コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

22 2012

ジャンプ46号感想

暗殺教室
「正直先生 君達との旅行が楽しみで仕方ないです」
修学旅行を前に、ワクワクしすぎて興奮しっぱなしの殺せんせー。あれもこれもと荷物を詰め込み、とんでもない量に。
「バカってさぁ 実はケッコー何でも知ってんだぜ」
京都に向かう電車の中で、高校生のチンピラに目をつけられてしまった暗殺教室の生徒たち。早くも前途多難!


スケットダンス
「イケメンになる薬が欲しい? どうしたボッスン 何があった!!」
いやいやボッスン、その発想はおかしくないか?イケメンになったところで、依頼が増えるわけじゃないだろう。仮に増えたとしても、相談というよりイケメンと話したいだけの人が増えるだけで、本当に助けが欲しい人が待たされるだけの結果になってしまうだろう。
「よっ」「めちゃイケメンになっとる!!」
しかも少女漫画とかに出てきそうな、現実にいたらイラッとくるタイプのイケメンだ!!
「はい カモミールティー」
いつもはヒメコにまかせっきりのお茶出しを、率先して行うイケメンボッスン。でも、カモミールティーなんてどこから出してきたんだ?
「すごくない?開盟イケメン五人衆よ!!」
イケメンボッスン、椿、スイッチ、キリ、あっくんの五人が集まり、女子生徒たちはキャーキャーと大興奮。どんどんおかしな方向に行ってるな。
「清らかさが顔にあふれ出て仏のようになってきたぞ」
薬の飲みすぎで、イケメンを通り越して悟りを開いた聖者の域にまで達したボッスン。これはもう、俗世間を捨てて出家するレベルだな。
「いや 薬が切れた反動でクズ野郎になってる」
イケメンからブサメンへの急転直下!やはり人間、ムリはよくない。イケメンにはなれなくても、たまにはちょっと他人のために働くぐらいでちょうどいいのかもしれない。


めだかボックス
「お前の会った言彦は英雄 言彦そのものではない 不知火の里が五千年間伝承してきた獅子目言彦という『存在』なのだ。」
つまり、あれは言彦本人ではなく、影武者ということか。それも、何十代も何百代も引き継いできた、由緒正しい影武者なのか。
「死人の影武者か」
言彦と同じように、死んだ鶴喰梟の影武者も代々引き継がれていた?そして次の梟の影武者になるのは半袖!


ジャン魂G!
日本一来てほしくない死神決定戦!!
「「お待たせ~」って言いながら来る。」
待ち合わせに遅れた女友達か!別に待ってないよ~、今来たとこだし。
「アイドルと熱愛が発覚したイケメンしか狙わない。」
ただのアイドルオタクの嫉妬野郎じゃねーか!仕事に私情をもちこむのは感心しないなぁ~。
「死神「『生きたい』と言えェ!!!!」」
ワンピースじゃねーか!生ぎたいっ!!!!(鼻水もふかずに号泣しながら)

オレの流儀
「オレの流儀!「尋ねる」という文字を書く時に、心の中で「ヨーエロスン」と思いながら書く。」
あー、僕も小学生のころに同じことしてたよ。ごちゃごちゃした漢字だけど、こうやって語呂で覚えるとすぐ思いだせるよね。
「オレの流儀!スギちゃんも一応年上だからスギさんって呼ぶ!」
それは結構だが、「一応」年上っていうのは、心のどこかでスギさんをまだバカにしているんじゃあないか?

すごスキル お題:野球選手
「レベル15 モンスターの上に飛び乗った。スパイクの金具で敵は苦しんでいる。」
あれはほぼ凶器だからね。スパイクで足を踏まれたら流血ざただよ。
「レベル22 釘バットを装備した。攻撃力が20上がった。」
いや、それは野球選手じゃなくて不良の道具だろ!釘バットなんて試合じゃ使えないよ!!
「レベル90 送りバントで敵を地獄に送る。」
バントの名手はザラキ使いってことか。でも、送りバントって本来は味方しか送らないよね?
「レベル99 レーザービームで全てを焼き払う。」
いや、レーザービームってそういう意味じゃないから!比ゆだから!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog