コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

16 2013

西義之先生の新連載『HACHI』を応援します!

今週のジャンプで始まった、西義之先生の新連載『HACHI』、面白かったです。

HACHI.png


読んだ勢いでファンイラストを描いて、まとめ記事も書きました。
仲のいい二人組を中心とした妖怪バトルものという、かつての連載作品のムヒョやぼっけさんと同じような流れを受け継ぎながらも、今までの反省を生かした作品だと思いました。

まず、主役にナヨナヨした男子がいません。ムヒョにはロージー、ぼっけさんにはヒノという、ウジウジと悩んで話の流れを止めるキャラが今までの西先生の作品にはいました。
僕は正直、彼らが嫌いでした。悩む彼らの姿を描くことで、話の流れが停滞し、展開が遅くなるのがイヤだったからです。
ですが、HACHIにはそうしたキャラがいないので、第一話を見ただけでもスピード感が溢れる話の展開が爽快でした。伏線を張って、それを回収するのが早くて退屈しません。たとえば、第一話だけでもこれだけの伏線を回収しています。

冒頭の犬毛を抜くシーン→ハチが半神(ハーフ)として覚醒しつつある証
会議で亜人類の存在を発表している女科学者→ハチを助け、半神(ハーフ)との戦いの始まりを告げる
ハチに100円をねだる老人→半神(ハーフ)の一員
安い東京限定のトマトジュース→半神(ハーフ)の仲間の覚醒を手伝うために人の生血を混ぜて格安で販売
刑事の源さん→味方側のキャラになると見せかけて、実は最初の敵として立ちはばかるバジリスクの半神(ハーフ)

ムヒョやぼっけさんでは、謎めいた設定と伏線が複雑に配置されていて、やや読者を置いてけぼりにするようなところがありましたが、この位スピーディーに話が進むとワクワクします。
また、警察に半神(ハーフ)がいたり、トマトジュースに人の生血を混入させているところを見ると、社会の奥深くにまで半神(ハーフ)の魔の手が伸びていて、非常に危険な状態にまで来ていることがわかります。このスリリングな設定が面白いです。

また、主役の二人が魅力的です。テッキンの人気に嫉妬した自分の言葉が彼女を傷つけたことに気づき謝ろうとする優しいハチ、急に女の子らしくなって周囲の反応が変わったことにとまどうテッキンなど、思春期ならではの悩みがリアルに描かれていて、好感が持てます。
女子として覚醒したテッキンと同じように、半神(ハーフ)として覚醒したハチもまた、急激な変化にとまどい、苦悩するのでしょう。しかし、テッキンがハチに「以前と変わらず接してくれる」ことを求めたように、今度はハチがテッキンに「以前と変わらず接してくれる」ことを求めるのでしょう。そうして二人は、変わってしまっても変わらない何かを知り、共に歩んでいくのでしょう。

可愛らしい絵柄と、不気味で残酷な世界観が共存する西先生の作品が大好きです。これからも応援します。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 18:33 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。