コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

29 2014

ジャンプ21号感想

暗殺教室
「なんかスゲーハイテクだぞ?」
親譲りの工作の才能を見せるイトナ。その技術で、暗殺に貢献する。
「奴には“心臓”がある 位置はネクタイの真下 そこに当たれば一発で絶命できるそうだ」
シロから得た、殺せんせーの弱点をクラスメイトに伝えるイトナ。速すぎて攻撃を当てることすら難しいものの、弱点を知れば攻略はしやすい。
「見えたか」
偵察中に偶然見えた、女子の姿。「これって、のぞきに使えるんじゃ?」、その期待は、男たちのやる気を増大させるには十分だった。
「百回失敗してもいい 最後には必ず殺す よろしくな おまえら」
のぞき目的とはいえ、男子たちの全面協力によるラジコン改良を通じて、互いの信頼関係を築いたイトナ。何はともあれ、よかったね。
「あの教室には イトナ以上の怪物がいる」
渚の中に潜む、凶悪な殺意を感じ取ったシロ。次の鉄砲玉に使おうと、新たな陰謀を画策する。
「それでもダメなら 最終兵器でも用意しますよ」
ネズミを噛み殺して、その狂気をのぞかせるシロ。彼がこれほどまでに殺せんせーを憎む理由とは、いったいなんなのか?


読切 あばれ猿
泥臭い空手漫画。ハトを殺したり、前歯を折ったりなどと過激なシーンがあって、少年ジャンプじゃなくてヤングジャンプに掲載するべき作品なんじゃないか?という印象を受けた。あと、チャラ男とギャルに対する作者の深い憎悪が感じとれた。


ジャン魂G!
ザリパイ2コマ お題:2個の皿と変な生き物
「花さかじいさん的な存在」
こんな気持ち悪い姿だけど、実は妖精の類だったりするんだろうか。
「えっ…?なんで浮いてんのコレ…」
そうだね。お前の正体も謎だけど。
「実はツインテール」
耳じゃなくて、髪だったのソレ!?

日本一イヤな桃太郎のお供になった理由決定戦!!
「札束で頬をはたかれた。」
これはしょうがない。誰だってついていく。
「友達いなさそうで可哀想だった。」
優しいんだね。
「誰でもよかった。あいつがいなくなった悲しみが紛れるのなら、鬼の方でもよかった。」
深い悲しみを背負って、半分ヤケになって、命がけの鬼退治に参加したんだな。

世界悲惨
「卒業式で涙ではなく、クシャミが止まらない。」
花粉症かな?
「大量のつま楊枝を床にぶちまけた。」
あるある。あれ拾いづらいんだよね~。おまけに、もし踏むと足の裏に突き刺さる危険があるし。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 19:59 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog