コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

30 2015

ジャンプ26号感想

僕のヒーローアカデミア
「強え“個性”故に攻め方が大雑把だ!!」
強すぎるがゆえに、息詰まる駆け引きを経験していない轟。そこにつけ入るスキを見た爆豪は、意外と冷静な攻め方で轟を捕まえて、投げ飛ばす。
「俺じゃあ力不足かよ」
炎を使えば有効な場面でも、やはり炎を使わない轟。プライドの高い爆豪は、それを侮辱だと感じた。
「てめェ 虚仮にすんのも大概にしろよ! ブッ殺すぞ!!! 俺が取んのは完膚なきまでの一位なんだよ! 舐めプのクソカスに勝っても取れねんだよ! デクより上に行かねえと意味ねえんだよ!! 勝つつもりもねえなら俺の前に立つな!!! 何でここに立っとんだクソが!!!」
爆豪の咆哮!お互いに全力で戦って、その上で勝利したい!オールマイトをも超えるスーパーヒーローを目指す爆豪にとって、強敵とは己の力を誇示する絶好の標的なのだ!
「負けるな 頑張れ!!!!」
戦っている二人のどちらにも向けているように聞こえる、緑谷の応援。その声が、戦いの場に立つ両者の心を奮い立たせる。
「榴弾砲着弾(ハウザーインパクト)!!」
爆豪のとっておき!特大火力を一気にぶつける大技が炸裂!!本気を出した爆豪だが、一方の轟はまだ迷いが捨てきれないようだった。
「は? オイっ… ふっ ふざけんなよ!! こんなの こんっ…」
ガレキに倒れこんで、気絶してしまった轟。あまりにもあっけない決着に激怒する爆豪。もはや勝負は決したと判断したミッドナイトは、フェロモンで爆豪を気絶させる。
「以上で全ての競技が終了!! 今年度雄英体育祭一年優勝は―――… A組爆豪勝己!!!!」
宣言通り、優勝を果たした爆豪。しかし、因縁のある緑谷と直接戦う機会もなく、決勝では轟に本気で戦ってもらえなかったので、納得のいく結末ではないだろう。しかし、優勝は優勝。本人は不満だろうが、見事な戦いっぷりだった。


暗殺教室
「君になら殺されても悔いは無い だが 君以外にそんな相手がいるとは思えない」
死に際のあぐりを腕に抱えながら、悲しみにひたる死神。彼にとって希望の象徴であったあぐりの死は、大きな衝撃となって死神に襲い掛かる。
「あの子達を教えてあげて」
あぐりの遺言。それは、闇の中をさまよう生徒たちを、自分の代わりに導いてほしいという願いだった。その想いを、戸惑いながらもしっかりと受け取る死神。
「……弱く なりたい」
超破壊生物として、恐ろしい力を手に入れた死神の願い。それは、弱くなることだった。もう二度と、守るべきものを失わないように。力におぼれて、周りが見えなくなることが無いように。
「ヌルフフフ」
殺せんせーの誕生秘話。こうして、超破壊生物は愛嬌のある教師となったのだ。壮絶なその生きざまを知った生徒たちは、彼にいったいどんな言葉をかけるのだろうか?


新連載 デビリーマン
金未来杯受賞作品が、堂々の新連載。ダークヒーロー漫画だ。
読切の時から一貫して、大筋のストーリーとキャラは固まっているので、あとはそれをどう回していくかが勝負だろう。


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~
第三話では、ダンスの魅力だけではなく、ダンスの敷居の高さをあえて描いた。それを知ったうえでも踊りたい。その気持ちこそが、ダンスに必要なもののひとつなのかもしれない。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:07 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog