コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

31 2011

ジャンプ33号感想

スケットダンス
ボッスンと椿じゃないけれど、似たもの同士はいがみあうか親友になるかのどちらか。加藤と震平は、いがみあった末に、共通の敵との戦いを経て「ケンカするほど仲がいい」関係になったようだ。
しかし、タチ高のやつらはタチの悪いチンピラばかりとはいえ、結局は暴力で物事を収めたわけだ。殴りこみにいきたい気持ちはわかるけれども、もっといい方法はなかったんじゃないかと、イマイチ釈然としない。


バクマン。
ないわー。『ぱんちらファイト』はないわー。
少女達のパンチラに鼻息を荒くする服部さんは面白かったけど。妙に高評価してるけど、これは少年ジャンプよりはヤングジャンプに掲載するべき作品じゃないか?


読切 -SINS-
豹変する天使の顔芸がグロかった。


めだかボックス
「この子は馬鹿だ!しかも人生を確実に失敗するタイプの!!」
鰐塚さんが一気にアホの子と化していて笑った。いや、確かに前々から天然ぽいところはあると思っていたけど。


ジャン魂G!
今週はG-6王者、眠いあいうえおさんの優勝者インタビュー。
テニプリの影響で中学時代にテニスを始め、ヒカルの碁の影響で囲碁もやっていたという生粋のジャンプっ子。「名前がカッコいいから」という理由でファイナンシャルプランナーを目指し、すでに二級の資格を持っているという、実行力のあるなかなかのツワモノだ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:53 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog