コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

08 2015

ジャンプ10号感想

僕のヒーローアカデミア
「戦闘に於いて 熱(ひだり)は絶対使わねえ」
偉大すぎる父親。オールマイトに次ぐトップヒーローの息子として生まれた轟。彼は今までどんな経験をして、父親の事をどう思っているのだろうか。
「実質それの争奪戦だ!!!」
他のチームのハチマキを全て取るよりも、緑谷のハチマキをひとつ取った方がポイントが高い。ならば、それを真っ先に狙うのは定石!
「はっはっは!!緑谷くんいっただくよ――!!」
上半身ハダカで、騎手となった葉隠!透明なのでどう動いているか目視できないのは強みだが、下で馬になっているメンバーは恥ずかしそうだ。
「追われし者の宿命(さだめ)…選択しろ緑谷!」
「サダメ…!」「センタク…!」
常闇の妙に仰々しい口調に、少し動揺する女子二人。なんか可愛いな。
「もちろん!!逃げの一手!!!」
大声で、ちょっと情けない選択をする緑谷。まぁ、時間いっぱいまで逃げきれば自動的に一位なんだから当然だけど。
「飛んだ!?サポート科のか!追ぇえ!!」
ロケットエンジンを使った大ジャンプ!サポートならお手の物!!
「耳郎ちゃん!!」「わってる」
伸縮自在のイヤホンジャックで追撃する耳郎!なんだかんだで耳郎の個性って、いろいろできて使い勝手がいいね。
「いいぞ黒影(ダークシャドウ) 常に俺たちの死角を見張れ」「アイヨ!!」
見た目はダークなのに、ノリは軽い黒影。でも仕事はきっちりやってくれるよ!
「着地するよ!」
発目のアイテムで飛び、常闇の影で守り、麗日の重力操作で着地する。三位一体の合わせ技だ!
「どうですかベイビーたちは!!可愛いでしょう!?可愛いはつくれるんですよ!!」
花王のCMか!!この子は将来、親バカになるな!!
「機動性バッチリ!すごいよベイビー!発目さん!!」「でしょー!?」
奥手の緑谷にとっては、これぐらいグイグイくるタイプの女の子の方が相性がいいのかな。まだ会ったばかりなのに、すっかり打ち解けている。
「浮かしとるからやん…」
すぐ隣でイチャイチャされて、少し不満そうな麗日。発目とは、イマイチ相性が悪いようだ。
「漁夫の利」
一位に気をとられているうちに、葉隠のハチマキを奪ったB組の生徒。賢いのかもしれないが、やり方がセコイぞ!!
「障子くん!?アレ!?一人!?騎馬戦だよ!?」
緑谷のツッコミもごもっとも!しかしその中には、恐ろしい敵が隠れているのだ!
「ここからだよ緑谷ぁ…」
これはちょっとしたホラーだ!物陰から変態がブヨブヨした奇妙な物体を投げつけてくる!!ヤツの名前は峰田!!!
「さすがね緑谷ちゃん…!」
蛙水の舌攻撃を間一髪でかわす緑谷!障子が守り、峰田が足止めし、蛙水が奪う!こちらも三位一体の合わせ技だ!
「蛙水さんもか!!すごいな障子くん!!」「梅雨ちゃんと呼んで」
もはや口ぐせとすら言えるほどお願いしているのに、緑谷はなかなか「梅雨ちゃん」と呼んであげないんだな。逆に失礼じゃないだろうか。
「調子乗ってんじゃねえぞクソが!」
空中に逃げた緑谷を、爆破の勢いに乗って飛んだ爆豪が追う!アクロバティックな空中戦!!
「単純なんだよ A組」
攻撃後のスキを突いて、爆豪のハチマキがB組の生徒に奪われた!激怒する爆豪!!
「その場限りの優位に執着したって仕方ないだろう?」
徹底的に言葉であおってくるB組!ただでさえ短気な爆豪、完全にブチギレた!!
「そろそろ 奪るぞ」
満を持して、緑谷と対峙した轟。迫力十分、気合十分!これは手ごわいぞ!


暗殺教室
「強い生徒に育てなければ…何の意味も無かったんだ」
愛する教え子の自殺。そのトラウマから、優しい教師だった理事長は豹変した。強さこそを最大の価値とする、非情な教師へと。
「弱者も強者も私の元から去っていき 目の前には死だけが残った」
強くあれ。ただそれだけを教え続けた理事長に待っていたのは、孤独と死だった。


読切 オニゴロキ
絵もストーリーも、中学生が描いたような作品だった。荒削りすぎて、まだ何も言えない。


読切 エルドライブ
ジャンププラス連載作品の紹介漫画。天野先生はやっぱり絵がうまいな。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog