コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

13 2016

ジャンプ13号感想

僕のヒーローアカデミア
「早く“光”を!!! 常闇が暴走した!!!
巨大なモンスターと化した黒影!見境なく暴れまわる!その暴走を止められるのは、強い光だけ!
「その子たちの断面を見るのは僕だぁあ!!!横取りするなぁあああああ!!!」
「強請ルナ三下!!」
黒影の強烈な一撃を受けても、しぶとく立ち上がるムーンフィッシュ!
しかし強大なる黒影は、森を吹き飛ばす勢いで、思いっきりムーンフィッシュを投げ飛ばす!!
「ひゃん!」
ムーンフィッシュを撃破したのを確認したので、爆豪と轟の協力プレイで光を放って黒影をおとなしくさせた。さっきまでの暴れっぷりとは対照的に、ひるんだ様子がちょっと可愛いな。
「てめェと俺の相性が残念だぜ…」
常闇の黒影と正面から戦ってみたかったと残念がる爆豪。実際に戦えば、相性のせいで確実に爆豪が勝利してしまうが。
しかし、あれほどの強さを見せ付けられながらもこんなセリフが吐けるとは、爆豪も命知らずなヤツだ。
「俺の心が未熟だった」
ようやく暴走が抑えられ、みんなに謝罪する常闇。真面目なヤツだ。
「このメンツなら正直…オールマイトだって怖くないんじゃないかな…!」
「何だこいつら!!!!」
自分は何も言っていないのに、勝手に爆豪護衛部隊が発足したので、怒る爆豪。みんなしっかりしているので、話が早いな。
「血が少ないとね ダメです」
麗日と蛙吹を襲うトガ!彼女の目的は、血を奪うこと!!
「G・M・A(ガンヘッド・マーシャル・アーツ)!!」
これが職場体験の成果だ!教わった格闘術を使って、トガを押し倒す麗日!!
「好きな人がいまうよね」
トガが不気味な笑顔で語りだした「恋バナ」。彼女は「ボロボロで血の香りがする人」が好みで、「最後はいつも切り刻む」らしい。つまり、好きになった人を殺してしまうという、狂った恋愛観を持っているということか。
「人増えたので殺されるのは嫌だから バイバイ」
増援が来たのを見て、あっさりと撤退するトガ。意外と冷静だ。
「!?」
緑谷に見とれるトガ。ボロボロで血だらけになっているので、好みのタイプにドストライクなのだろうか。
「爆豪ちゃんを護衛? その爆豪ちゃんはどこにいるの?」
オールマイトだって怖くないはずだった。しかし、現実には爆豪はさらわれてしまった。誰も何も気づかないほどの早業で。
「彼なら 俺のマジックで貰っちゃったよ こいつぁヒーロー側(そちら)にいるべき人材じゃあねえ もっと輝ける舞台へ 俺たちが連れてくよ」
爆豪の誘拐犯は、仮面の奇術師!何も言わずに立ち去っていればいいものをわざわざ名乗り出るとは、余裕ぶっていけすかないヤツだ!!
「―――!? っ返せ!!」
仲間をさらわれた怒りと焦りで怒鳴る緑谷!相手が何をどうしたのかまったくわからない!でも、絶対に救い出してみせる!


暗殺教室
「この暗殺は…あんたとガキ共の絆だわ」
「さよならだ …殺せんせー」
生徒たちよりも前に、まずは共に教え子たちと向き合った同僚たちに挨拶する殺せんせー。苦労をともにした仲間たちに、最大限の敬意を。
「皆さんに暗殺されて… 先生は幸せです」
ここで生徒たちに殺されなくても、近いうちに死ぬことを運命付けられていた殺せんせー。暗殺教室とは、殺せんせー自身が、自分を殺すのにふさわしい暗殺者を育成するために作られたものだったのだ。
「さようなら 殺せんせー」
「はいさようなら」
最期のお別れの言葉は、実にあっけなく、ありふれたものだった。まるで放課後の教師と生徒の挨拶のように。しかし、二人の間にこんな平凡な挨拶が交わされることは、もう二度とない。
「間もなく12時になる 椚ヶ丘中学校卒業の日 一足先に僕等は… 暗殺教室を卒業した」
涙の暗殺成功。こうするしかないとわかっていても、生徒たちは大声で泣きじゃくった。
光の粒子となって消えた殺せんせー。その場に残ったのは、ナイフが突き立てられた愛用のネクタイだけだった。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第四十話では、自分たちの必殺技に悩む土屋たちの姿を描いた。
そしてあと一歩先に進むための方法に悩んでいた二年生コンビの前に現れたのは、弟に負けじとキャラの濃い、土井垣のお姉さん。彼女がキーマンとなって、更なる成長を遂げることになるのか?

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog