コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

02 2009

ジャンプ22・23号感想

スケットダンス
「私は17年前キミのお母さんのお腹からキミを産ませた医師だ」
謎の男は医師だった。交通事故にあって危険な状態だったとはいえ、母親を死なせてしまった責任を感じ、わざわざボッスンに会いに来たのだ。
「赤ん坊はもう一人産まれていた…!」
母親を死なせてしまったことに責任を感じて、双子の片割れをこの医師自身が育てることにしたんだろうか。そしてそれが椿だったというオチかな。


ぼっけさん
「マジかよこの祭り全町民って 二万人近くここにいるって事!?」
「やっぱりこの「1万円分おひねり」効果かもね!」
金の力に物を言わせ、菩怪大集合計画を成功させた「四人組」!ざっと計算して、2万x1万で2億円か。どんだけリッチなんだよ!!
「甘い考えだったなぁ…」
偽りの平和に惑わされ、まんまと「四人組」の陰謀にひっかかったデモン。戦力差以上に、この危機意識の欠如が致命的だ。
「全町民に配った面 その正体は 菩怪の力を吸い取る「呪具」よ!!」
町のみんな、紅牛に元気を分けてくれ!菩怪の力を大量に注ぎ込まれ、不気味に変化するサユ!!
「われら四人組は菩怪の力で生き永らえているからねぇ…」
セクシーお姉さんに見えた黒兎も、実はババアだったことが判明!菩怪の力を吸い取られた今、しわくちゃ白髪のヨボヨボに!!
「これで 邪魔は…いない …ヒノ…」
ヒノにとって絶望的な状況。しかし、ただ一人菩怪の力を吸い取られなかった南区の菩怪、リングが突如反旗を翻し、「四人組」たちを惨殺する!
…ていうかお前ら、そういう一番大事な役は自分たちでやれよ…。
「おそ…くなって…ごめん…な 兄ちゃん帰った…ぞ… オマエに マツロバやりに…」
リングの正体は、変わり果てたヒノの兄だった。相変わらずイカレていた彼は、ヒノのヒーローであるために、手段を選ばずその身を捧げたのだった。
「いっしょに人に戻ろう」
力を吸い取るお面を自分とリングにかぶせ、全ての菩怪の力を紅牛に注ぎ込んだヒノ。菩怪と人の争いをなくすために、ヒノは全ての菩怪を人に還すことを選んだ。
「ご愛読本当にありがとうございました!!西義之先生の次回作にご期待下さい!!」
終盤のヒノの兄ちゃんのイカレっぷりは面白かったけど、スタートダッシュに失敗したのか、短期連載で終わっちゃったな。ユンボルといいチャゲチャといいぼっけさんといい、なかなか長期連載を経験した作者の新連載が長続きしないなあ。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 16:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog