コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

02 2016

ジャンプ43号感想

僕のヒーローアカデミア
「やっとよそ行きの顔やめた ヨーくんこすいんだあ」
試験終盤の大乱戦!みんなが疲弊したところを狙って試験を通過しちゃおう!ちょっとせこいけれど、これも戦略!
「YATTA!YATTA!」
一次試験通過の喜びを、はっぱ隊のダンスで表現する上鳴たち。葉っぱ一枚あればいい~生きているからLUCKYだ~♪
「“借り物”…自分のモンになったかよ」
以前「借り物」だと言っていた力は、ちゃんと自分のものにしたのか?問われているのは、緑谷自身の努力!
「俺はA組の委員長 クラスを導く“立場”だ 時間と脚の許す限りはクラスに貢献したい 兄さんならそうする 俺の行動は俺の夢の形でもある」
クラスメイトを助けるため、戦場を駆けずり回る飯田!その献身的な姿は、まさにヒーローだ!
「何をしている!? 待って…本当に何している!?」
「目立ってる☆
「とってもな!違う!そうじゃなく!!」
突然、天に向かっておへそビームを撃ちだした青山!その謎の行動に動揺を隠せない飯田!!
「君に譲っちゃう」
このままだと、青山と飯田は共倒れになってしまう!ならばと、飯田一人だけでも試験を通過させるために、青山は決死の覚悟で行動した!
「僕はずっと 対等になりたかったのさ」
能天気そうに見えても、どうやら複雑そうな過去を持っている青山。彼は常に劣等感を感じていたようだ。だからこそ自分を大きく見せようと、派手に着飾っていたのだろうか。
「取れる奴から取ってけえ!!!」
「他に取られる前に!!」
「皆ァ!!!!」
青山のおへそビームを合図に、集結する雄英の面々!みんなの連携プレーで、他の参加者を足止めする!!
「青山のおへそレーザー見えたから!また集まれたねえ!」
グッジョブ!青山の行動が、A組の団結の旗印となった!雪崩のように通過していくクラスメイトたち!
「青山くん! 何をもって対等なのか…物差しが違う故わからんが 君のおかげだ ありがとう!」
青山を先頭にみんなが協力したおかげで、A組全員が一次試験通過!僕らは皆ヒーローなんだ!
「肉倉先輩落ちちゃったんスか!!!!」
「先走って単独行動するからあの劇場型男! おまえらもだ!一年の夜嵐はともかく…ケミィ!ダメよ!」
「ハァイ」
毛むくじゃらな先生に叱られる士傑の生徒たち!そして、セクシーな彼女の名前は「ケミィ」だと判明!
「次の試験でラストになります!皆さんにはこれからこの被災現場でバイスタンダーとして救助演習を行ってもらいます」
二次試験は、救助演習!敵と戦うだけがヒーロー活動ではない、か弱き市民を守ることも重要な仕事!!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第六十八話では、王者に対抗する「三大怪獣」の残り二組の奮闘を描いた。感情をぶつけ合う土井垣組。一方、金龍院組は飛ばしすぎてガス欠の様子。残念だが、ここまでか。


約束のネバーランド
「楽しそうね鬼ごっこ 私も混ぜて」
シスター・クローネ、襲来!「鬼ごっこ」に混ざることで、彼女は子供たちをどう探ろうというのか?


読切 竹取憑き物語
SF漫画。なぜか絵が昭和チックというか、劇画調で微妙に古臭いのが気になった。微妙にブリーチっぽいオサレな雰囲気も感じる。あまり面白くなかった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog