コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2005

ジャンプ30号感想

ボーボボ
「前回のあらすじ」
「ノーウンコーーーー!!」「ノーウンコーーーーー!!」
まあ大体そんな感じ。
「ギョラショック!!!」
吐血した!!そんなにあのウンコ面がよかったの!?
「そんな・・・ソフトンさんが人間だったなんてこれ以上の驚きはそうそうないぞ・・・」
「お・・・お兄ちゃん・・・?」
「何ィーーーっ!!!?」
さっそく驚いとる!!もう前言撤回かよ!!
「ウンコさーん いつもみたいに輝いてくれー!!!」
「トイレ真拳奥義 つまったその後に!」
そんな技使ってたっけ!?つまる前にこまめに流そうぜ!!
「パビロン真拳奥義『エチオピアの白い味覚』!!!」
「うーんバナナ味」
アイスンってバナナアイスだったんだ!?
「いでよ!!バビロン真拳奥義『バビロンの失われし羅生門』!!!」
便器じゃん!!羅生門なんてかっこいいもんでもないよ!!
「この者は真の姿をさらすという大罪を犯しおったんや」
じゃあアイスン(ゆうこ)はどうなの?
「鼻毛真拳奥義『巨大ウエハースでトッピングーーー』!!!」
アイスにトッピングは欠かせない!!
「よくも姐さんを!!イルカパンチ」
腕短いから当たらないよそんなの!!
「なんの奥義『鳶職ジャンプ』!!!」
鳶(とび)職なだけにな!!これが職人技だ!!
「こうなったらあのアイス女の欲しそうな物を渡してやめてもらうっきゃねーー!!!」
物でつる気か!!いい作戦だな!!
「オレ銀杏!!」
それ秋の味覚だよ!!
銀杏は踏み潰すと強烈なにおいを放つから気をつけろぉ~っ!!
「じゃあオレはクーラーボックス!」
「オレは自転車」
「私は麦ワラ帽子と旗を・・・」
そんなかさばるものどっから持ってきたんだよ!!
「ソフトンINゴールデントイレ!!!」
「ソフトンが帰るべき場所に帰っていったー!!!」
そゆこと。
「自分ビュティの兄キっス」
そんなぶっちゃけ発言してたっけ!?
「バキュームバスターズ」
ゴーストバスターズみたいなもんか!?
「今からは止まってるヤツや下手な踊りをするヤツになぎなたが降りそそぐぜ!」
なぎなた!?こりゃまた和風だな!!
「だが安心しな!!うまく踊ってるヤツには招き猫が降りそそぐぜ!」
安心できねーよ!!招き猫でも当たったら痛いぞ!!
「フゥ♪」
じごくのイルカはフラダンスか!!ハワイア~ンだな!!
「シャカシャカ」
8区総隊長も意外といい動き!!
「ダンスバトルですって!?私達にできるかしら!?」
タンスバトルか!重々しいバトルだな!!
「ベリーGOOD!!!」
すごくいいんだ!?一体どういう基準なんだ!?
「そのまま鼻毛真拳超奥義『ヤンス・ガンス・レボリューション』!!!」
ダンス・ダンス・レボリュ-ション風に!?
ボーボボは『おそ松くん』のイヤミみたいだ!!シェー!!
「くっ・・・テメーらもダンサーだったか 上等だ踊り殺す!!」
なんで正装してるの!?
「ペロペロ真拳奥義『エコー・ザ・ドルフィン』!!!」
なめなめ真拳じゃなくてペロペロ真拳を使うのか!!
「この超音波を浴びたものがどうなるかわかるな?」
「ぐわああああイルカになるーーーーーーー!!!」
そーなの!?ノリいいなこいつら!!
「コレ イルカの天敵のサメさんだーーーーーーー!!!!」
急にリアルになった!サメは人を襲うこともあるから怖いぞー!!
「くらえ!!鼻毛真拳奥義『水中丸かじりサメ』!!!!」
鼻毛全く使ってないじゃん!サメさんにおまかせじゃん!!
「ぎゃああああ弱肉強食ーー!!!」
それが自然の掟!!
「グフッ・・・切り身にされたぜ」
静岡県東部ではスーパーでイルカ肉を売っているらしいけど、イルカの肉はあんまりおいしくないらしい。
「今回ばかりは皆に頼ってられない・・・自分の目で確かめにいかなきゃ!!」
自分自身で真実を確かめるため、くねくねと踊りながら単身戦場に向かう健気なビュティ!!
「あ!ビュティ 危険だ戻るんだー!!!」
お前がボディガードとしてついてけよ!!ヘッポコ丸!!
「お前らをダンサーとして認めるぜ!!死ね エンジェル真拳奥義『ウイングステップ』!!」
ダンサーとして認めちゃったの!?あれで!?
「小僧・・・オレの真のダンスを見せよう」
ドロンと出てきた!いつの間に忍術体得してたの!?
「マチュピチュマチュピチュ マチュピチュマチュピチュ」
「これはインカ帝国に伝わりし伝説の空中都市ダンス『ソウル・DE・マチュピチュ』!!!」
そーなの!?妙な踊り(?)だな!!
ちなみに、インカ帝国について詳しくはこちら
「さすがですおやびーーーーん♪」「ステキすぎ
おやびん信者も大満足!!
「いくぜ鼻毛真拳奥義『100回転ブレイクダンス』!!! てかパナ!!!」
パクリか!!パナなんて、懐かしいヤツ持ってきたな!!(10巻参照)
「バビロン真拳奥義『カムチャッカ半島のうつろなる埋葬舞踊』!!!」
やっぱりバビロン真拳ってどっかの地名が技名に入ってるんだ!!
「バビ・・・・・・・ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン!!ロン」
「自称バビロン真拳超奥義『雀鬼流夢の上がり牌乱舞』!!!」
玄人(バイニン)だったのお前!?房州さ~ん!!
「役満アンド跳満満ガン直撃単騎ドラ4フィーバー!!!」
もう何がなんだかよくわからんが、とりあえずすごそう!!
「くっ・・・姐さん 今助けに行きます」
じごくのイルカもくねくねしだした!!
「さあダンス勝負といこうぜ!」
「古っ!!!そしてダサッ!!」
いつの時代のミュージシャンだよ!!すげぇ格好だな!!
「喰らえ『ペンライト・エクスプレス』!!!」
「ぎゃあああキレイすぎるーーーーー!!!」
何このノリ?楽しそうだな!!
「ゲゲゲ・・・・・・ もっとだ・・・もっとつぶしあえ・・・」
8区総隊長はまだ見ぬ第3勢力のスパイなのか?
「ソフトンさんは・・・お兄ちゃんはアナタなんかに絶対負けないよ」
実の妹だからこそ・・・兄に対する絶対の信頼!!
「馬びろ~~~~~~ん!!!」
イマイチやる気が感じられない!!
「・・・・・・今までずっと黙っていてすまなかったな・・・」
「お兄・・・・・・」
生き別れの兄妹、感動の再会・・・!!
「大きくなったな ビュティ」
とすんなりいくはずがなかった!!
馬びろ~んに食われとる!!招き猫とかにも埋まってるし!!
「・・・ってこれ全然感動できないーーーーーーー!!!!」
でしょうね。
「せっかくの感動シーンなのに最悪な再会だーーーー!!!2週間前のは何だったの!?」
結局、2週間前のはいつもの嘘あらすじだったのか?
「全ては敵の罠!!許すまじ!!」
全部敵になすりつけた!!これが責任転嫁!!
「つづく」
クッ・・・ムカつく!!


発表!!傑作読者ハジケキャラ!!
「ペナントさん 京都と書いてあるのに、どっちかっていうと日光のほうが好きなハジケリスト」
存在自体が矛盾の塊だな! 日光猿軍団は一度見てみたい。
「おしぼり」
ショボイ名前にもかかわらずかっこいいキャラだ!
「Ms.田中」
Msってことは女性なのコイツ!?
「田中”ザ・ダークネス”コロ」
妙にやさぐれた、かわいげのない犬ですね。
「ポイポイ 強さを極めし賢者の一人」
ウザッ!
「カマ凹 正体は謎に包まれている・・・」
どーみてもカマボコだけど。足と顔があるにはしても。
「巨大・焼鳥(ギガ・フェニックス) 身長・・・200m 倒れることによって敵を潰す。」
こいつぁでけえ・・・猛烈にでけえよ・・・。


アニゲボ
「『ビギンネットワークス』新商品の正体は、食玩でした!」
ガム菓子に缶バッチ(全20種)とシールがついて105円!安い!!
よさそうな商品ですね!!



デスノート
今週のニア・・・出番なし
扉絵だけには出てましたが、ヒキガエルみたいなしもぶくれの顔に描かれてましたね。
だんだんメロのほうがイケメン担当になってきました。

「伊出さん 恋愛した事ないんですか?」
「馬鹿とは何だ それに俺だって恋愛くらいーー」
これだけムキになるってことは、間違いなく恋愛した事ありませんね・・・。
彼は真面目そうなので、色恋沙汰には全く興味を示さず、ひたすら仕事に打ち込んでいたんでしょうね。
「やった!完全に二人を出し抜いた やはりノートと眼球(ミサ)を持っている僕は最強だ!!」
ミサの眼によって探し出したスナイダーをノートで操り、ついにメロの居場所をつきとめたライト!!
「ライト またミサ ライトの役に立てたね?」
「ああ 愛してるよ ミサ」
ライト、顔怖っ!!目がすわってるよ!?
セリフと顔が一致してねぇ~!!
「なんで俺がこんなことを・・・見張りなんて・・・ ああ面倒くせ~ でもノート返してもらうには・・・」
完璧な計画のはずだった。これでひとつの決着がつくはずだった。
全くの想定外だった、新たな死神の存在!!
「こいつらを殺したらすぐ移動だ 準備はできてるだろうな」
ノートと眼球(スナイダー)、そして協力的な死神(シドウ)!!
ライトには決して手に入らなかった協力的な死神をも手に入れたメロ!!
もうメロの暴挙は誰にも止められないのか!?


ネウロ
「好物は野菜サラダのポテチのせ。」
ポテトサラダ食べればいーじゃん。
「高校って学食で選ぶもんでしょ?」
そーなの!?さすがグルメは考え方が違う!!
「あの子茹でたらプリッとして美味しいかな」
黒ッ!!黒いよヤコ!!好き嫌いがないのはいいことかもしれないが!!
「・・・もうエビピラフ食べれない・・・」
ヤコ、さっそく横取りして食っとる!!食欲がハンパじゃねーな!!
「人でなしッ」
えぇ~っ!?出会い頭にそれはないでしょ!?
「これが・・・『赤い箱』・・・」
出版社に運び込まれた、不気味な赤い箱!
「この目で見ても信じられないッス先輩・・・ その誰かがこのガラスの中に・・・丸ごと入っているなんて」
殺してバラバラにしたあげく、死体を箱の中に押し込めてあるわけか!
猟奇的にもほどがあるな!!
「・・・・・・ 先輩?」
妙な反応を見せる笹塚・・・彼は犯人と何か因縁があるのか?
「合図は・・・ ・・・そうだな このTVを魔界生物(わがはい)が全力で貴様に投げつける」
「ふざけんな!!」
死ぬ死ぬ死んじゃう!!一発で逝くよそんなの!!
「全然さりげなくないし・・・あんたにそんなのぶつけられたら死ぬでしょーが!!」
「・・・問題ない」
言葉に全く説得力がね~!!
「ぶつけられる前に・・・貴様が気づけばいいだけだ」
全く無茶を言う。
「・・・あのー・・・ 事件の依頼に来たんですが・・・」
「バッ!!」「ビタ」
ネウロ振りかぶったー!!ヤコ気づいたー!!
すんでのところで命拾い!!
「チッ」「『チッ』じゃねーよ」
ネウロ悲しそう!!でもぶつけられたら冗談じゃないよ!!
「夜中になると毎晩のように出かけて・・・普段は家にこもりきりなんですが」
ヒッキー君か!
「ある晩・・・たまたま夜中に帰った息子と出くわしたら衣服のいたる所に・・・血らしき汚れが」
そりゃ明らかにおかしいだろ!!さっさと警察に相談しろよ!!
「先生はへばりつくのは得意なんです ホラ サマになっているでしょ?」
へばりついてるんじゃなくて押し付けられてるんだよ!!
アヤ・エイジアもそうだけど、なんでここにくる依頼人はみんな鈍いんだ!?


ミスフル
「じゃあドラクエ先輩は」
「最強羽生将棋64版」
将棋好きだったんですかドラクエ先輩!?
しかもニンテンドウ64!?微妙になつかしー!
「FF先輩はどうですか?」
「とびだせ大作戦」
なんだそりゃ?と思って調べてみたら、ファミリーコンピュータ・ディスクシステムのアクションゲームだそうです。
レゲーマニアだったんですねFF先輩~!!


じゃんぷる
まんが☆王 『魔人ポルテ』
「ペロルとポロル」
トーンをまったく使わずにペンだけでここまで表現できるのか・・・スゴイ!
影や服のしわまできっちり描きこまれていて、鳥とその舞う羽が美しいです。
ほのぼのした雰囲気もいいですね。素敵です。
「魔人ポルテ」
ごちゃごちゃした装飾品と派手な化粧、生意気そうな顔つきが魔人っぽいですね。
ものすごい手間かかってるんだろうなコレ・・・さすがにレベルが高いです。
「ちっさいポルテ。ポルテの鼻くそから生まれる。鼻くそがある限り大量生産可能だ。非常に口が悪い。背中にあるのは剣ではなく、ピアニカ。」
かわいいけど・・・鼻くそから生まれるの!?
おまけに背中にしょってるのは剣じゃなくて鍵盤ハーモニカなんだ!?何ゆえ?
「壺の所持者が女性のときは、この姿で現れる。ニヒルなイケメン魔人を気取り、女性を手玉にとって利用し、わがまま勝手なふるまいをする。最悪の魔人である。」
ある意味一番たちが悪い。
「壺の所持者がおっさん、または政治家などのお偉いさんの場合には、むしろ話もしたくないので、このアホな姿で現れるのだ!」
魔人っていうか変人じゃん!!ヒデーなこれ!!!
「魔人の正体を隠すため、普段はこの姿でいる。人間の命令に従う気などさらさらないので、常にやる気ゼロ! めんどくせ~って感じ!」
目が死んどる!!横柄な態度だな!!
でも袴の模様が凝っていてきれいですね。
「占星術師ラウル」
ミステリアスな雰囲気!!ロマサガっぽい!!
「ラウルの占い」
でも占いは10円ガムの包みの迷路レベルだ!!ショボーッ!!
当たりのウサギちゃんが出るとどうなるんだ?
「ポルテの壺」
絶対魔人じゃなくてエスパーが入ってるよ!!賭けてもいい!!
「叶えた願い カエラはメールし放題!!」
カエラ限定!?お前らは!?
彼氏自慢メールなんかもタダになった! byどん
ぶっちゃけた話、彼氏自慢メールはいらない。
「ペルセア城落城」
アリさんたちは最強です。これが数の力!!
てかケーキのお城なんて作っても、どうせ数日で腐ってしまいますよね。

おまえらの大公約(マニフェスト)
「12位以内に入れなかったらジャンプにマヨネーズかけて食べる!!」
このマヨラーがっ!!
「50位以内には入れなかったらもう・・・・・・恋なんてしないよ・・・・。」
いつかその恋を笑って振り返れる時が来るさ・・・って関係ねーだろ!!
「もしも」「50位以内に」「入れなかったら」「???????」
古代エジプトのヒエログリフ!?読めねー!!
「ハガキが載るまでは『エサはいらん』とうちのポチが言ってる気がする。」
気のせいだよ絶対!!ちゃんとエサあげないと動物虐待になるぞ!!
「のらないと母さんが死ぬ」
母さんが!?家族を巻き込んじゃあいけませんよ。


巻末作者コメント
「誰と誰が仲が悪いとか、そんなニュースをそんなに毎日知りたがっている奴がいるんだろうか。<うすた京介>」
若貴騒動のことですね多分。
マスコミもネタがないんでしょうね・・・。
そしてワイドショー的なニュースを知りたがる人が多いっていうのが現実なんでしょう。
マスコミとは真実を流すのではなく、視聴者が知りたい情報を流すものです。
それが視聴率至上主義、商業主義の負の側面です。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。