コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

20 2009

ジャンプ01号感想

スケットダンス
「キミを傷つけたその薮田という男をボクはブン殴ってやる!!」
デージーがチンピラに無理やりキスされたことを知った椿は、一発殴ってやらないと気がすまないほどの怒りを覚える。
「自分のせいで人が傷つくのはすごく傷つく」
しかしデージーは、椿にまで迷惑はかけられないと、椿の助けを拒否する。仲間を思うばかりに、仲間を拒否するデージー。
「友達が…大切な仲間が傷つけられたとしてキミならどうするか意見が聞きたい」
デージーに止められても、やはり椿の怒りはおさまらない。迷う椿は、ボッスンの意見を求める。
「一発ブン殴る」
「同じだ…!」
それは単純明快な、しかしもっとも説得力のある意見。そうだ、自分がやるべきことは最初からわかっているじゃないか!
「ああ 熱いねえ ああ なかなかのもんだ」
焼きたての焼きいものように、熱い心を持つ椿の背中を見送るボッスン。迷いを断ち切った椿は、デージーを傷つけた「ドブ虫」の元へと走る!!
「一発だけ殴りに来た 薮田というのはどいつだ」
俺の拳が真っ赤に燃えるぅぅ!(霧島 翔
大切な仲間を傷つけられた怒り!敵陣のもとへと単身乗り込んだ椿、その熱い拳をドブ虫の顔面にねじ込むために!!


バクマン。
「僕と組みたいなら正式に僕と付き合ってください それが一緒にやる条件です」
中井さんを殺してやりたくなりました。
ダメ人間だとはわかってたけど、加藤さんという安全パイを手に入れたことでここまで腐りきってしまうとは…。純情なだけが取り柄だと思っていたのに、すっかりよごれちまったなあ。
「あなた最低です」
ただでさえ男性不信ぎみだったというのに、中井さんのせいでもっとひどくなっちまった!このショックでしばらく引きこもりそうだな。


ジャン魂G!
ザリマン。
「ミギニー 長年自分をタイ人だと思っていたが、実はインド人だった。水虫の足から繰り出すキックは脅威だ。」
インド人だってムエタイやってもいいじゃない!でも水虫の足で攻撃するのはカンベンしてほしい。
「リテャード まぎらわしい名前をしているために、毎回リチャードの代わりに喧嘩を売られるかわいそうな一般人。」
ワンピースでたとえるなら、手配書のサンジの顔にそっくりだったデュバルみたいなもんだな。とんだとばっちりだ。
「ムエタイ十二神将 リチャードの倒すべき強敵。一人ずつといわず全員でかかってくる。」
卑怯だと?戦争に「卑怯」などという言葉は通用しない。最後まで生き残ったものだけが正義なのだ。

日本一倒れそうなボウリング場決定戦!!
「ガターに自分のメガネや携帯が置かれている。」
とんでもないプレッシャーだ!ガターにだけは玉が転がらないように、細心の注意を払って投げないと…。
「子供が一生懸命作った砂の城へ向かってドカーン!」
人でなしー!純朴な子供の心がズタズタになっちゃうよ!!
「フンコロガシが丸めたウンコでストライクを連発している。」
きたねーよ!意外な才能があったのね、フンコロガシさん!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 12:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog