コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

26 2011

ジャンプ3・4号感想

スケットダンス
「やったるァコラぁ!!!ざっけんじゃねーぞ一年タココラァ!!!」
安い挑発にあっさり乗って、タクトの策にまんまとはまるスケット団。もはやチンピラだな、こりゃ。
「ボッスンゴーグルおかしなってる!!」
シルクにゴーグルを奪われて、普段の力が発揮できないボッスン。でも、なんでシルクは鼻メガネなんて持ち歩いいたんだろう?
「ああ思い出しました ボク このネコ見た事あります」
頭がキレるだけではなく、「映像記憶」の能力も持つタクト。これは便利な力だな。
「中央公園の周囲にいる確率が高い」
ご自慢の情報収集能力で、頼りないボッスンの代わりに活躍するスイッチ。やる時はやる男。
「ボクらの勝ちです」
木の上でうずくまっているネコを、軽快な動きで木登りして捕まえたスマイル。体力バカのヒメコ以上の身体能力。
「いや こっちもネコを連れてきた」
ボッスン達の完敗かと思いきや、謎の箱を持って渾身のドヤ顔を見せるボッスン。ここから一発逆転の策があるのか?


めだかボックス
「アニメが始まる前に僕がこの漫画を終わらせてあげるぜ」
えぇ~!?せっかくアニメが始まるっていうのに終わらせちゃうの~!?
不敵な笑みをたたえながら、不穏な動きを見せる安心院!彼女の真意とは?


ジャン魂G!
日本一癒されないナース決定戦!!
「イケメンが退院する時は泣く。」
イケメンが退院する時はあんなに号泣していたナースさんなのに、オレが退院する時は笑顔で見送る。…オレ、泣いてもいいかな?
「「元気があればなんでもできる!」」というアドバイスしかできない。」
アントニオ猪木かお前は!元気がないから入院してんだよ!!
「ナースコールを押したらベッドの下から出てきた。」
怖いわ!ホラー映画か!ただでさえ弱っているんだから驚かすなよ!
「「殺戮の天使」と呼ばれている。」
暴走族か!白衣が返り血で真っ赤に染まる!!
「棺桶を背負っている。」
ドラクエ6のテリーか!教会へ運んでお金払えば生き返らせてくれるかなぁ?

フキダマシイ ご飯にする?お風呂にする?
「それとも、パンチラファイトする?」
野郎のパンチラなんか誰が見て喜ぶんだよ!!
「それとも、この支配から卒業する?」
身も心も縛られてきた、この息苦しい監獄には、もううんざりなんだ。
「それとも、泣き虫だった昨日の自分にグッバイする?」
涙でグショグショになった顔を洗って、飛び出そう。もう私は一人で歩いていける。

教えて!おじいさん
「女子力って何?」
ナッパ「ベジータ、カカロットの女子力はいくつになった?」ベジータ「8000以上だ!!」ナッパ「8000以上!? そりゃ何かの間違いだ。故障だぜ!」
「トイレの前でそわそわしていた人が急におとなしくなったのはどうして?」
間に合わなかったのだな。僕らはそっと合掌するしかない。

バカズバッ! トリュフ豚シリーズ
「トリュフ豚預かる 赤髪のシャンクス「この帽子をお前に預ける」」
重いよ!なんでシャンクスにそこまで信頼されてんの!?キノコ王に、オレはなる!!!
「フカヒレ魚丸「幻のエリンギ?ああ、全部食べちゃった。ごめんちゃい♪」
て、てめぇ!貴重なキノコを独り占めしやがって!!ぶっとばしてやりてぇ!!!
「トリュフ豚宇宙へ 「宇宙(そら)にはきっと未知のトリュフが…!!」」
当初の目的だった幻のエリンギはフカヒレ魚丸に先回りされてしまったが、まだ見ぬキノコを求めて宇宙へと飛び出すトリュフ豚。その偉大なる探究心さえあれば、どこまでも行けることだろう。さようならトリュフ豚、また会う日まで…。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 06:52 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog