コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

27 2013

ジャンプ47号感想

新連載:磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~
まさかのジャンプ表紙+巻頭カラー+二話掲載。読切の時の評判がよかったのか、ものすごいプッシュだ。
浮世絵風の絵柄とゆるゆるぐだぐだな世界観で初見はインパクトがあるが、見飽きるのも早そうな印象。少なくとも自分にとってはあまり面白くなかった。


暗殺教室
「“ぬ”多くね おじさん?」
ところ天の助のファンなの?ぬのハンカチを愛用しちゃうの?
「素手…それがあなたの暗殺道具ですか」
サムライに憧れる外国人暗殺者・グリップの武器は素手。強靭な握力ですべてを握りつぶす。
「速攻仲間呼んじゃうあたり 中坊とタイマン張るのも怖いひと?」
グリップを挑発し、タイマンを申し込むカルマ。プロの殺し屋を相手に、彼はどんな戦いを見せるのか?


HACHI-東京23宮-
「やあやあ お仕事中お邪魔してすみません」
温厚そうに振舞う小柄なこの男が、酒神バッカス!その後ろに、手首を縛られた女性たちを引き連れて登場!
「宮長自慢のコレクションだ 生娘が10匹 たまんねえぜ…!」
みな一様に目を伏せ、青い顔をした女性たち。彼女たちはバッカスの奴隷なのだ。
「“生娘カクテル” お気に召すやら…」
超高級酒のドンペルタワー、そこに生絞りの生娘の血をブレンド。悪趣味な飲み物だ。
「キ…キミはバカですか こここんな残酷な ひどいのみもの あーもお 最ッッ高…!!!」
下卑た笑顔を見せながら、生娘カクテルを堪能するバッカス。紳士的な態度は偽装で、この狂気こそが彼の本性なのか。
「いけませんね ふゆみパパ 居住区脱走は」
愛する娘を助けるため、危険を承知で居住区を脱走したふゆみパパ。感動の再会を果たしたものの、周りは敵に囲まれている。
「パパといさせて 私 居住区から宮長の所通うし パパの脱走の罪も2人で働いて償うから」
パパを守るため、必死で命乞いするふゆみ。美しき親子愛。
「やれやれ 許可します もちろん条件付きですよ? だって甘い話(デザート)って… メインディッシュのあとでしょう?」
上げてから落とす!要求が通って喜ぶふゆみの首筋に思い切り噛み付くバッカス。半分ミイラ化するほど大量に血を吸われ、崩れ落ちるふゆみ。
「そのうるさいゴミを処分しなさい」
目の前で娘が襲われ、泣き叫ぶふゆみパパ。あまりにも残酷な光景!
「ゴミは貴様だ バッカス」
絶望の闇に舞い降りた一筋の光。セレーネの戦闘員、ドラキリー登場!
「その2人任せたぞオトネ」
「あいよー」
敵陣へ襲撃して、すっかり戦闘モードの二人。いつものふざけた態度は鳴りを潜め、クールに仕事をこなす!
「クラブ・バッカスはこれより我々人間 対半神反抗勢力(レジスタンス)が占拠するッ!!!」
銃を構え、店外にいる半身たちを威圧するセレーネのメンバー。しかし半神たちは余裕たっぷりに次々と変身を遂げ、圧倒的な戦力で人間たちをひねりつぶす時を待つ。
「こッ これぜんぶドラキリーやったんか」
特に変身するわけでもなく、肉弾戦で半神たちを圧倒するドラキリー。この異常な身体能力の高さはどういうわけなのか?
「ふー まったく今日の会食は 客が多くて 騒々しいですねえ…」
頭部に注射器のようなものが生えた、不気味な姿へと変身したバッカス、そのまがまがしい姿にどれだけ恐ろしい力を秘めているのか。
「さがっておれ ポチ…!」
変身したバッカスを前にして、ついに本気を出すドラキリー。ハチがとうてい及ばぬ化け物たちの戦いが始まる!


ジャン魂G!
日本一イヤな餃子決定戦!
「父親の靴下がきざまれて入ってる。」
完全に生ゴミじゃねーか!ニンニクより臭いわ!!
「謎のベールで包まれている。」
餃子の皮じゃなくて!?そんな怪しいもの、口の中に入れたくないよ!!
「中から無傷のナッパが出て来る。」
チャオズ、仇は討ってやるぞ。そして俺も逝く。お前だけに寂しい思いはさせんぞ。こ、これが俺の最期の気功砲だ~!!(天さん?)

ATJ45
「鼻毛が出ていても、鼻毛真拳の修行中だと言ってごまかせました。ありがとう『ボボボーボ・ボーボボ』」
それってごまかしきれてないんじゃ?そもそも、毛の王国出身じゃないと体得できないのでは。
「朝礼でオシッコ漏れそうで我慢してる時に「ジョジョ立ちだから。」と言って友達にゴマかせた。ありがとうジョジョ」
さっきから何かをごまかす時にジャンプ作品を使うことが多いんだな。でも、朝礼中にジョジョ立ちしてるほうが、よっぽど先生に失礼だと思うが。

すごスキル お題:飼育係
「レベル13 スカンクの屁で眠り状態から回復する。」
しかしあまりの臭さに毒状態になる。
「レベル80 勇者を育てた。勇者のレベルは99になった。」
世界を救ったのは勇者。しかしその世話役として、飼育係の存在があったことは世に知られていない…。
「レベル90 全ての攻撃を「じゃれてるだけなんですよ~」で無効化。」
ムツゴロウかお前は!どんな魔物も、そのあふれんばかりの愛で飼いならしてしまうのね!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 08:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。