コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

28 2015

ジャンプ13号感想

僕のヒーローアカデミア
「オールマイトの隠し子か何かか?」
緑谷に、オールマイトと同じ何かを感じた轟は、自分の推論を本人にぶつける。事実は違うが、オールマイトから“個性”を受け継いでいるという意味では、息子のようなものかもしれないな。
「俺をオールマイト以上のヒーローに育て上げることで自身の欲求を満たそうってこった」
万年ナンバ-ツーのヒーローであるエンデヴァーが、ナンバーワンにするべく作った子供。それが轟。強い子供を生ませるために、エンデヴァーは強い個性を持った女性を選んで、愛の無い結婚をして、子供を生ませた。当然、轟の母親は、エンデヴァーからは妻としての扱いを受けることはなかった。強い子供を生むための道具でしかないのだから。
「記憶の中の母はいつも泣いている… 「おまえの左側が醜い」と 母は俺に煮え湯を浴びせた」
轟の顔に残る、痛々しいヤケド。それは、自分の母親に熱湯を浴びせられてできたものだった。父親からも、母親からも、普通の子供としての愛情を注がれていなかった轟。そのあまりにも壮絶な家庭環境を知って、ゾッとする緑谷。
「クソ親父の“個性”なんざなくたって…… いや… 使わず“一番になる”事で 奴を完全否定する」
轟の覚悟。それは、傲慢な父親への反発と、薄幸の母親への同情。グレてもしょうがないような過酷な環境でも、彼はヒーローを目指す。大嫌いな父親ではなく、煮え湯を浴びせられてもなお愛する母親から受け継いだ力を使って。
「あまりに違う世界の話で正直ビビった。」
あまりの衝撃に、ただ黙り込むしかない緑谷。それは、物陰で話を聞いていた爆豪も同じ事。
「僕は… ずうっと助けられてきた さっきだってそうだ…僕は 誰かに助けられてここにいる」
誰かに助けられて生きてきた自分。だからこそ、今度は自分が誰かを助けたい。憧れのあの人のように。そう、自分の決意を再確認した緑谷は、改めて宣戦布告する。どんな背景があれ、自分も負けられないんだと。
「どーしたA組!!?」
シリアス展開から一転、チアガール姿に扮するA組女子!ヘソ出しノースリーブの、露出が多いセクシーな衣装だ!
「峰田さん上鳴さん!!騙しましたわね!?」
これはA組きっての女好き、峰田と上鳴の陰謀だった!グッジョブ!!
「何故こうも峰田さんの策略にハマってしまうの私…」
普段はクールビューティーな八百万だけど、意外とスキがあってチョロい女なのね。落ち込む彼女の背中をさすってなだめる麗日の優しさが沁みるね。
「いいんじゃない!!?やったろ!!」「透ちゃん好きね」
だまされた結果とはいえ、チアガールにノリノリの葉隠。いつでもポジティブで元気いっぱいな彼女は、透明人間でも十分魅力的な女の子だ。
「進出4チーム総勢16名からなるトーナメント形式!!一対一のガチバトルだ!!」
チーム戦から一転、今度は一対一の天下一武道会だ!タイマン最強は誰だ!?今、なんでもありの壮絶なバトルが始まる!!


暗殺教室
「最初に教室に入った時驚いたよ あまりにも意外な人物がいたものでね」
謎の人物から、インタビューを受けるシロ。彼の語る「怪物」は、生徒たちにまぎれこみ、内に潜む殺意をあたためつづけた「稀代の殺し屋」だった。
「気付かなかったね…最期まで」
ずっと、この時を待っていた。茅野の首の後ろから出てきたのは、間違いなく触手!そう、彼女もまた、イトナと同じような「怪物」だったのだ!
「大好きだよ 殺せんせー 死んで」
結んでいた髪をほどき、隠し続けていた殺意も解放した!
ヤンデレとして覚醒した茅野。殺す寸前まで本当の殺意を隠し続けた事実は、彼女が一流の暗殺者である証拠。さらに触手持ちのため、単純なパワーも計り知れない。こんな巨大な落とし穴を用意していたなら、作戦と準備も万全だろう。かつてない危機に、ただただテンパる殺せんせーはどう立ち向かうのか!?


新連載 改造人間ロギイ
改造人間バトル漫画。打ち切り臭しか感じない。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:52 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog