コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

15 2010

ジャンプ36・37号感想

スケットダンス
「結婚させるぅ~~!!?」
大人の恋愛に余計な茶々を入れたがる無邪気な少女、スズ。チュウさんとレミおねえさんをくっつけるため、スケット団に協力を依頼。
「へぇ~~まさかおねえさんがねぇ~~」
身近な人間の恋愛模様を知って、鼻息も荒いボッスン。これちょっとしたセクハラなんじゃない?
「強制ホレ薬「マジホレール」をこっそり飲ませれば」
やはり血は争えない!薬の力を使って問題を解決しようとするスズ!!
「自分の心にウソつかせる気満々じゃねーか!!!」
もし仮にこの作戦がうまくいったとしても、おねえさんはそれでいいのか!?卑怯すぎるんじゃないか!?
「せ…先生のお嫁さんになれたらいいな…って思ってます」
誘導尋問で、おねえさんに恥ずかしいセリフを言わせるボッスン。こういうところが無神経なのよね。
「そいつが聞ければ十分だ」
おねえさんの熱い思いを直に聞いて、やる気満々のボッスン。ひさしぶりにかっこいいところを見せられるか?
「ホンマ大丈夫かこの計画!」
しかしボッスンが考案した作戦は、あまりにも穴が多くグダグダなものだった!さっきまでの自信満々の表情はなんだったんだ!がっかりだよ!
「二人とも何が食べたい?」
「私はトム・ヤム・クン!」
「スズは鰈の煮つけ定食!」
お前ら二人とも気合入れすぎだろ!息ぴったりだな、もう!!
「惚れ薬飲ませ作戦スタート!!」
かなり不自然な流れだったが、段取りは整った!全員分の水を一気飲みしたスズの労力にこたえるためにも、がんばれおねえさん!!


WJヒロイン百花繚乱ポスター
元気いっぱいな「保健室の死神」のシンヤ、麗子さんの胸をうらやましがっている「いぬまるだしっ」のたまこ先生あたりは、原作のイメージをうまく生かしてていいね。あと、妙に爽やかになっている「黒子のバスケ」のリコや、妙にセクシーな「スケットダンス」のヒメコは、原作よりも可愛く感じる。
ただ、「ワンピース」のナミの刺青や、「トリコ」のリンの目の下のキズが描かれてないのは残念。


読切 クロノマンション
「冷たく微笑んだ」
いい顔芸でした。デスノートのキラみたいで。


読切 ラッコ11号
「吉田…やはりこいつ私を舐めてる そして仕事も舐めくさっている」
ラッコ11号の吉田に対する嫌悪感ハンパねぇ。


SWOT
「あなたは私から看護婦になる夢も奪ったんです!」
蓮野さんは保母さんになるのが夢らしいし、この漫画に出てくる女子って、かわいい夢持ってるのね。こんな荒廃した世界観だというのに。
「ルールその3 単独行動の禁止」
女子トイレに単独で乗り込んできて、この人はいったい何を言っているんですか。


ジャン魂G!
日本一イヤなアイドルコンサート決定戦!!
「ライオンなどの猛獣との決闘が見どころ。」
新感覚!熊殺しアイドル!!絶対売れねー!!!
「次の曲はみんながTシャツ買ったら歌うよ!」
あざとすぎだろ!ファンはお前の貯金箱じゃねーぞ!!

多くの細道 映画館で一句
「冒頭の 予告映画で 大号泣」
もう本編なんかどうでもいい!とにかく、一日も早くあの映画が見たい!!
「オレだけが みんなと違う 笑うとこ」
その日、少年はみんなと笑いのツボが違うことを知り、孤独を知った。

王子のお部屋
「人感センサー王子。周囲に人がいるとめっちゃ明るいが、一人の時はめっちゃ暗いF。」
たぶんいい人なんだろうね。元々は暗い性格なんだろうけど、周りのことを思って明るく振舞っているんだろう。
「ねづっち王子。整理整頓がとても早いM。」
ととのいました!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 17:57 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog