コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

01 2010

ジャンプ34号感想

スケットダンス
「オレとミチルの引退まであと三日だ」
あれ?この漫画って、時間が進むタイプの漫画だったっけ?
「一緒にお仕事させていただけて光栄でしたわ」
「意外と涙もろいなコイツも」
涙ぐむミモリンを見て、もらい泣きするミチル。しかし涙をけっして見せないように、急に窓のほうに顔を向ける。
「DOS(ダメ先輩おつかれ様でした)」
「何でみんな泣くんだよ!」
ええいああ君からもらい泣き♪「一青窈 もらい泣き
涙は伝染するもので、いつもクールなデージーも別れの涙を流す。こういう別れの雰囲気ってなんかいいよね。
「後の事はお任せ下さい」
「燃えながら泣いてる!!」「ややこしいよ椿ちゃん!」
別れを惜しむ涙と、先輩に恥じぬような生徒会活動への熱意でおかしなことになっている椿。こいつは真面目すぎるのよね。
「ダメだ 特例は認められない」
頭が固い椿は、器物損壊を犯した城ヶ崎が誕生パーティ会場に行くことを決して許さない。そこに通りがかった安形。
「とお!」
ドロップキックでドアを破壊しよった!他人をかばうためとはいえ、いくらなんでもやりすぎじゃない!?
「オレはダメ会長だからよ ルールとかは苦手なんだ でも… それより大事なモンもあると思ってる」
ぐうたらだけれども、内には熱いものを秘めている安形。自らの行動をもって、椿に最後の指導を行う。
「新しい会長としてちゃんとやっていけるか 本当はすごく不安で…」
不安のあまり、虚勢を張っていたことを認める椿。自分の弱さをさらけ出すのが恐ろしくてたまらない。
「みんながいたからだ」
自分たちには仲間がいる。苦しいときには、仲間に頼っていい。みんなの力を借りて、よりよい学園作りという理想をかなえればいい。それが、安形の教え。
「頼んだぜ椿 後の事は… 学園の事は任せた あとサーヤの事も」
お前、まだ勘違いしてたのかよ!別に椿とサーヤは付き合っているわけじゃないから!!
「安形沙綾は預かった 助けたければこちらの言う通りにしろ」
感動的な展開から一転、急にサスペンスドラマな状況に。さらわれたサーヤを救うため、どうする安形!?


SWOT
「なっくるぼんばぁ!!」
必殺技名はひらがななのかよ!なんかかわいいな。


ジャン魂G!
日本一イヤな歯医者決定戦!!
「診察前に「いいリアクション期待してるよ」」
俺は芸人じゃねーよ!そんな激しいリアクションが予想されるほど痛いの!?
「じゃあ、下脱いでください」
歯を治療するのになんで下半身を露出しなきゃいけねーんだよ!何する気だ!!
「椅子を倒されたら、まずは頭を洗われる。」
あれ?ひょっとして、間違えて床屋に来ちゃった?
「疑わしきは抜する。」
ただのヤブ医者じゃねーか!そう簡単に抜かれてたまるか!!

ドラマチックジャンプ
「太陽が熱中症になるほど熱い!少年ジャンプ!!」
そんな宇宙レベルで熱いの!?
「モテないヤツ同士の友情ほど熱い!少年ジャンプ!!」
確かに熱いけど、もろいよね、それ。片方がちょっと女子と話してただけであっさり崩れるほどに。

万物の三本柱
「●優柔不断の三本柱
 1.どっちにしようかなぁ
 2.あっちもいいよなぁ
 3.辛そうで辛くない、少し辛いラー油」
結局辛いのか辛くないのかはっきりしろよ!まぁ、実際には少し辛さをおさえたラー油なんだろうけど。
「●やたらと長い三本柱
 1.キリンの首
 2.ゾウの鼻
 3.小さい子供のオリジナル必殺技の名前。「スーパーウルトラハイパーデストロイクラッシュビーム!!」」
とりあえずかっこよさげな単語を並べてみたんだろうね。大人から見ればほほえましいもんじゃない。

オレが日本一!
「抱き枕相手にプロレスした回数なら、オレだって日本一だ!」
想像の中では壮絶な死闘が繰り広げられているが、実際には抱き枕とたわむれている変な人だ。
「「豚肉」と呼ばれた回数なら、オレだって日本一だ!」
お前もつらかったんだな…。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 19:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog