コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

21 2013

ジャンプ20号感想

暗殺教室
「夜9時まで…訓練…?」
地球存亡の危機とはいえ、中学生にはあまりに過酷な訓練カリキュラム。食べ物で釣っておいて、この仕打ちはひどい。
「言ったろ? 俺達は「家族」で俺は「父親」だ 世の中に…父親の命令を聞かない家族がどこにいる?」
命令を聞かない子供には、制裁として体罰を加える!まさに軍隊そのものの、暴力と恐怖による支配!!
「私は嫌です 烏丸先生の授業を希望します」
恐怖で脚を震わせながらも、はっきりと鷹岡の「授業」を拒否した神崎。自らの誇りを貫き通した健気な彼女にも、容赦なく制裁が加えられる。
「文句があるなら拳と拳で語り合おうか? そっちの方が父ちゃんは得意だぞ!!」
自分の力を誇示して、有無も言わさずに命令を聞かせようとする鷹岡。しかし、こんなことをされて黙っているE組、そして殺せんせーではない!!


読切 W.C.フレンズ
「一緒にトイレへ行く友達が必要なの!!!」
少年誌で女子高生の便友ネタ?と、最初は疑問に思ってたけれども、一貫してギャグ展開だし、男子にとっては「近くて遠い」ネタだから、これはこれでアリなのかな、と思った。この作品を少女漫画として発表したら、女子にとってはリアルすぎて敬遠されるかもしれないからね。女性作家だから書けるネタではあるだろうけど、主人公がアホの子で、クールビューティーな友達のツッコミがあるおかげで、漫才のような軽快さのある作品だった。
「カプチーノ」
童話の中で生きているような森ガール達の会話の中で、突如発せられた謎の単語。いったいどういう意味なのか、常人の僕らには知る由もない…。
「どうしたらいいのあたし!パンツ!!」
可愛い女子高生のパンモロシーンなんだけれども、今まで散々主人公のヨゴレキャラっぷりを描いた後なだけに、あんまりうれしくないという。なかなか面白いお色気シーンだ。
「無理して作った友達とつるんでても 手に入んのはまやかしだけだよ」
無理して友達になっても、一緒にいる間もずっと無理しなきゃあいけないなら、一理あるな。でも、友達作りなんて、最初はちょっと無理して、仲良くなったら段々本音をさらけだしていくものじゃない?
「うんこしてくるから」
男子でもなかなか言えないぞ、そんな言葉!さすがは深雪!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!
「あ でもうんこはマジだから できればついて来ないで」
便意に耐えつつも、友達の悩みを聞いてあげていた深雪の優しさに天晴れ。何気に、前のページでお尻にタックルを食らった時に「ウッ」とえづいているのね。衝撃で、もらす寸前までいったのかも。


スケットダンス
「みんなはなればなれになるな」
出会いがあれば、別れもある。一緒にすごした時間が楽しければ楽しいほど、別れのつらさは増してくる。
「ボッスンに好きやって伝えてくる」
卒業を前に一大決心をしたヒメコ。でも、あの鈍感なボッスンなら「ああ、オレも好きだぜ」と、友達感覚のままであっさり流しそうな気もするけれど。
「はなればなれになれへんのかい!」
同じ大学を目指すことがわかって、ボッスンに告白する機会を逃してしまったヒメコ。でもこれ、どっちか片方だけが受かって、もう片方は落ちて気まずくなる流れじゃないか?


恋するエジソン
「ブラジャーしとる!!」
いくらスピカが中に入っているとはいえ、サッカースーツにブラジャー着ける意味ねーだろ!ていうか、よくこんなビッグサイズのブラジャーあったな!!


めだかボックス
「理想とパンツははき違えるな。」
深い…のか?パンツのように、理想は常に内に秘めていよう。


ジャン魂G!
日本一イヤな悪の秘密結社決定戦!!
「お腹が痛いと言えば休める。」
お腹が痛いならしょうがないな。今日はゆっくり休んで、明日こそは元気な顔を見せてくれよ。
「壊滅させると数万人の失業者が出て、経済に大打撃を与える。」
もはや大企業じゃないか!壊滅させるのではなく、業務内容をもっと平和的なものに改善させていくことを考えた方がいいかもな。
「「恋愛禁止」という鉄の掟がある。」
もしバレたら丸坊主になって謝罪会見。
「より強大な真の悪から地球を守っている。」
毒をもって毒を制す。抑止力という名の必要悪として、悪の秘密結社は今日もがんばっているのだ。

ミステリーハンター
「スライム一匹にまわりを囲まれるミステリー。」
正しくは「まわりこまれてしまった」だね。ものすごく俊敏なスライムで、逃げる先にうまく回り込まれてしまったのだろう。
「あれだけ叫んでいた室伏選手が「落ち着いて投げられました」とインタビューで答えるミステリー。」
プロスポーツ選手は、自分のベストを大会に合わせるのが仕事。大声で気合を入れて、自分の最も力の出る瞬間をうまく出せたという意味なんだろう。

プロジェクトA
「アホマグロ。命を削ってまで「だるまさんが転んだ」に夢中。」
マグロは泳ぎ続けないと死んでしまう魚。つまり、止まることは死を意味するんだよ!!
「アホ白雪姫。毒リンゴ完食。」
毒に耐性あったのか?ずいぶんと生命力の強そうな白雪姫だなあ。

すごスキル お題:美容師
「レベル5 死ぬほど熱い蒸しタオルを敵の顔に投げる。」
蒸しタオルの温度って難しいよね。熱すぎるのもダメだけど、ぬるいとなんか気持ち悪いし。
「レベル13 美容師さんのどうでもいい話が始まった。敵はこんらんした。」
へ~、そうなんですか~。そう、適当に相づちを打つことしか僕にはできない…。
「レベル65 仲間の眉毛を剃った。弱い敵に出会わなくなった。」
しかし、町の人々の対応がよそよそしいものになってしまった!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 20:58 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog