コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

11 2016

ジャンプ40号感想

僕のヒーローアカデミア
「こういう時こそ冷静に慎重に…! スニークウラビティや!」
想定外の攻撃を受けても、冷静さを失わない麗日!でも、そのネーミングセンスは何!?
「こんなんボールで殴ればいいじゃんね」
発想の転換!「ボールは投げるもの」という先入観を捨てるのが大事!投げずに殴れば何度でも使えるし、確実性も高くなる!
「消える“個性”だと思ってる? 私はただ隠れてただけよ」
神出鬼没!一瞬で物陰に隠れ、背後から奇襲を仕掛ける士傑女子!そのまま押さえ込まれる緑谷!!
「あなたは何でヒーローを志してる? 名誉?誇り?誰の為? あなたの事がもっと知りたいな」
緑谷に惚れているのかと疑ってしまうくらい、知りたがり屋の士傑女子!押し倒して耳元でささやくのが、ちょっぴりセクシーだ!
「士傑もいる…嫌だな……」
タイマンは終わり!大勢の敵に見つかって、集中攻撃を受ける緑谷!ここは逃げの一手!
「大丈夫!!? こっちに! 早く!!」
ここで、緑谷を呼ぶのは麗日!でも、冒頭ではヘルメットが脱げていたような…!?
「早くじゃねーよ!!」
敵が黙ってみているわけもなく、集中攻撃を受ける麗日!攻撃をよけた勢いで、誤って足を踏み外してしまう!!
「脚を中心に使って鍛える もう少し早く辿り着くべきだった 人を助けるにはまず自分が無事でいなきゃ!」
高所から落下する麗日を、鍛えた脚の高速ダッシュで受け止めた緑谷!機動力の高さは大きな利点だ!!
「足場を崩しやがった やっぱ雄英頭回るなちくしょー!」
ただ助けるだけではなく、敵の足場を崩して逃げる時間を作った緑谷!冷静に判断し、的確な行動ができる男!
「ひょっとして士傑の人ですか?」
この麗日は偽者!変装を見抜き、背後からのだまし討ちを防いだ緑谷!
「僕の知ってる麗日さんじゃない」
見た目はそっくりだが、怪しい行動のおかげで偽者だと気づいた緑谷!すばらしい判断力!
「なるほど…それが君の理由なんだね… もっと教えてほしいな 君のこと」
不気味に泥のようなものが崩れ、士傑女子の顔があらわになる!彼女は外見を他人そっくりにできる泥人間なのか!?
「試験の後じゃ…ダメなのか!?」
ほんとだよ!試験中におしゃべりなんて、非常識だよ!
後でお茶でも飲みながらゆっくりおしゃべりすればいいじゃない!!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第六十五話では、椿がリオの美貌に憧れて競技ダンス部に入った過去が描かれた。その話を聞いて感動し、力がみなぎるリオ。さぁ、最高の舞台は整った!


読切  Legacy
物語の導入部が雑過ぎる。ヒロインがたまたま通りがかったところで、主人公が猫の死体に話しかけている?なんじゃそりゃ?
絵はうまいけれど、敵役がイカレすぎていて嫌悪感がすごい上に、殺害された死体もグロい。あまり少年誌向きではない作品だなぁ。


約束のネバーランド
ママの次の一手は、手駒となる大人を増やすこと!これで、ママ一人を出し抜いても脱走はできなくなった!
しかし、これは逆にチャンスでは?鉄壁を誇るママよりは、シスター・クローネには付け入るスキがあるのではないか?
さらに、つい最近まで外の世界で暮らしていたシスター・クローネは、新鮮な外の情報を持っている。彼女の弱みを握るなどして、脱走の糸口をつかむチャンスを作ることは可能だ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:46 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog