コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

12 2013

ジャンプ45号感想

暗殺教室
「め・・・メチャメチャ上手ぇ・・・・・・」
イリーナは潜入暗殺のプロ。プロ並みのピアノ演奏と色気たっぷりの仕草に、警備員もついつい目を奪われる。
「見つけたら即殺リでいいってよ ボスが」
「アイアイサー」
しかし敵もプロ。銃を口に入れて味わう変質者と、不適に笑う帽子を被った男「スモッグ」が生徒たちの前に立ちふさがる。


読切 31HEROES
普通の少年がある日突然変身ヒーローになるというのは漫画の定番だが、クラス全員変身ヒーローになるとは太っ腹な話だ。超ハイテンションなギャグと可愛い女性キャラという、この作者の持ち味を生かした良い読切作品だった。ただ、主人公の能力が「めちゃくちゃ打たれ強い」という受け身なものなので、このまま連載作品になるには発展性が少なくてよくないと思う。


HACHI-東京23宮-
「なん だと・・・? これが 東京・・・?」
ブリーチパロ・・・だと…?
「ま 仕方ないな 半年寝てたし」
寝ぼすけさんのハチ!半年も寝ていたら、半神(ハーフ)たちの手によって東京は信じられない変貌を遂げていた!
「東京隆起の数時間後 数十万の半神が飛来した」
半神って、そんなにいっぱいいるの!?しかも全員飛行能力持ち!?
「占領は速やかで澱みなかった 特殊な煙で区を覆い 人間達を支配し次々と命令を下していった」
植物の根で東京を分断させた後に圧倒的な数の軍勢で一斉攻撃を仕掛けるなんて、半神の中には相当頭の回るヤツがいるようだ。これは手ごわいぞ。
「しねえぞ 人の匂いがどこからもしねえ」
見た目は以前より様変わりしたが、まるでお祭りのようににぎやかな繁華街。しかしこの半神たちの楽園に、人の姿はなかった。
「この下が人間用居住区」
これが「東京23宮」の暗部!半神の監視下で強制労働に従事する人間達!!
「これが半神達の夢 究極の人血安定供給法「納税」よ・・・!!」
まるで家畜の乳を搾るかのように、人間達の血を搾りとる半神。彼らにとって人間とは、奴隷であり食料なのだ!
「若い乙女の血は希少よ 倒れても手厚くされ助かる」
裏を返せば、老人や男性が倒れた場合は、もう使い物にならないと「廃棄」されるということか。恐ろしい話だ。
「焦るな 手負いのケルベロス君!」
悲惨な光景を目にして怒るハチをいさめるエレナ。神のごとき力を持つ「宮長」と戦うには、まだ力不足だ。
「鎮まれ小僧 騒がしいぞ 茶休憩(ティータイム)に」
テッキンをアレスにさらわれた事を思い出し、銃を持って特攻しようとするハチを指一本で止めたドラキュラのような男。彼もまた、半神と敵対する者。
「あっ ずるい~!!ハチ君起きたら呼んでって言ったのに」
天井裏から顔を出す、ジャージにゴーグル姿の女性も登場。顔が赤いが、酒でも飲んでいたのか?
「ようこそ犬神八 対半神反抗勢力「セレーネ」のアジトへ!! はい♪ 祝杯のラーメン」
今度はラーメンを立ち食いする中年男まで登場。このセレーネという組織、クセモノ揃いのようだ。


ジャン魂G!
日本一おぼえたい忍術決定戦!!
「忍法 オナラの臭いをジャスミンの匂いに変えるの術!」
授業中、どうしてもオナラがした時がある。うまく音を出さずにすかしっぺに成功したとしても、ニオイだけは隠し切れない。そんな時に便利!
「忍法 できたてなのに半額シールの術!」
どうせなら安く買いたい。でも長時間待つのはイヤ!そんなワガママを叶えてくれる術だ。
「忍法 後輩のほうから「割り勘でいいっス」と言ってもらえる術!」
先輩ならおごるのが当然という風潮、しかし懐は寒いという現実。おごるべき先輩の方からは言い出しづらいので、後輩の方から声を掛けてほしい、そんなできた後輩はなかなかいないけど。

ザリパイ絵画王
「レベル99の強すぎるスライムを描いてください。」
ホラー漫画に出てきそうな恐ろしい形相をしたスライム。まぁ、ヤツはレベル99になれば「しゃくねつ」を覚えるから、こんな凶悪な顔でも納得だね。
「桃太郎が鬼ヶ島で最初に倒したザコキャラを描いてください。」
まだ子供であどけない顔をした鬼。しかし桃太郎は容赦なく正義の鉄槌を加える。はたして、どちらが鬼なのだろうか。

多くの細道
「レジ前のチロルチョコって買っちゃうね」
レジに並んでるとヒマなので、レジ前の安い商品につい手が伸びてしまう。完全に店の手玉にとられているな。
「立ち読みし 急に始まる 床掃除」
オレにどけってか?イヤだね!そういう態度に出るなら、いつまでも居座ってる!
「おねえさん オレの心も あたためて」
仕事に疲れて帰る途中に立ち寄ったコンビニのおねえさんに癒されて、全国のサラリーマン達は明日も戦い続けるんだ。

はじめての一歩
「読書感想文の一歩。延々とあらすじを書いて終了。」
とりあえず原稿用紙を埋めないといけないからね。でも、その物語を追いながらも自分の感想を少しでも加えていくといいかもね。
「携帯電話の第一歩。電話がかかってきたとき電源ボタンを押してしまう」
通話ボタンと電源ボタンが同じような位置にあるのもいけないと思う。もう少し離してくれないと。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 20:38 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。