コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

08 2009

ジャンプ49号感想

スケットダンス
「黒い髪の設定にしてもーたから染めたけど…おかしないかな…」
黒髪のヒメコは新鮮だ。服装も若干かわいらしい感じにして、ネコかぶっちゃってるな。
「ボッスンやん!?アンタ何でこんなトコに居るん!?」
サムライさんとプリンさんがついに出会う!でも、それがボッスンとヒメコだとは本人同士気づかず、なんだかおかしな展開に。
「こうなったらもう直接電話で話そう」
いつまでたっても現れないプリンさんに業を煮やしたボッスンは、電話で話そうとメールを飛ばす。今回はいつになく積極的だな。
「お兄ちゃん電話だにょん」
「キタ!」
携帯電話なら着信名が表示されるはずだから、ここでボッスンはプリンさん=ヒメコということがわかってよさそうなものだけど…。ヒメコだって、教えられた電話番号でサムライさん=ボッスンだってわかるはず。
まあ、二人とも緊張してるし、まともに頭が働かなかったんだろうなあ。
「あ もしもしぃ」
「あ どーも プリンですぅ」
二人とも緊張のあまりすごい顔してる!結構この二人、似たもの同志なのね。
「サムライさん ちょっとその場で ジャンプしてくれます?」
ヒメコもなかなか大胆なリクエストするな。
でも少年ならジャンプしないとな!少年ジャンプだけに!!(え)
「とうっ!!!」
「えぇ!!?」
両手を高く上げ、華麗に宙を舞うボッスン!ジャンプしてくれとは言ったけど、そこまで派手にやらなくても…。
「とうっ とうっ」
お望みとあらば、何度だって飛んで見せるさ!
なんだかジャンプするのが楽しくなってきた様子のボッスン!もう、バカ丸出しだな。
「やっぱりそうだ!!居た!!プリンさーん!!!」
プリンさんに会うために必死に飛び続けるボッスンの視界に入ってきたのは、ボッスンの想像上のプリンさんによく似た、通りすがりのむっちりしたおねーさん!
たまたま通りがかっただけなのに、汗だくのクセ毛の少年に変な言いがかりをつけられるとは、災難だな。
「え?マジ?プリンさん?」
「あ どーもー サムライさん はじめまして…やね?」
真実は時として人を傷つける。
知らなければ、あの甘い生活が続いていたというのに…。散々のドタバタ劇の末に真実を知ってしまった二人。恥ずかしくて冷や汗が止まらない!!
「…って行くかオイ!!!」
おあとがよろしいようで。
二人の息が合ったノリツッコミで、勘違いが生んだこのコメディにも幕が下りる。楽しい思い出が消し去りたい黒歴史へと変貌する、後味の悪い終焉…。


ジャン魂G!
サリパイ2コマ 「必殺技だっ!!!殿様ロボ」
「世界が嫉妬する髪」
これぞアジアンビューティー!美しい髪で敵を悩殺だ!!
「カメラ目線」
うぜぇ!これで敵を挑発して、スキを作るのか?
「みかんの皮の汁を飛ばす」
これ痛いよね!目に入るとすごくしみるんだよね!!

日本一イヤな枕投げ決定戦!!
「夕食中に開戦する。」
先走りすぎだろ!腹が減っては戦ができぬというし、ここはいったん休戦といこうじゃないか。
「最前線で戦っていた校長、見回りの体育教師に叱られる!」
へへ、年甲斐もなく、戦のニオイに昔の血が騒いじまったのさ。
「一人部屋さ。」
そもそも枕投げが成立しねーじゃん!それとも、旅館の霊と戦うのか?
「今思えば、あれが第3次世界大戦の引き金になったんだな…」
そんな大事になっちゃったの?「戦争は戦争を養う」とは言うけれど…。

王子のお部屋
「白雪姫王子。人の家に勝手にあがりこんで眠りだすS。」
ただの寝不足の図々しい人じゃん!誰もお前にキスなんてしねーよ!!
「フライング王子。「明日、お前のサプライズパーティーやるから」と言ったF。」
台無しだー!その発言が一番のサプライズだよ!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 18:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog