コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

20 2010

ジャンプ40号感想

スケットダンス
「欲望という名の器」「パブリックガーデンアベニューうらぶれた吹き曝しペイヴメント」「「瞳潤う仮面舞踏会(マスカレード)」「暗黒のクローク」
相変わらず意味のわからん言い回しのダンテ。でも、すっかり慣れたスケット団は見事に翻訳して意思疎通できる。
「それは“影浪”のことではないか?」
ただのひったくりのくせに大層な名前だ。
「この学校には“本物の忍者の末裔”がいるとかいないとか」
そんなあいまいな情報いらねーよ!しかもうさんくさいよ!!
「ダメだ…虎を通り越してバオー来訪者みたいになってる…」
なんで今さらバオー来訪者なんだよ!ジョジョならともかく、知らない読者も多いだろ!!
「いつの間に!!」
おとり捜査をしたらあっさり出てきた影浪!しかし謎の煙幕のせいで、スリングショットが撃てない!
「パワーMAXでやってもーた!!!ボッスゥ――――ン!!!」
煙幕で何も見えないヒメコが全力で振ったホッケースティックは、ボッスンにクリーンヒット!気絶するボッスン!
「オレを捕まえようとつけ狙ってるヤツってお前の事だろ!」
「オレだ」
ボッスンを心配しているスキに背後を取られたヒメコ。しかしさらにその背後を取ったのは、銀髪の一年坊主。
「そうか…忍者の末裔ってアンタか」
銀髪少年とヒメコの連係プレイで、見事犯人確保に成功。ヒメコも一目置く身体能力。
「オレの学園に手を出す輩は何人たりとも許さねぇ オレはいずれこの学園を手に入れる」
なんで学園に対してそんなにご執心なの?学園を手に入れるっていうのがどんな意味か知らないけど、どんな理由があるんだろうか。
「アンタの強さはこのアタシが認めたるわ 一年坊主」
「加藤 希里だ 鬼姫」
お互いの強さを認め合った二人。そして、忘れ去られたボッスン。主人公なのにいつもこんな役どころなのね…。


SWOT
「アニキが来るまで守るって… や 約束…したんだ…」
鰯田が意外とがんばってる!いつもいじめられてたせいで打たれづよいのかな。


ジャン魂G!
日本一ダメなプール監視員決定戦!!
「モリを手放さない。」
プールで「獲ったどー!」する気か!獲物なんていないし、だいたい危なくてしょうがないわ!!
「溺れている人をキャッチ&リリース。」
リリースしなくていいんだよ!レスキューしろよ!!
「彼もまた何者かに監視されている。」
なんか怖いな!何をやったんだよお前!!

IS THIS IT?
「これはなまけものデスカ?」
「いいえ、オレの父です」
不況の波に飲み込まれ、職を失った父。しばらくはそっとしておこう。
「これは何かの儀式デスカ?」
「いいえ、枕投げです」
枕投げも、ある意味では儀式だよね。修学旅行の夜にはぜひともやっておきたい、通過儀礼みたいな感じで。

イニシャル魂
「T・・・とんでもなく
 D・・・ドMな
 R・・・ラスボス」
どんな攻撃も快感に変えてしまうから、ある意味では最強のラスボスだな。
「T・・・とにかく
 D・・・だらけて
 R・・・楽したい」
おそらくは全人類共通の願い。でも、それがまかり通ったら世の中回ってない。

どうかしてるぜ!!
「イケメンが眼鏡かけるとメガネ男子って言われるのに、オレがかけるとただのオタクって言われるこの世の中、どうかしてるぜ!!」
ただしイケメンに限る。
「つまようじがこっそり入っているこの世の中、どうかしてるぜ!!」
お腹空いてるからって急いで箸袋を開けると、指にブスッとつまようじが刺さっちゃうのよね。地味に痛い!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 12:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog