コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

25 2015

ジャンプ8号感想

僕のヒーローアカデミア
「爆速ターボ!!」
爆豪の技を借りた緑谷!地面から掘り起こした大量の地雷を使って、爆風でぶっ飛ぶ!派手で無茶な作戦だ!
「デクぁ!!!!! 俺の前を行くんじゃねえ!!!」
オレがナンバーワンだ!緑谷を追い、鬼のような表情で爆速ターボを使う爆豪!!
「後ろ気にしてる場合じゃねえ…!」
轟も、地面を凍らせて地雷を無効化し、猛ダッシュ!このままでは、あっという間に追いつかれてしまう!!
「共通の敵が現れれば人は争いを止める!!争いはなくならないがな!」
共通の敵を相手に一時的に手を組んでも、その敵を倒せばまた対立が復活して、新たな争いが始まるだけ。争いをなくすことができるなんて考えは、吐き気がするほどロマンチックだぜ。(ザ・スターリン「ロマンチスト」)
「抜かれちゃダメだ!!」
とっさの判断で、あえて地雷を爆発させて、妨害と加速を両立させた緑谷!鬼気迫る表情!!
「緑谷出久の存在を!!」
トップは緑谷!個性を使わず、機転と度胸だけで、ここまでやってきた!すごいぞ!
「出ズズズククイズジュィ…」
テレビでこの様子を見ていた母親も、感動のあまりに泣き叫ぶ!親孝行な息子だぜ!
「超杞憂だったな!!ごめんな!!」
オールマイトの期待に応えた緑谷!その立派な姿に、惜しみなく拍手を送るオールマイト!良い師弟だ。
「経営科!!相変わらずやってるね!!」
障害物競走トップの緑谷を議題に上げて、彼をプロヒーローとして売り出す方法を議論する経営科の生徒たち。注目されるとはこういうことだ。
「また…くそっ…!!くそがっ…!!!」
あれだけ自分を追い込んだにもかかわらず、再び負けてしまった事実を悔しがる爆豪。彼が勝てない原因は、この余裕のなさだと思うのだが。
「一位すごいね!悔しいよちくしょー!」
タッタカタッタカ駆け寄って、素直な気持ちを緑谷にぶつける麗日。純粋な子だ。
「運が良かっただけ!」
一位という結果に満足せず、運が良かっただけだと気を引き締める緑谷。どこまでも真面目な子だ。
「一石二鳥よ オイラ天才!」
「サイッテーですわ!!」
ヤオヨロッパイをはだけさせ、息を荒くしてやってきた八百万。そのオシリにひっついて、コバンザメ作戦を決行した峰田。ボコボコにされたようだが、これが一番確実に障害競走を突破する作戦だろう。頭いいな、峰田は。
「ようやく終了ね それじゃあ結果をご覧なさい!」
緑谷だけではなく、轟にまで負けて、怒りの余りに変顔をさらす爆豪。一方、B組の塩崎茨や骨抜柔造もトップ5に入る大健闘。まだ詳細がわからない彼らB組の生徒たちが今後どのような活躍を見せるのか、楽しみだ。
あと、葉隠以外にも透明人間がいるみたいだけど、切島と同じように個性がダダ被りしているのだろうか?
それと、ギリギリ42位で通過した青山は、へそからビーム撃ちすぎてお腹を壊したようだ。棄権したほうがいいんじゃないか?
「下克上サバイバルよ!!!」
本選の競技は騎馬戦!自由にチームを組んでのポイント争奪戦!上位の敵を倒すほど高ポイントが獲得でき、1位は破格の1000万ポイント!つまりは一位の人間をいかに蹴落とすか、もしくは一位と組んでその他の敵をいかにさばくかだ!いずれにしろ、周囲から徹底的に狙われることは間違いない緑谷。頼もしいクラスメイトたちもほとんどが敵となる、恐怖のデスゲームが始まる!!


暗殺教室
「やったぁ!! 全員50位以内ついに達成!!」
クラスの目標達成!さらにカルマは全科目満点の、文句なしのトップ!理想的な結果だ!
「殺意ってそんなに長く続かないよ」
理事長による殺意のドーピングも、時間とともに薄れてしまった。いくら理事長とはいえ、短期間でクラス全員を完璧に仕込むことはできなかった。
「今のやり方ではE組に勝てません」
理事長の教育方針が、肝心の生徒たちから否定された。その現実を受け止めきれない様子の理事長。
「理事長 これが答えです」
浅野を叩き飛ばす理事長!いつもはクールな理事長が体罰をふるった。それは余裕がない証!!
「退出の準備をして下さい」
もう回りくどいことはやめだ!ショベルカーでE組の校舎を破壊し、実力行使に出た理事長!まるでかんしゃくを起こした駄々っ子のようだ!
「私の教育にもうあなたは用済みだ 今ここで私があなたを殺します」
解雇通知を手に、悪魔のような顔で微笑む理事長。ころせんせーが先生じゃなくなったら、ただの「ころ」になっちゃうよ!?


読切 僕らは雑には学ばない
スマホで簡単に知識を手に入れることができるこの時代へのアンチテーゼ。現場で直接学ぶことを絶対とする先輩と、それに付き合う後輩の珍道中。カバの汗がピンク色だなんて知らなかった。でも正確には、汗ではなく粘液と呼ぶべきものらしいけど。(参考:ウィキペディア


読切 駄々
駄々っ子をテーマに、バトル漫画のようなハイテンションで進む親子ギャグ。バカバカしいことを大げさにやるという、ギャグの王道を行く作品で、なかなか面白かった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 20:52 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog