コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

10 2010

ジャンプ29号感想

スケットダンス
「まあ最近は割と喋るかな…」
犬猿の仲だったボッスンと椿も、兄弟であることがわかってからは、少しずつ緊張関係がほぐれてきたようだ。それを知ってソワソワしつつも嬉しそうなサーヤ。
「椿とサーヤが…いい関係? 何だと?」
生徒会メンバー内の伝言ゲームで、誤解を招くような表現で、兄の安形に椿とサーヤの仲のよさが知られてしまった。兄として妹が心配な安形は、すごい顔で疑いを強める。
「好きな男でもできたんじゃないのか?」
不審な目でサーヤを見つめる安形。純情なサーヤは、安形の引っ掛け発言にまんまとはまってしまう。
「やはり椿か…」
サーヤはボッスンのことを言っているにもかかわらず、ヘタにぼかして話したせいで、安形の疑いは確信へと変わる。椿にとってはとんでもないとばっちりだ。
「椿かぁ…あの野郎弟のように可愛がってきてやったのに…あろう事かオレの妹に手を出すとは!!」
思い出が走馬灯のようによみがえる…。可愛い妹、そして可愛い後輩。どちらも愛すべき存在だが、やはり妹のサーヤが優先だ!
「明日 椿の気持ちを確かめて- 気持ちが本物なら二人を許そう…」
言葉とは裏腹に、許す気なんかサラサラねぇー!殺意すら感じる表情で椿にガンを飛ばす安形!!
「正直 気にはなってました」
お互いの会話がかみあっているようでかみあっていない。ヘタにぼかした言い方をするせいで、誤解は決定的なものに。
「オレの前だからって遠慮する事ァねンだよ!!正直な気持ちを言いやがれ!!!」
安形のいつにない熱い説得に、ついに折れた椿。少し嬉しそうに、二人の関係の決定的な変化を語る椿。
「今日の夕飯 ちょっと誘ってみようかな」
安形の誤解から始まったこの説得劇だが、結果オーライ。気が強いばかりに素直になれない椿の背中を押すことができた。
「アレ?お前今日メシ誘われてねーの?」
いつもどおりに家で食事を取るサーヤを見て不思議がる安形。結局、勘違いしたまま終わっちゃったね。


ジャン魂G!
今回はG-3グランプリの総決算だったので、ネタはお休みです。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog