このまま脱走を成功できるのか!?


鬼滅の刃
「一匹仕留め損ねた」
銃撃で、あっという間に半天狗の頭を打ち抜く玄弥!遠距離攻撃もできるとは、頼もしい!
「頚を斬らせるのはわざとだ!」
半天狗の策略を見切った炭治郎!しかし、まだ攻略法は検討もつかない!玄弥が予想以上に強かったのはうれしい誤算だが、やはり上弦の鬼は一筋縄ではいかない!
「哀しい程弱い」
空中へと連れて行かれた炭治郎!槍でその身を貫かれた玄弥!絶望の闇が襲い掛かる!
「人の心配とは余裕があるのう」
体の自由が利かない空中へ連れていかれてからの音波攻撃!今までにない敵の攻撃にとまどう炭治郎!
「人のためにすることは 巡り巡って自分のために」
鬼に襲われている里の人々を守るために走る霞柱!途中で見かけた子供を見捨てようとするが、炭治郎に言われた言葉を思い出して引き返す。
「邪魔になるからさっさと逃げてくれない?」
憎まれ口をたたきながらも、子供を助けた霞柱。彼もまた、炭治郎の光にあてられて変わっていく。


読切 BUILD KING
長い。55ページもあるけれど、ここまで長くダラダラ描くほどの内容でもない。せいぜい半分くらいのページでまとめられたんじゃないか?
建築というテーマは一見新しいけれども、やっていることはいつものバトル漫画。絵柄も含めて古臭さを感じたし、あまり面白くなかった。


アクタージュ
「ったくこんな素人のゲロ女に感化されやがって」
夜凪の演技に影響されて、危険な演技をする共演者たち。迫真の演技を撮影することには成功したが、おかげで撮影時間は3時間も遅れてしまった。他の共演者やスタッフも迷惑するし、事故が起きたら大変だし、良い流れではないな。


トマトイプーのリコピン
「オレプロゲーマーになるから」
ももくんの夢はプロゲーマー!子供らしいとは言えるけれど、さすがにイタイな。
プロとしてやるからには、楽しいだけじゃつとまらない。そもそも、誰かに教えてもらうわけでもなく、一人でピコピコやっているだけでは上達にも限界があるだろう。親も含めた周囲の理解とサポートも必須だろうし、宝くじに当たるよりも可能性が低い、あまりにも困難な道だと思う。他の全てを犠牲にするほどの手間と時間をゲームに注ぎ込んで、やっとスタートラインに立てると思っていい。彼にそこまでの覚悟があるようには見えない。

Posted by seiji | 23:29 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

28 2018

ジャンプ20号感想

後日書きます。

Posted by seiji | 22:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

10 2018

ジャンプ19号感想

僕のヒーローアカデミア
「あっはっは何だい拳藤その衣装は!!暴力に魂を売った人間とは思えないなァ!!」
モデルのようなゴージャスな衣装に身を包んだ拳藤!おてんばガールも、今日ばかりは絢爛豪華なレディとなる!
「有終の美を飾るのはこの私」
化け物のように長いマツ毛で、ライバルたちをけん制する美々美先輩!美しさとは私のためにある言葉!!
「女の子も抵抗しないで もう諦めてくれ」
緑谷、執念の追撃!たった一人で、ジェントルとラブラバを追い詰めた!!
「ジェントル・クリミナル あなたは何も言わず受け入れてくれた」
突然押しかけてきたラブラバを、ジェントルは黙って受け入れた。そして相棒として過ごした日々が、二人の絆となった。
「我々はもう最高のコンビだ」
目のクマを気にするラブラバを気遣って、ジェントルは自分の目の周りをマジックペンで黒く塗った。彼女への想いを証明するように。
「愛してるわ」
「ありがとう ラブラバ」
まるで映画のワンシーンのように、涙を流しながら愛をささやくラブラバ。これこそがラブラバの個性、「愛」。あまりにも尊く、美しい個性。
「悪いな少年 力づくで解決するのは好みじゃないから… こういうところは いつもカットしているんだ しばらく眠っていてくれたまえ」
愛の力でパワーアップしたジェントル!圧倒的なパワーとスピードで、緑谷を圧倒する!あれ、どっちが主人公だったっけ!?
「まだ負けてないぞ」
主人公は僕だ!普通はこれでやられてしまう流れだが、緑谷はまだ諦めていない!こっちにだって、仲間への愛はあるのだから!


約束のネバーランド
「観念して二人で戦おう」
結局、計画よりも仲間の命を優先した二人。まともな武器もなく、無謀な戦いに挑む。
「この娘の命か首謀者の命か どちらか選びなさい」
背中を斬られ、人質にとられたジリアン。もう諦めるしかないのか?
「助かった!生きてたんだなペペ!!」
ペペの煙幕弾のおかげで、なんとかジリアンを救出することに成功。しかし、まだピンチは終わっていない。
「策がある ついて来い あの怪物討ち果たすぞ!!」
当初の作戦は崩壊しつつある。こんな状況で本当にバイヨンを倒せるのか?そもそも、ザックはまだ生きているのか?


鬼滅の刃
「話は聞かせてもらった…後は…任せろ…」
ムッキムキのマッスルボディで現れた鋼鐵塚!その異様な雰囲気にビビリまくりの炭治郎たち!!
「少年たちよ鋼鐵塚さんの急所は脇です ここを狙うのです」
意外な弱点判明!くすぐり地獄で弱っている隙に、話を進めよう!
「この錆びた刀は俺が預かる」
なぜか円の構えで威圧する鋼鐵塚!筋肉という名の圧倒的説得力で、きっとすごい刀を作ってくれると期待させてくれる!
「友だちみたいな顔して喋ってんじゃねーよ!!」
呼ばれてもいない人の部屋に上がりこんで、煎餅をバクバク食い散らかす炭治郎!この長男、決して折れない鋼のメンタルの持ち主!!
「あれ…? 歯が 抜けてなかったっけ前歯…温泉で」
抜けたはずの歯が再生している?玄弥は普通の人間ではないのか?そして、歯は再生するのに、なぜ顔のアザは残ったままなのか?
「不味い不味い やはり山の中の刀鍛冶の肉など 喰えたものではないわ だがそれもまたいい…」
刀鍛冶の里に現れた玉壷!これはヤバいぞ!!
「急がねば…急がねば…玉壷のおかげで里は見つかった けれどもあの御方はお怒りじゃ… 早う 早う 皆殺しにせねば… あの御方に楯突く者共を……!!」
ガタガタ震えながらもやる気満々の半天狗!上弦2匹の急襲に、炭治郎たちはどう立ち向かうのか?柱の援護はあるのか?


読切 いにしえの滅び紋
ぬらりひょんの孫の人の、和風バトル漫画。やっぱりこの人の作品は和風のほうが似合う。ストーリーはベタだけれども、とにかく画力が高いのが魅力だ。


アクタージュ
「私 多分本番で嘔吐するわ」
まさかのゲロ予告!でも、客観的に自分を見つめて、本番で自分がどんな反応をするかを予測できるまでに成長しているとも言えるな。
「登場人物がゲロ吐くシーンなんて使えないぞ 100%NGだ」
夜凪の言葉にドン引きして真面目にツッコミ入れているのが、ちょっと面白いな。


トマトイプーのリコピン
「フリーおっぱい」
それ、この前逮捕されたヤツじゃねーか!リコピンのおっぱいもみたいヤツなんて、よっぽどのマニアしかいねーよ!!

Posted by seiji | 21:01 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

08 2018

ジャンプ18号感想

僕のヒーローアカデミア
「事件のかほりがするぜェ…」
「気にしないでオジちゃん!! なぜならこれは撮影だから! ご近所にお伝え願えるかしら!?」
工事現場での戦闘を偶然見かけたオジちゃん。必死にごまかすラブラバ。普通、撮影するなら事前にご近所に通達するものじゃない?
「下の人に落とそうとしたのか」
一般人の命をおびやかすフリをして、緑谷を足止めしたジェントル。紳士ぶっているくせに、こんなに卑怯な行動をするなんて!
「しぶとい!!」
ここが正念場!無理を承知で片手で鉄骨を支えながら、デコピン空気砲でジェントルを狙撃する緑谷!!
「ジェントルもあの子も決して諦めはしないのね… 使いましょう 私の“個性”」
ハッキングは彼女の個性ではなく、努力と才能によって手に入れた技術だったのか。では、ラブラバの「個性」とは何なのか?ここまで引っ張ったからには、相当すごい個性のようだが!?


約束のネバーランド
「今ここで俺がバイヨンを止めなければ!!」
ザックとペペがやられた!?悠々と歩くバイヨンを発見し、足止めを図るナイジェル!
「悪いけどナイジェル ザック達の元へはあんたが行って」
ナイジェルの決死の覚悟を察したジリアンは、自分が先に突撃することを選んだ。あまりにも無謀な戦いだが、バイヨン相手にどれほど通用するのだろうか?


鬼滅の刃
「一撃入りましたね炭治郎さん!! ショボすぎて人形びくともしてないですけど 食べ物!!あげましょう!!」
飲まず食わずの苦行の果てに、剣士として新たなステージにたどりついた炭治郎!これでようやくメシが食える!!
「おにぎりと梅干し!!お茶は高級玉露で!!!」
涙も鼻水も垂れ流しのすごい顔で、高級玉露を要求する炭治郎!頑張ったんだから、これくらいの贅沢は許されるよね!!
「あっ!?」
特訓のおかげで動作予知能力を獲得した炭治郎。そのおかげで、人形の首を斬ることに成功!
さらに壊れた人形の中から、古びた刀が出てきたぞ!?これが恋柱の言っていた「秘密の武器」なのか!?


ハンター
「もう安心です 説明していただけますか? 第十一(フウゲツ)王子…!!」
たった一人で、第三層で見つかったフウゲツ。念獣のワープ能力で移動してきたのだろうが、なぜここだったのか。故意なのか偶然なのか?そして、浮かない表情の理由とは?疑問を多く残したまま、悲しい長期休載のお知らせだ!!


アクタージュ
「私は私のまま天使みたいになる」
客観的な美しさを求めて「天使」を演じる百城。そんな彼女に憧れを感じながらも、自分を捨てないまま「役者」になると意気込む夜凪。正解はひとつではない。自分自身の個性と、与えられた役柄との対話こそが「演技」なのだから。


トマトイプーのリコピン
「さりげなく荷物を持つ優しさ 退屈な時間も楽しませてくれる 突然のサプライズ 貯金ある ちょ… 超理想的彼氏!」
めちゃくちゃ面倒な女であるカロちゃんを上手にエスコートするリコピンの行動に、理想の彼氏の姿を見ためめちゃん。顔がいいだけでチヤホヤされて調子こいてるチャラ男とは一味違うのだよ。

Posted by seiji | 22:03 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

«prev | next»

© FC2 BLOG / ooq:blog