コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

15 2016

ジャンプ36・37号感想

僕のヒーローアカデミア
「コスチュームγ!」
ゴツい装備を携えて、新生緑谷登場!スピードとパワーを兼ね備えたキックヒーローだ!!
「わかったつもりではいたが… 私 もう 守られて生きていくんだな…」
いつも、助けを求める誰かを守るために生きてきた。力を失った今、もうそれは叶わない。悲しみを噛み締めるオールマイト。
「A組全員落ちてよ!!」
相変わらず、A組への敵意を隠そうともしない物間!その場末のマジシャンみたいなコスチュームはなんなんだ!?
「恋だ」
「ギョ」
女子が集まったら、恋話がつきもの!顔を真っ赤にしてあせる麗日!!
「どうも大変失礼致しましたァ!!!」
無駄にハイテンションで暑苦しい男子が登場!この学帽姿の男子の正体は、西のエリート、士傑高校の学生だ!!
「夜嵐イナサ」
相澤先生をして「強い」と断言させる夜嵐!変人だが、実は昨年度の雄英の推薦入試をトップの成績で合格したという実力者!その後なぜか入学を辞退した事実も含めて、謎の多い存在だ!
「実力は轟くん以上―――…!?」
並のプロヒーローよりも強いのではないかと思われる轟よりも、夜嵐の実力は上!?警戒する緑谷!!


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第六十二話では、必殺技も決まり、自分たちの実力を出し切ったにもかかわらず、それでも二次予選を突破できなかった土屋の悔しがる姿を描いた。
しかし決して涙は見せない。自分はまだこの道を進み始めたばかり。ライバル達に追いつけるようにもっと頑張って、対等に勝負できるようになるその時まで、自分には涙を流す資格は無いと誓ったから。


約束のネバーランド
「発信機・・・ 私達の体のどこかに埋められているのかもしれない」
脱走対策は万全!仮に高い塀を乗り越えたとしても、発信機ですぐに見つかってしまう!絶望の闇は深まるばかり…。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog