コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

05 2010

ジャンプ39号感想

スケットダンス
「キミ達に新しい校歌の歌詞を考えてもらいたい」
何を血迷ってるんだよ、校長!何代にもわたって長く歌い続けられる校歌を、一部の学生に丸投げしちゃっていいのか!?
「アレ!?今の曲聞いた事あるよ!?」
あれれ~おかしいぞ~。(灰原哀
国民的娯楽番組のテーマ曲そっくりの課題曲!おい校長、単純にプロの作曲家に頼む予算がないだけじゃねーのか!?
「ティッシュが舞い散る校庭 カッパと育む友情」
どこからそんな大量のティッシュが出てきたんだよ!なんかやらしーぞ!
そして、普通にカッパがいる世界観なの!?どんな妖怪漫画だよ!!
「アンタ河童だから水かきデカくてキモイじゃん?それで羽ばたいて空とか飛べないワケ?」
「照子 性格最悪やな!!」
河童差別反対!明るい学園生活がテーマの物語なのに、なんで主人公がこんな性悪女なんだよ!クラスのいじめっ子ポジションじゃねーか!
「プライドが高い河童の福永は照子の挑発に乗って果敢にフライアウェイ!しかしあえなく落下して骨折…という歌詞だ」
切ないな!河童どころか馬鹿じゃん!でも、お前の心意気だけは買うぞ!
「よーし もう照子とか関係あるか!!やるぞおめーらぁ!!!」
リズム重視!そして、勢い重視!!悪ノリが最高潮に達したとき、人の判断力は完全に麻痺する!!!これはひどいことになるぞ…。
「福永入院~ (骨折だ)」
女子もちゃんと、この気持ち悪い振り付けをやってくれるのね。お嫁いけねーぞ!
「センチメンタル ホスピタル」
俺、なんであんなことしちゃったんだろ。福永は一人、病院でたそがれる。じわじわくる全身の痛みに耐えながら。
「照子 パフッ」
照子というより、河童の福永の歌になっちゃったな。最後の「照子」の後付け感がハンパない。
そして、センチメンタルなのは河童だけじゃなかった。校長も、自分がとんでもないことをしでかしたことに気づいて憂鬱な表情だ。


SWOT
「クククク これで抗争がさらに盛り上る」
なんか黒幕っぽい人出てきたー!ライオンみたいな髪型とヒゲがすげーな!!
「だから俺は絶対逃げない!!アニキとの大切な約束だから!」
鰯田は弱いけど、心が強いよね。まるで主人公みたいな台詞を吐いて、男を見せてるぜ。


ジャン魂G!
日本一の臆病者決定戦!!
「夜のトイレに行くくらいなら漏らした方がいい。」
それはそれで、度胸がいると思うよ。後始末とか、家族からどれだけドしかられるか考えると。
「オレ、この歯医者から生きて帰ってこれたら結婚するんだ…。」
それ、死亡フラグだぞ!でも、たかが歯医者でビビりすぎじゃない!?もっとお医者さんを信頼しようよ!!

J喜利 こんな妖怪はアニメ「ぬらりひょんの孫」に出られない!!
「子どもの作ったお城を壊して投げる砂かけババァ」
この人でなし!純真無垢な子どもの心をふみにじるなんて許せない!これはいろんな意味でトラウマだぞ!
「口が鮭臭い口しゃけ女」
ただのダジャレじゃねーか!確かに鮭はおいしいけれども!!
「左手だけが鬼になってる小学校教師」
確かに、ぬらりひょんの孫に出れるわけないわ。だって、「地獄先生ぬーべー」っていう別のアニメに出てるもの。

プロジェクトA
「アホラジオ。3Dメガネ付き」
むしろ、3Dイヤホン付けて、声が立体的に聞こえるようにしようよ。
「アホ借り暮らしのアリエッティ。家賃を滞納している。」
そのうち、「家なき子のアリエッティ」に改題しそうだな。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:12 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog