コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

09 2016

ジャンプ5・6号感想

僕のヒーローアカデミア
「ていうか これ嫌 可愛くないです」
可愛いは正義!たとえ機能的だろうが、可愛くなければNGだと主張するトガ。多感な少女はオシャレに敏感なのだ!
「どうでもいいから早くやらせろ ワクワクが止まんねえぞ」
オラワクワクしてきたぞ!どうやら戦闘バカらしい、好戦的な敵。マッチョで強そうだ。
「10人全員揃ってからだ」
前回の襲撃失敗を教訓に、今回は少数精鋭で攻めてきた敵連合。10人の精鋭部隊が、ヒーローの卵たちを狙う。
「おまえらが何故他より疲れているか その意味をしっかり考えて動け」
相澤先生のスパルタ教育。ただ言われたからやるのではなく、自分自身で考えて動け。効率的に成長するために。
「クラス対抗肝試しを決行するよ!
林間学校といえば肝試し!定番のイベントはちゃんとやってくれる、生徒にやさしい学校だ!
「闇の狂宴…」
意外と肝試しにわくわくしている常闇。ただ言いたいだけかもしれないけど。
「爆豪くん包丁使うのウマ!意外やわ…!!」
流れるような動きで野菜を切る爆豪。ハイスペックで何でもできる彼は、家事でも優秀なのだ!部屋とかすごくキレイそうだな!
「補習連中は…これから俺と補習授業だ」
「ウソだろ」
あんなに楽しみにしていた肝試しに参加できないなんて!そんなのってないや!!
絶望的な命令を受けて、衝撃のあまりに顔面崩壊する芦戸!嫌がりながらも連行される彼女たちを、苦渋の表情で見送ることしかできない緑谷。あぁ、世界とはかくも残酷なのか!?
「闇の狂宴…」
「また言ってる」
クールな表情だが、肝試しが楽しみでしょうがない様子の常闇。カワイイところあるのね。
「創意工夫でより多くの人数を失禁させたクラスが勝者だ!」
「やめて下さい 汚い……」
失禁する参加者がいること前提なのかよ!女子がドン引きしてるぞ!!
「一人余る…!」
二人ペアを作るくじ引きで、当然のように一人だけ余った緑谷。恨むべきはくじ運の悪さよ。
「おい尻尾…代われ…!」
「青山オイラと代わってくれよ………」
「俺は何なの…」
周囲から都合よく使われる尾白。いい人は苦労するね。
「怖いよ梅雨ちゃんめっちゃ悲鳴上がっとる…」
「響香ちゃんと透ちゃんね 手を繋ぐといいわ 大丈夫よ 私平気なの」
いつも冷静で優しい蛙水。手を繋いで、恐怖心を薄めようと提案。とってもいい子だ。
「さァ始まりだ 地に墜とせ 敵連合“開闢行動隊”」
肝試しを台無しにする奇襲!まずは毒ガスをバラまいて、戦闘準備するヒマすらなく無力化する!!
「何で敵がいるんだよォ!!!」
万全を期したはずなのに、敵連合に情報が筒抜けだった!内部にスパイがいるのだろうか!?
「ピクシーボブ!!」
ピクシーボブがやられた!こうなると、引率のプロヒーローが少ないのは大きな痛手!多人数を相手にするのに慣れている相澤が、補習のためにこの場を離れていることも不運だった!
「洸汰くん!!」
敵の魔の手は、幼い洸汰くんまで狙うのか!?血なまぐさい闇の狂宴が始まってしまった!!


暗殺教室
「習った過程の全てを尽くして君達は会いに来てくれた 先生としてこれ以上の幸福はありません」
逃げることはできない。このまま、殺せんせーは死んでしまうかもしれない。それでも、殺せんせーは生徒たちをねぎらう。暗殺教室で過ごした日々が有意義なものであったと、確信できたから。
「いつも正面から立ち向かわなくていい」
社会の激流に翻弄されずに、どう泳いでいくべきか。正面から立ち向かっても勝てない相手にこそ、暗殺は有効だ。暗殺教室で学んだことを応用して、社会と戦いなさい。そう教授する殺せんせー。
「ハッピーバースデー」
生徒が用意してくれた誕生日ケーキが、無情にも破壊される!このほんわかムードをぶちこわしにしたのは、最終兵器を用意してきた柳沢!
「機は熟した 世界一残酷な死をプレゼントしよう」
「先生 僕が誰だかわかるよね」
黒ずくめの男の正体は、殺せんせーの弟子であり、二代目「死神」。柳沢の改造手術によって恐るべき力を手にした彼が、柳沢の最終兵器だ!
「今日からは 彼が新しい「殺せんせー」だ」
愛きょうのある殺せんせーとは違って、まがまがしく威圧感ある風貌の怪物。柳沢の最高傑作が、殺せんせーに迫る。世界一残酷な死を与えるために。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第三十二話では、土屋たちが苦手とするスローフォックストロットをいかに踊るかを描いた。団子の次は狐作戦だ。
そして最後は、二人の好きなクイックステップ。彼らの目指す「楽しいダンス」が表現できるのか、注目だ。


読切 前衛のアーチャー
ヘタレ勇者と超人アーチャーのデコボココンビ漫画。弓矢が無くても普通に魔物と戦えそうなアーチャーのチートぶりが面白かった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。