コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2013

ジャンプ48号感想

暗殺教室
「素手のタイマンで決着つけるよ」
プロの暗殺者の攻撃をさばききるカルマ。さらに、素手でのタイマンを要求する余裕。
「長引きそうだったんで“スモッグ”の麻酔ガスを試してみる事にしたぬ」
フェアな戦いがどうとか言ってた割には、あっさり卑怯な策を使ったグリップ。こいつはいったい何がしたいんだ!?
「奇遇だね 2人とも同じ事考えてた」
しかし、卑怯なことに関してはカルマの方が一枚上手。麻酔ガスを食らって気絶したと見せかけて、油断させたところで麻酔ガス噴射。
「ほら寺坂 早く早く ガムテと人数使わないとこんな化けモン勝てないって」
麻酔ガスで弱ったところを全員で攻撃し、縛り上げることに成功。子供ばかりだと油断したがゆえに、グリップは負けた。
「素手以外の全部を警戒してたよ」
グリップは油断した。カルマは油断せず、相手を警戒し続けていた。それが勝負の分かれ目となった。
「敵に対し敬意を持って警戒できる人 戦場ではそういう人を…「隙が無い」と言うのです」
普通よりも優秀だったがゆえに、油断も隙もあったカルマ。だが彼は敗北を知って成長し、隙が無い人間になったのだ。
「え 何言ってんの? 楽しいのこれからじゃん」
勝負に勝った後は、お楽しみのおしおきタイム。わさびにからしと、小道具をふんだんに使った拷問のはじまりだ。


HACHI-東京23宮-
「奇跡 「酒神祭(バッカナリア)」」
バッカスが放つ煙の中から現れたのは、大勢の美女と豪勢な食事。甘い香りに甘い言葉、誘惑に負けそうになったハチは、美女が差し出すごちそうに思わず手を伸ばす。
「おしい いかがです?酒神祭(バッカナリア)は」
ハチがごちそうを口にしようとした瞬間、それは不気味なヘビのようなものに変身した。幸い手にかすり傷を負っただけですんだが、もし気がつくのが遅かったら手遅れだっただろう。
「この奇跡で半年前新宿の反乱軍2万を根絶やしにしたのですがね 飢えた豚共には効果抜群でしたよオオオオ!!」
街を占領されて食料は独占され、生娘はさらわれた。そんな人間達で構成された反乱軍にとって、このハニートラップは絶大な被害をもたらした。
「そっか それでセレーネ 400人しかいなくなっちまったのか」
ハチが寝ていた半年間で、おそらく人間達は何度も反旗を翻したのだろう。しかしそのたび鎮圧され、いつしか反乱する者はほとんどいなくなってしまったのだろう。
「…待ったか? ポチよ」
すべてを焼き尽くす業火の吐息!ドラキリーの正体は、不死鳥(フェニックス)の半神!
「ド ドラキリーおまえ…!! オイラと同じ半神」
「違う お前は覚醒種だ」
ハチは覚醒種で、ドラキリーは古の時代から生き、転生を繰り返す正統の半神だという。単純に半神といっても、二種類いるわけだな。
「『灰の指(シン・レドラ)』」
バッカスの攻撃をものともせず、その手の炎で焼き切るドラキリー。植物の化け物のようなバッカスなだけに、炎を操るドラキリーは天敵と言っていいだろう。
「スゲエ強ええドラキリー!!!」
ハチも男の子、ドラキリーの圧倒的な強さを目にして興奮ぎみ。
「ヤギヌマどこですう ううう」
「不死鳥(フェニックス)超つえ~ うん無理 さいなら~~!」
上司のピンチだというのに、敵が強いとわかるとあっさり退却した山羊沼。薄情なヤツだ。
「楽しい半年間だったか?」
「ええ とっても そして これからもねぇ…!!」
バッカスの注射を受けて復活した半神からの不意打ちを食らって、地に伏せるドラキリー。後はとどめを刺すだけだったというのに、一転大ピンチに!


読切 隣の席の珍子ちゃん
昭和のにおいを感じる正統派下ネタギャグ。露骨な巨乳アピールとうれしくないパンモロでガン攻めしてくる肉食系女子・珍子ちゃんのハッスルぶりがすごかった。あと、散々おとしめた後で最後に褒める流れだったのに、急に話題を変えて結局悪口を言っただけで終わらせたところが面白かった。


ジャン魂G!
日本一イヤなウサギとカメの敗因決定戦!
「「一緒にゴールしようね」からの裏切り。」
信頼って、友情って、とてももろくてはかないもの。
「ボルトがカメを持って走った。」
いや、普通に反則だろ。それが許されるなら、ウサギだってチーターにでも乗せてもらえばいいじゃないか。
「狩られた。」
レースどころじゃねえ!ハンターの横槍のせいで勝負が台無しだ!
「ここで負けておかないと良きライバルを失うと思った。」
いや、そんな考えじゃダメだ。それはライバルをなめた態度だ。本気で勝負できない間柄なんて、ライバルとは呼べない。

ミステリーハンター
「さっき会った人にすぐ会うと気まずいミステリー。」
じゃあ、また明日ね~。…あれ?奇遇だね、またこんなところで会うなんて…。
「新しい文房具を買うと勉強したくなるミステリー。」
でも勉強し始めると、すぐめんどくさくなってやめてしまうミステリー。

教えて!おじいさん
「Q.人が絶対に謝らなくてはいけない時ってどんな時? A.目の前で全裸の男が意味不明なことを叫びながらブチギレてる時」
やばすぎるだろその状況!謝るヒマがあったら全力で走って逃げろ!そして一刻も早く警察を呼べ!
「Q.何で乳首の周りに毛が生えるの? A.一段階目の変身ぢゃ!乳首はその変身をあと二回残している。この意味がわかるな?」
フリーザじゃねーか!乳首が最終段階になったら、いったいどうなるっていうんだ!?

飛びこみ!まおジャン お題:ニセコイ
「ヒロインが多すぎるので、今回のご出演は見送らせていただきます。」
これ以上ヒロイン増えると、覚えるのも大変だからね。
「10年前にいろいろありすぎた女として登場」
カギ多すぎだろ!お前のエピソード描くだけで、いったいどれだけ費やすつもりだ!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:02 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。