コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

19 2013

ジャンプ24号感想

暗殺教室
「俺の身内が…迷惑かけてすまなかった」
教育ではなく、敗北による怒りからの暴力を振るおうとする鷹岡に対して、ついに実力手段による制止を行った烏間。一撃でダウンさせるとは、やはりこの男の力は次元が違う。
「解雇通知です 以後 あなたはここで教える事はできない」
無様な姿をさらし、「つまらない授業」をした鷹岡に対し、理事長直々に解雇通告。完全敗北した鷹岡は、この恨みをどういう手段によって晴らそうとするのだろうか?
「良い教師は迷うものです」
最善を尽くす。言葉にするのは簡単だが、それを実行するのは難しい。迷いながらも、自分は正しいのだと信じて、その理念に基づいて行動する。誰もがみな、そうやって生きているのかもしれない。


新連載 ソウルキャッチャーズ
「僕と一緒に吹奏楽やんない?」
まさかの吹奏楽部漫画。視覚情報しか与えることのできない「漫画」という形態で音楽を描くのは難しいとされるが、心が「見える」主人公を使って心を視覚化させることで、同じく目には見えない音をも視覚的に表現した、ということか。そのアイデアは良いと思うし、ハッタリの効いた演出もあいまって、なかなか面白かった。


スケットダンス
「まず来月行われる文化祭は中止とする」
卒業を前に、理不尽なまでに生徒たちを管理しようとする新理事長を悪役に仕立て上げることによって、それに対抗して結束する生徒たちの姿を描いて、大団円でクライマックスを迎えるつもりなのかな。なんか、先の展開が見え透いていて、新理事長の存在もポッと出感が強くて、あんまり面白くないな。


恋するエジソン
「この好沢 乳輪を失おうとも良心まで失ってはいない!!」
ちょっとかっこいいじゃない。乳輪を失うなんて相当なショックだろうけど、それで心まで腐らせていちゃあダメだからね。


ジャン魂G!
今週はG-11王者のむちむち花火さんの優勝者インタビュー。V2達成、さらにめでたくお子様もできたということで、二重の喜びだったようだ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 19:20 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog