コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

22 2009

ジャンプ42号感想

スケットダンス
「あの時 秋菜が怒った理由が全部わかった気がした」
友情も恋も、転校によって別れを告げなければならないことを知っていた秋菜。その悲しみは、大切な友達に八つ当たりをしてしまうほどに大きかった。
「思い出も空っぽになったらやだな」
怒った秋菜の手によって、窓から投げ捨てられたドロップの缶。それは二人の友情の証。
「ごめんね!千秋… 私がいけないの 変に意地になっちゃって…!」
好きな人がキャプテンと仲良く話している様子を見て、嫉妬してしまった秋菜。ケンカしてギスギスした状態のまま別れたくなくて、涙を流しながら謝る。
「缶 大事にするよ 千秋との思い出も」
スケット団と力をあわせて探し出した、失った友情の証。薄汚れたドロップ缶に見えても、二人にとっては大切な宝物。
「私達のドロップは 空っぽになんかならないよね」
友情のドロップに見立てた、色とりどりの風船。それは二人の思い出を鮮やかに彩る、スケット団の優しい演出だ。


リリエンタール
なんかほのぼのしてていいですね。リリエンタールを代表に、登場するキャラみんなかわいいです。
バトル漫画が乱立するジャンプに、こういうマンガがひとつくらいあってもいいよね。


保健室の死神
第1話は個人的に微妙な感じだったんですが、今週あたりから『ぬーべー』的な面白さを感じてきました。ていうか、病魔にとどめを刺したシーンが「鬼の手」に見えました。
主人公、ヒロインと、一話ずつ使ってじっくりとキャラを掘り下げてからストーリーを展開させていく予定なんでしょうか。考えてますね。
この作品はじわじわ面白くなっていくタイプなのかもしれません。藍本先生は絵はもともとうまいので、今後に期待ですね。


ジャン魂G!

今週はG-2グランプリの予告なので、ネタはお休みです。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 07:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog