コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

01 2015

ジャンプ9号感想

僕のヒーローアカデミア
「上を行く者には更なる受難を 雄英に在籍する以上何度でも聞かされるよ これぞPlus Ultra! 予選通過一位の緑谷出久くん!! 持ちポイント1000万!!」
誰もが注目し、誰もが欲しがる超高ポイント!あまりにも重いプレッシャー!!
「それでもこんなに重いのか!!!」
トップに立つプレッシャーに押しつぶされそうになりつつも、拳に力を入れて立つ緑谷。このプレッシャーに打ち勝つことがヒーローの必須条件!
「重要なのはハチマキを取られても また騎馬が崩れても アウトにはならないってところ!」
基本的にはハチマキを奪い合う普通の騎馬戦だが、ハチマキを奪われてもアウトにはならないという特殊ルールが追加された。これによって、タイムアップ寸前のハチマキ争奪戦が激化することが予想される。
「プロになれば当たり前の生きる術を子どもが今からやってんだなー…」
「大変ですねー」
時には周りを蹴落として、自分の活躍を見せる。時には周りと協力して、チームとしての勝利を得る。ヒーローは臨機応変な行動が大切なのだ。
「俺と組め!!」
「えー爆豪私と組も!?」
「僕でしょ ねえ?」
クラスメイトから引く手あまたの爆豪!「クソを下水で煮込んだような性格」でも、その実力は折り紙つき!!
「てめェらの“個性”知らねぇ 何だ!?」
無表情を装っているが、内心すごく嬉しそうな爆豪!組むのはかまわないが、勝つために必要な情報共有を要求!
「爆豪!!俺と組もう!!」
「クソ髪」
「切島だよ覚えろ!! おめーの頭とそんな変わらねーぞ!!」
トゲトゲヘアー繋がりの切島が、相方を志願!でも周りに興味ない爆豪は、名前すら覚えていない!!
「おめェどうせ騎手やるだろ!?そんならおめェの爆発に耐えられる前騎馬は誰だ!!?」
一位を狙う!その強い気持ちを持つ二人。協力するのは必然!多少の無茶な爆破でも、硬化する切島の体なら耐えられる!
「おまえの巨体と触手なら オイラの体すっぽり覆えるだろ!!?」
ただスケベなだけではなく、それなりに頭はキレる峰田。そのアイデアに乗っかって、障子は防御に特化した騎馬を結成する。
「僕も早くどうにかしなきゃ! 超避けられてるこの現状を!!!」
トップに立っても、やっぱりぼっち!まるでクラスの嫌われ者のように、誰も緑谷に近づこうとしない!これはつらいぞ!
「デクくん! 組もわっ」
「麗日さん!!!」
天使の光臨!途方にくれていた緑谷に声をかけてくれたのは、笑顔がまぶしい麗日!
「ガン逃げされたらデクくん勝つじゃん」
その選択は決して哀れみなどではなく、彼女なりに勝算あってのこと。最初から高ポイントを所持しているがゆえに、危険を冒して攻める必要がないのは大きな利点。
「仲良い人とやった方が良い!」
君の笑顔がまぶしすぎて…。胸キュンして目をつぶってしまった緑谷。青春だなあ。
「だがすまない 断る」
だが断る!緑谷直々のスカウトを、あえて断った飯田!
「俺は君に挑戦する!」
よき友人であり、よきライバルである。そう認めるからこそ、飯田は戦う決意をした。彼もまた、ヒーローを目指すものだから。
「私と組みましょ 一位の人!!!」
飯田に断られて落ち込んでいた緑谷にグイグイ食い込んできたのは、サポート課の女子!おそらく、サポート課では唯一の予選通過者!
「私はサポート課の発目明! あなたの事は知りませんが立場利用させて下さい!!」
「あっあけすけ!!」
気持ちいいほどに打算的であけすけな発目!でも逆に、ここまではっきりと言ってくれたほうが信用できるかも。あと、ゴーグルを取ったらお目目ぱっちりの美人さんなのね。
「私ベイビーがたくさんいますのできっとあなたに見合うものがあると思うんですよ!」
自分の個性をまだ制御しきれない緑谷にとって、この発目の協力を得たことは大きな意味を持つ。個性の発動によって自分の体を傷つけないようにする、セーフティーロックを提供してくれる可能性があるからだ。
「即気ィ合っとる」
お互いにオタク気質な二人なので、即座に意気投合。一日中ヒーロートークできそうだ。蚊帳の外の麗日は、ちょっとさみしそう。
「…君だ!」
緑谷が選んだ、とっておきの最後の一人!両手に花状態の緑谷だが、僕には君が必要なんだ!!
「調子づいたA組に知らしめてやろう皆」
A組ばかりに注目が集まる現状に、B組はいらだっていた。本当の戦いはここから。虎視眈々と逆転勝利を狙う!
「麗日さん!!」「発目さん!!」「常闇くん!!」「よろしく!!!」
緑谷が選んだ切り札は、常闇踏影!早くも個性「黒影(ダークシャドウ)」を発動して、周囲を威嚇する気合の入れよう。これは期待できそうだ!


暗殺教室
「殺せんせーの解雇通知!?」
解雇をちらつかせて、殺せんせーをおどす理事長。無職の危機にガクブル震える殺せんせー!
「私とギャンブルをしてもらいます」
理事長が提案したのは、手榴弾を使った危険なギャンブル。殺せんせーには断る選択肢はない。
「まずは1ヒット」
理事長の罠にかかり、負傷する殺せんせー。作戦の順調な進行具合に、ほくそ笑む理事長。
「さあ殺せんせー 私の教育の礎のひとつとなって下さい」
強者こそが正義。だからこそ強者になれ。シンプルで、だが残酷な真理を布教するために、理事長は殺せんせーを生け贄にしようとしているのだ。
「日本全国全ての問題集を憶えましたよ」
教師としての教材研究が、こんなところで役に立った!問題とその答えを暗記するまでに問題集を読みこなした殺せんせーだからこそできる、スピード解答!
「どうですか?目の前に自分の死がある気分は 死の直前に垣間見る走馬灯 その完璧な脳裏に何が映っているのでしょうか?」
罠にはめたつもりが、裏目に出た理事長!死の恐怖を目前にして思い返すのは、まだ純粋な教育理念に燃えていた若き日の記憶…。


読切 天杖のアルワンド
ファンタジーな人が現代日本に迷い込んだという、よくあるバトル漫画。つまらなくはないが、特別光る魅力は感じなかった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 20:53 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog