コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

07 2005

ジャンプ31号感想

ボーボボ
「さらされた驚愕の未来の景色と現実の景色が今…………1つとなる!」
うんうん、1つに・・・なってねぇ~!!
でも後者のほうが本人は誇らしげ!!!なにゆえ!?
「………… その結果ビュティは吠えるのであった」
吠えるんだ!?
「コレ全然ちゃうやんけ!!!!せっかくの再会がどー見ても何から何まで台無し度大幅UPしちゃってるよ!!!」
関西弁になってもうた!!
そりゃビュティさんもツッコミに力が入るわな・・・。
「マチュピチュマチュピチュ」
まだやってたのか!!
ただ「マチュピチュ」っていう言葉の響きが気に入っただけだろお前!!
「もとウンコだった人ーーーーーーーーーーーー!!」
まあそういうことですね。
「任せろ!!鼻毛真拳奥義『釣りッキーズ・アタック』でソフトンを釣り上げる!!!」
出た釣り人!!グラサンが渋いぜ!!
「そしてオレはこの便所沼の主『勉強デスク』をGET!!」
「ピカピカにしてぇ
ピッカピカの♪一年生♪
「そのまま鼻毛真拳発展系奥義『カッパ達の超スパルタ勉強会』!!!」
「現代のゆとり教育の真逆を行くゆとり0%の奥義出たーーーーーーーー!!!」
スパルタがいいとは言いませんが、多少の詰め込み教育は必要だとは思いますよ。
「36+48=84・・・ ぐばぁ!!!」
「きゃああああ イルカの限界点を超えたーーーーーーーー!!!」
2ケタの足し算で!?
そんなことじゃイルカ大学合格なんて夢のまた夢だぞ!!
「!! おま・・・・・・浮き輪!?」
イルカのくせに泳げねーのか!!じごくのイルカ!!
「便器の側面をカッコ良くすべっていったーーーーーーー!!COOL-----!」
カッコイイか!?しょせんは便器ですよ!?
「私もいく!!」
生き別れの実の兄を救うため・・・彼女は戦地に赴く!!
「あ!ビュティ」
今度はちゃんとついていったな!!ヘッポコ丸!!
「ハイハイみなさん勇敢なことですね オレはやだね・・・危険な目に遭うのは」
自分には関係ないことだと達観しているドライな天の助!!
「これは先日オレが天の助の机の中から発見した『天の助恥じらいのポエム集2』だ」
トイレコロシアムでの3大文明戦をほうふつとさせる展開!!(8巻参照)
あの時は「オレの人生の汚点!!!」とまで言ってたのにまだ書いてたのかよ!!
「 『瞳』  ところ天の助
吸い込まれるぜ魔力的に。魅惑的なその視線の先でおどらせてくれ。 ああ・・・魅せられておどりたいぜ」
誰に向けて書いたのこのポエム!?恥ずかしー!!
「何とち狂ったポエム書いてんだテメー!!!」「ぶへら!!」
首領パッチの鉄拳が天の助を襲う!!これがどつきツッコミ!!
「本を返してほしくば戦え」「イエッサーー!!」
ルナーク大佐?
「オレは幾度となくこのような窮地を制してきた!!!」
くぐってきた修羅場の数が違う!!数々の死闘が男を強くさせる!!
「鼻毛真拳奥義『体感☆パラダイスGAMEゾーンXサマーVer(バージョン)』!!!!」
ボーボボワールドが発動した!!
「ここは我が故郷ハワイ!? 水が・・・水がウメー!!」
やはり生まれ育った土地の水はうまい!!それが郷愁!!
「いくぞ 鼻ゲーパート1『マジ人形つかみキャッチャー HANAGE・改』!!!!」
先っぽとがってるんですけど!!危険度MAX!!
「ぐったりしてるーー!!コレ人形なら絶対いらないよ」
こんなに人形ボロボロにしてどーすんだよ!!
「・・・と見せかけて火山口にどーん!!」
意表をついてきた!!
「取りすぎ大噴火ーーーー!!!」
意味わかんね!!もう大フィーバー!!
「ハイ♪ そのまま謎のちくわ覆面Xの『ちくわ体操第1』!!!」
謎のちくわ覆面X、ちょっと不気味でいい感じ!!
てことは『ちくわ体操第2』もあるんだ!?もうノリノリだな!!
「続いて鼻ゲーパートⅡ『金魚すくわれ』だーーーーー!!!」
主客転倒!!
今まですくわれてたぶんだけ思う存分すくってやってください金魚さん!!
「うおおおおおおお 全国を目指したオレの金魚スマッシュ!!!」
すくう気全然ねーなコイツ!!
かってんぐわー!!(沖縄弁!?)
「落ち着け生物(ナマモノ)ーーーーー!!!!」
金魚はやはり水の中が似合う!!水を得た魚!!
「ここで昼飯タイムよ『天ちゃんのスペース幕の内』を召し上がれ
スペースインベーダー!!
「中は素敵な幕の内弁当よ
幕の内弁当はバラエティ豊かなおかずが売りだろ!!ところてんだけって!!
「鼻ゲーパートⅢ『水中オムツ・エクスプレス参上』!!!!」
おむつみこし!?ソイヤ!ソイヤ!
「3年以上のオムツ経験のあるヤツはこのエクスプレスの乗員資格有りだ!! さあかつげ!!」
てことは3歳になってもオムツばなれできなかったってこと!?(修正しました。)
もっとはやくやれよ!!
「これがオムツの重圧だーーーーー!!!!かみしめろーーーー」
誰もがお世話になっていたオムツ!その貢献は計り知れない!!
「さあこの電車という名のオムツをかついで無事にこの水道管迷路をクリアしてみせよーー!!!!」
なんだこりゃ?ルートもゴールも変なのばっかりだ!!
「自賠責保険の期限切れが心配だ」
保険の更新はお早めに!これ鉄則!!
「水竜復活『バブルファイアーー』!!!」
ドラゴンを召喚したー!!カッコイイ!!
「今日の運勢 とびきりZENKAI憂鬱気分」
憂鬱なんだ!?でてこいとびきりZENKAIパワー!!
「これならお兄ちゃんを助けられるよ!!!」
ビュティは兄の無事だけが心配でしょうがない!!
「王様の耳はロバの耳ーーーーーーーーーーー!!!」
「体感」「ロバグバッ!!!」
本当にロバの耳生えてきてるし!!どうなってんだ?
「緊急発令!!鼻ゲーパートⅣ『魚雷の散歩でボウリンGU☆』をクリアせよ!!!」
恋人の危機に魚雷先生が馳せ参じる!!
「何かいろいろ出てきたーーー!!!!」
なぜか分身した魚雷に加えてトゲやところてん、ミサイルに乗ってボーボボもやってきた!!
さすがにこれは多勢に無勢!!
「愛する人に捧ぐ極悪斬血真拳超奥義『海底大戦争2005』!!!!」
愛とはかくも激しいものなのか!?
「ぎゃあああああストラーイク☆」
やられてもなんか楽しそうだなお前ら!!
「弱ったところを間髪いれずに鼻ゲーパートⅤ『謎のちくわ覆面X’Sのフォーミュラー1』!!!!」
敵の弱みに付け込むのが残酷な勝負の掟!!
ちくわ増えてるし!!ウザさも何十倍にも増幅された!!
「チクワチクワ♪」「チクワチクワ♪」
この夏くるよ・・・ちくわ体操!(こない)
「捨てた!!!!」
ゴミはゴミ箱へ!!
「一気にいくぜ鼻ゲーパートⅥ!!『鼻毛太鼓の2兄弟』だーー!!!!」
バカ2人が太鼓の面に!!太鼓の達人!!
「うおおおおお16ビート」
めちゃめちゃ早いリズムじゃないか!ロックンロールだぜ!!
「見ろ!オレの太鼓の音が1つに集まって・・・時空の壁を突き破るぞ!!!」
なんか変な奴らがいっぱい出てきたー!!
「コイツら読者募集のキャラだーー!!!」
なんかおざなりな使われ方だな!!
「いつまでもこの世界にいてはいけません」
「はなせMr.男犬!!」
こいつMr.男犬っていうの!?マッチョな体とファンシーな顔がアンバランス!!
「達者でな 地獄のイルカ」
せめてものはなむけに・・・激辛カラシをどうぞ!!
「ぎゃああああ ちっきしょ~~」
名残惜しくも時空のかなたに消えていった地獄のイルカ!!
デジョンだなデジョン!! byFF
「鼻毛真拳超絶奥義『体感・イリュージョン鼻毛空間Z』!!!!!」
すべては幻影のかなたに・・・。
「おかげで体があったまったぜ! 悪いな 溶かしちまって」
これはまだ肩慣らしに過ぎない!!
底知れぬボーボボ!!
「5区総隊長アイスン・シェル・ヤボウ=撃破!! 北の塔陥落!!」
今頃ヤボウって名前わかったけど、結局なんだったの!?
「お兄ちゃん大丈夫!!?」
「・・・・・・ああ 何の心配も無い」
元の顔に戻っちゃった!!でも元気そうでよかった!!
「一巻き増えてるーー!!!」
これは進化なのか!?
「つづくぜ!! 来週もチェキチェキ!!」
要チェケラ!!


ネウロ
「好物は流しソーメン。」
夏の風物詩~!!!
ていうか本当に流しソーメン食べたことあります?僕はありません。
つかみそこねて、下に流れていったソーメンがもったいないような気がします。
「どう見ても尾行には向いてないよ ・・・あんパンは雰囲気づけに持ってきたけど」
それ刑事ドラマの知識だろ!!用意周到だなヤコ!!
でも雰囲気って大事ですよね。
「今の貴様でははきだめにゲロだ」
「ツルね ゲロ目立たない」
ゲロこそまさにはきだめにあるものだよ!!
「では貴様をゲロにしてやろう 喜べ お似合いの嘔吐物になれるのだ」
喜べないよ!!ゲロとお似合いな人ってどんなだよ!!
「魔界777つ能力(どうぐ) 毒入り消毒液(イビルキャンセラー)・・・」
ネウロの口内からゲロみたいな物体発射!!
「液体が色を発して背景との色彩差を相殺する いわば消視液だ」
それはカメレオンのように自分の姿を見えなくさせるアイテム!!
「指は何本だ?」
「・・・・・・・・・わかんない・・・」
強いて言えば2本だけど、指が枝分かれしてるからよくわからん。
「ターゲットのお出かけだ」
追跡対象・堀口明が動いた!!
「な?ここまで近づいても気づかれない」
「私の顔のパーツのほうが近づくよっ!!」
口思いっきり持ち上げとる!!これじゃ顔のパーツが上部に片寄っちゃうよ!!
「逢引やーー ダンスの練習ではないのは間違いないな」
ダンスの練習はないでしょ。
「大人しくしてたか?生け贄ども・・・」
彼が夜な夜な行っていたこと・・・それは残虐な動物虐待!!
「おまえらを『箱』に詰めてやろう 飼い主の下で無駄に飼われて生きるより・・・ずっと有意義で幸せな一生だぞ・・・」
どこが!?
狂気に満ちた少年!!
「・・・ほう・・・ 線の細い引きこもりのボウヤが・・・なかなかのやんちゃをしてるようだ」
やんちゃで片付けられるようなレベルじゃねーだろコレ!!
「あッ!?」
首痛めそうなぐらいの勢いで思いっきり振り返る堀口!!
ヤコはついつい驚きの声を上げてしまう!!
「・・・・・・!! 誰かつけてやがったのか・・・」
ターゲットに気づかれてしまった!!
「・・・・・・チッ 逃げる用意も周到だったようだな・・・」
ロープを使ってあっという間に逃げ出した堀口!!
みすみす逃してしまったネウロ!!
「声さえ出さねば我々の存在は気付かれなかったものを このセミめ」
「…… んーーーー なかなか節足動物から抜け出せない・・・」
でも順調に進化してるじゃん!!やったねヤコ!!(やったのか?)
もうすぐセミがうるさい季節ですね・・・。
ちなみに、セミについてくわしくはこちら
「これ・・・ひどいよ あの人ストレートに異常だよ」
あからさまな異常性に吐き気を覚えるヤコ!!
「血の種類によっては事件の意味が違ってくる 警察を呼んで調べさせよう」
もしこの大量の血の中に人間の血が混ざっていたら、彼は凶悪な殺人犯ということに!!
「この手口はまさしく奴の X(サイ)の仕業じゃねーか・・・」
堀口の手口は有名な犯罪者の手口に酷似している!!
「ホラ 先生の頭が回転を始めました」
うん。確かに回転してるね。物理的にね。
「そしたらそいつが・・・この現場の犯人って事じゃねーか!!」
「こいつはひょっとすると・・・えらい大物にたどりつくかもしれねーぞ?」
「もしもこれから・・・おまえらに案内されて行った家に!あのX(サイ)がいたなら!!俺は大手柄どころじゃ済まねーぞ!!」
自分が大手柄をあげられるかもしれないと、警部補・筒井壮太はもうウキウキ!!
「・・・これは驚いたな さっきは気がつかなかった この漂う空気・・・妖気に近いものを感じるぞ 地上(うえ)に来て大分たつが・・・こんな気配を感じたのは・・・ ・・・始めてかもしれないな」
ネウロが妖気に近いものを感じるほどの犯人、X(サイ)!!
ひたひたと忍び寄る悪意!!
「X(サイ) 魔人であるネウロは知らないが 私は・・・いや おそらくほとんどの人間は・・・彼の名を知っている」
「X(サイ)とは世界中を恐怖の渦に叩きこんだ・・・犯罪者の中の犯罪者だ」
世界に名をとどろかせるほどの凶悪犯、X(サイ)!!
この家では、いったいどんな恐怖が待ち構えているというのか!?


デスノート
今週のニア・・・出番なし
今回もニアの出番は扉絵だけです。
ぶーんぶーんとおもちゃの飛行機で遊んでますね。
天才的に頭がいい人って、意外と幼稚なところがあるものですよね。
アインシュタインしかり。

「見っけ」
ライト達を観察していたおかげで、現在のデスノート所有者を発見したシドウ!!
「おっ シドウが始動(しどう)したぞ」
・・・ダジャレ?ダジャレですか大場先生!?
「あいつの頭じゃ人間から取り返すの難しいだろうな」
「ああ 利用されまくりそうだ」
さすが付き合いの長い死神達はよくわかっていらっしゃる。
もう言われたい放題のシドウ!!
「チョコ・・・って美味い」
リュークのりんごに対して、シドウの好物はチョコになりそうですね。
「人間界にノートはもう1冊ある・・・どこにあるかわかるな?」
死神を目の前にしても臆することなく、利用しようとする度胸あるメロ!!
「なんだ こいつ・・・人間のクセに怖~」
シドウはそんなメロに戦慄を覚える!!ビビリ!!
「怖っ・・・ 二級って一級の次だよな・・・」
うん。そいで三級は一級の次の次だよ。
「ジャック 目の取引をしろ」
「いや・・・流石に残り寿命半分は・・・」
ジャック(スナイダー)に目の取引を命令するメロ!!
しかしジャックは当然のごとく恐怖を覚える!!
「ジャック・・・今死ぬよりよくないか?」
目の取引をしないならば今殺す!!
ジャックを脅迫するボス!!
「見えます 皆の名前と寿命」
不本意ながらも目の取引を行ったジャック!
てかすげぇ顔してるな!!(笑)
「面白いなジャック 俺とメロ以外の寿命 後で俺にだけ教えておけ 偽名のヤツの本名もな」
ジャックが得た死神の目をとことん利用!!
部下達の管理にも役立たせるボス!!
「キラからノートを取ったら一冊はおまえに返してやるよ」
「えっ・・・なんで・・・返してもらう為に来たのを・・・こいつ凄い・・・こいつについていこう・・・」
ノートという”餌”をちらつかせ、シドウを仲間に引き入れることに成功したメロ!!
シドウはすっかりメロに心酔!!
「間違いない 死神がいる!!」
新たな死神の存在に気づき、動揺を隠せないライト!!
「どうなってる リューク」
状況がわからないライトはリュークに質問する!
「『たぶん』じゃ駄目なんだよ」
「じゃ絶対」
でもなんとも頼りないリューク!!ライトごきげんななめ!!
「ここでミサを殺しておくべきか……………」
ライトすげー悪い顔しとる!!
ミサから自分にたどり着かれることを恐れ、何のためらいも無くミサを殺すことを考えるライト!!極悪!!
「こうなれば短期で決着をつけてやる もういくつか策も考えついた」
勝負は短期決戦!!ライトの逆襲の策とは!?
「また自殺か・・・」
作戦に失敗した特殊部隊の隊員達は自ら命を絶つ!!
悲しきかな殉職精神!!
「特殊部隊を突入させたが失敗・・・それで自分が操られることを恐れ核のボタンを押す前に自殺・・・だったら随分立派な大統領だな・・・」
世界の為に・・・己の命よりも世界平和が乱れることを恐れ、拳銃自殺を遂げてしまった大統領・・・。
「SPKか・・・Lの方か・・・それとも・・・」
シドウを手に入れ、無事生き残ったメロ!!
徐々にキラに、真相に近づく!!



ジャンプフェスタ・アニメツアー’05
「ついに銀さんがアニメになった!!」
ついに銀魂もアニメ化ですか・・・。
地上波で見られる日もそう遠くはなさそうですね。


ナルト
「さーて・・・そう簡単にいくかな? チヨバア様よ」
本体が別で、人形の顔はアレだっただけに予想はしてたけど、やっぱり美形だったか!
昔のまま、年をとっておらず若い姿のままのサソリ!!
それは彼が三代目風影を殺したことと何か関係があるのか?


ムヒョ
「こんなものオォ・・・・・・こんなものオォオォ!!!」
フリーザっぽい!!!
・・・ただそれだけです。すいません。
ひょっとすると狙ってるんですかね?
「さあ・・・何のことかしら・・・?」
絵に描いたようなとぼけ方!!
どー見ても怪しいリオ・・・彼女が隠し持つ秘密とは?
実は彼女はエンチューの手下だったりするのか?


特別読切 未熟仙
「特に色のついたビンは絶対に開けるな!あれには恐ろしい災いが入っている」
そんなこと言われたらめちゃめちゃ開けたくなっちゃうでしょうがぁ~~~~~~~!!!
仙人なのに、人間の性(さが)ってものをわかっちゃいないな!!
「死ねばそこで終わりだっ!生きてさえいればやり直しや成長もありうるっ!」
まさにそのとおりですね。
一度や二度の失敗にくじけることなく、その失敗から学び、成長することが大切です。


じゃんぷる
「じゃんぷるに高橋名人がやってきたー!!!」
マジで!?
てかすっかり変わっちゃったね高橋名人・・・ツルッパゲになっちゃって・・・。(涙)

「100万本売れるキャラを選んでプリリ~」
どんちゃん顔出ししちゃったよ!!いいの?
確かに前髪後退してますね。どんちゃん・・・。(涙)

ゲーム魂
100万本売れるRPGの主人公と仲間たち
主人公部門
「瀬中(ぜなが)礼央(れお)
名前を逆さから読むと『おれがなぜ!?』」
これはネーミングの勝利ですね。
主人公は普通でいいんです。それが成長していく様子が面白いんです。

仲間たち部門
「魔王
実はダジャレ好きだが自分のダジャレを認めてもらえず、暗黒面に落ちて魔王と化したのだ!」
最初の仲間がラスボス!?斬新ー!!
ダジャレ好きって、『半熟英雄』の「ハデデス」みたいですね。
「シカク
魔王の呪いで四角い顔にされた自称戦士。父は有名な戦士だったが魔王に殺された。特技は逃げること。」
『クロノトリガー』の「カエル」っぽい!!
戦士のくせに逃げるのが得意なのかよ!!戦士の誇りはどこへいった!?
「名刀・真光(マサミツ)
『お前、くさったバナナみたいな色の髪してんな。』
呪いでこんな姿になったが元は人間。毒舌で人の心に傷を負わせるという意味では、キレ味バツグンだ!」
精神的なキレ味がバツグンなのか!!
くさったバナナみたいな色って・・・。
「ネコ
ネコです。まあまあの戦力。詳しいことはあまり知られてません。強いんだか弱いんだか。ネコだから。」
何その投げやりな説明!?
でもこういう一見なんでもないようなキャラが物語の根幹に関わっていたりするんだよな!!
「リー・ジャッキー
大根を用いる拳法を使う。」
大根拳法!?てかこれブルース・リー+ジャッキー・チェンじゃん!!
大根をどう使うって言うんだ!?魔剣大根ブレードか!?
「リサージュ曲線
2つの自然数a,bが与えられたとき、媒介変数tを用いて・・・(中略)で表される曲線。受験生を混乱させる。」
もはや生物ですらねえぇ~~~!!!!
正直爆笑した。ただの線かよ!!(笑)

高校数C曲線ってことですね。もうこいつはどんな攻撃をするのかと。あと正面はいいけど、横から見たときどうなっているんだろうと。それを見たくて選びました。 by名人
てか数Cとか無理だから!!ぶっちゃけ数Aでもうつまづいたから!!
横から見ると・・・単なる縦の直線になるんでしょうか?

ハッピー天国
「寝グセがかっこよかったとき。」
これがほんとの無造作ヘアー!!
「『&』がうまく書けたとき。」
なかなか難しいよね!!
「まだお前のほうがちょっとはマシだと言われたとき。」
それは喜んでいいのか?ちょっとバカにされているような気が・・・。
「街を歩いていてふと横にいる人を見たらダンディ坂野だったとき。」
会ったの!?ダンディに会ったの!?
ダンディって、一発芸人の代表みたいなヤツでしたね・・・。
ゲッツ!!


巻末作者コメント
「29号255ページの5コマ目のセリフ『スナイダー』は『メロ』の間違いです<小畑健>」
やっぱり間違いでしたか。
入稿する前に編集者あたりが気づいてほしいものです。
「皆様の応援のおかげでオリジナルアニメになります。今週のジャンプはジジイになっても捨てません。<空知英秋>」
よっぽどうれしいんですね空知先生!
気持ちはわかります。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:08 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog