コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

28 2010

ジャンプ16号感想

スケットダンス
「あー 今日は何だか暑いなあ そうだシャツを脱ごう」
大根役者・椿の白々しい演技!おやさしい生徒会のみなさんは、ただ何も言わず、じっと息を潜めるだけ…。
「出た!椿ちゃんのオリジナル変なTシャツ!!」
椿のTシャツには、「秩序」の一文字が!変なシャツ着やがって、この場の秩序を乱してるのはお前じゃ!!
「時に榛葉さん」
今の椿にはできるだけ関わりたくない…。しかし本人からのご指名が!
隣のミモリンが、「あーあ、榛葉さんかわいそうに…。」って表情してるのが面白いな。
「え?ボク?ボクですか?ボクは「秩序」だと思いますが?」
聞いてねえよ!自分から話題ふっといて、相手が答える前に話すんじゃねーよ!うっとうしい!
「何を隠そう 椿佐介の趣味はオリジナルTシャツ製作である」
常人には理解しがたいセンスを持つ椿。二字熟語がなんかかっこいいのはわかるけど、それをTシャツにプリントして着るのはどうかと思うよ。
「おほ? 何だ椿 おめー またTシャツ作ってきたのか それ相変わらずダセェな」
椿のプライドを考えて、みんな思ってたけど決して口にしなかった事実をあっさり告げてしまった阿形!
さすが阿形会長!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!(ジョジョ?)
「欲しかったら全国のジャンプショップに行けば売ってるぞ」
Tシャツのことで相談にきた椿に対して、スケット団Tシャツの宣伝をするボッスン。よっ!この商売上手!!
「なるほど プリントの差か」
いやぁ、確かにプリントの差もあるだろうけど、一番の問題はシンプルすぎるデザインにあると思うんだけど…。やっぱり椿はちょっとズレてるな。
「貴様アカネさんにTシャツゴッコで作らせていると言うのか!? おのれ藤崎 自分でやれ!」
はいはい、人の話は最後まで聞こうね。勝手に勘違いしておかしなツッコミすんなよ!
「ずるいじゃないかあ!!!」
母親の仕事のコネで、プロの力を借りてオリジナルTシャツを作っているボッスン。嫉妬を爆発させる椿!!
「ボクのもTシャツにして欲しいとアカネさんに頼んではくれまいか!?」
それこそ自分でやれよ!自分の頭下げて頼んでこい!
「何故なら会長に「驚くほどカッコイイTシャツを作ってきます!」と言ったら おほっ そんなの作れたらオレが着て「スタイリッシュ!」とか言ってやるぜ かっかっか と言ったからだ!」
「知らねーよ!!何だその都合!!」
余計なこと言うもんじゃないぜ…。阿形の一言で、妙な使命感に目覚めてしまった椿!
「文字を書くだけがデザインじゃねえと思うけど…」
あまりにも頭が固く、発想力というものがあまりにも欠如している椿。ボッスンのごく自然なツッコミに、とんでもないショックを受ける。
「何で漢字なの?」「英語じゃダメなの?」「字ぃでかくね?」
ボッスンの素朴な疑問が、いちいち椿の心に刺さる!もうやめてボッスン、椿のライフはとっくにゼロよ!
「今 写真はねえけど それっぽく手で描くと まあこんな感じか?」
なかなかのセンスのあるデザインをサラサラと完成させるボッスン。なんだかんだで器用なのよね、この人。
「いかがですか会長?」
「スタイリッシュ☆」
阿形、アンタは本物の男だよ…。
ボッスンの協力をはねのけつつも、結局はボッスンのデザインをほとんどマネしたデザイン。しかし椿の絶妙なセンスによるアレンジのおかげで、超絶にダサくなっちゃった!
そんなダサいTシャツを涙ながらに着こなし、あまつさえ「スタイリッシュ☆」と約束通りに言ってくれた阿形。男に二言はない!!



ジャン魂G!
日本一マジじゃないマジシャン決定戦!!
「かぶってるシルクハットがすでにバタバタ動いてる。」
中にハトとか入ってるだろ!帽子の中身が気になって、肝心のマジックなんて見てられねえよ!!
「「5円玉にマッチ棒を貫通させます!」とか言い出した。」
ん?5円玉は真ん中に穴が開いてるから、普通にマッチ棒は貫通するんじゃね?
「「練習はしたんですけど!家に道具を忘れて来てしまいました」と謝罪。」
宿題をやってこなかった子供かお前は!すぐバレるウソをつくんじゃねーよ!!
「ビックリしても耳はでかくならないけど。エロい事を考えるとチ○コがでかくなる。」
健康な男子だったら当然のことですね。…って、ただの下ネタじゃねーか!
「時間はかかるがバナナをうんこに変える。」
普通に消化しただけじゃねーか!きたねーな!!
「タネも仕掛けも、今となっては妻からの愛もありません」
マジックにすべてを捧げ、それ以外のすべてを捨てた人生。そんな彼が唯一不可能なマジックは、失った妻からの愛を取り戻すマジックだ。

IS THIS IT?
「これはローラーブレードデスカ?」
「いいえ、これはそろばんです」
しかし、やんちゃな男子小学生には、ローラースケート代わりに使われます。
「これはまりもっこりデスカ?」
「いいえ、これはただの変態です」
まあ、まりもっこり自身が変態みたいなもんだから、どっちでもいいけどね…。

ご当地計画
「北海道 雪ダルマッシュ有」
意外と語呂がいいデッシュ!でも似顔絵が壊滅的に似てないだろビッシュ!!
「神奈川県 シュウマイ雪だるま」
シュウマイの熱ですぐ溶けちゃうよ!しょせん儚い命なのね!!
「鹿児島県 種子島 雪だるまシャトル」
雪だるま…宇宙(そら)へ!なんて壮大な計画なんだ!!たぶん大気圏に突入して溶けちゃうけれども!!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:48 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog