コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

30 2015

ジャンプ39号感想

僕のヒーローアカデミア
「道路割っちまった…久々だと加減がなァ…」
脳無を思いっきり踏みつぶしたグラントリノ!この強烈な一撃をくらって、さすがの脳無もノックダウン!
「チッ なんだ…やるじゃないかご老人」
自分の獲物を横取りされて、不服そうなエンデヴァー。彼なら、加勢しなくても問題なく倒せただろう。
「友だちがピンチかもしれねえ」
友のために!そう言って駆け出していく息子の姿を見送るエンデヴァー。気持ちが吹っ切れたことによって、いびつな親子関係にも変化が出てきたか。
「加勢はこのエンデヴァー一人で事足りる」
エンデヴァーの絶対的自信!それは、オールマイトに次ぐスーパーヒーローであるという誇り。そして、無数の戦場をくぐりぬけた実力に裏打ちされているのだ。
「三対一の上にこいつ自身のミスがあってギリギリ勝てた」
遠距離から援護する轟に加えて、肉弾攻撃を得意とする緑谷と飯田の同時攻撃によって、ステインを倒すことに成功した三人。戦いの途中に、ステインの個性を把握できたのが幸運だった。
「座ってろっつったろ!!!」
言うことを聞かなかった罰として蹴飛ばされる緑谷!怒るのはわかるけど、いきなりひどいや!!
「エンデヴァーさんから応援要請承った」
続々と集まってくるプロヒーローたち!エンデヴァーの指示のおかげで、人員が効率よく回っているな。
「しっかりしてくれよ 委員長だろ」
「……うん…」
涙を流して、未熟な自分を詫びる飯田。そんな彼を、二人の友人は暖かく見守る。
「伏せろ!!」
手負いの飛行型脳無が、緑谷をさらう!一瞬の出来事に、みんな何もできなかった!
「偽者が蔓延るこの社会も 徒に“力”を振りまく犯罪者も 粛清対象だ… ハァ… ハア… 全ては 正しき 社会の為に」
さらわれたデクを救ったのは、手負いのステイン!隠し持っていたクナイで縄を切り裂き、女性ヒーローの頬についた返り血をなめることで個性を発動させた!この狂った粛清者を、再び倒すことはできるのか!?


暗殺教室
「私は幸せ このE組に来れて幸せです」
宇宙飛行士たちとの交渉に成功して、無事にデータを入手することができた。この重大な任務をこなしたことで、律もさらなる進化をとげた。幸せな感情を自覚できるまでに。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第十五話では、タンゴとヘッドフリックの練習を描いた。そして近づく文化祭に向けて、オリジナルダンスを一曲、全校生徒の前で踊って見せろという課題を与えられた。まだ人前でまともに一曲踊れていない二人にとっては、厳しい課題かもしれないが、どうなる?


読切 幻獣医トテク
幻獣専門の医者漫画。あっさりした絵柄だが、グロい描写もあるので、抵抗がある読者もいるだろう。ただ、話自体はわりと素直な展開だったので、あまり意外性はなかった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:08 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog