コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

01 2005

ジャンプ感想ログ 13号

ボーボボ
「何この例え文!!?怖いよ!!」
オッサンに巻きつく蛇の図。気持ち悪いよ!(笑)
「出るかレア技?レア技出るか?」
バトルおたくの血が騒ぐ!メガネ何度も上げ下げしすぎだから!!
「お前はゲームボーイブタ!!生きてたのか」
どうでもいいところにたまにいるどうでもいいキャラが久しぶりに出たー!!
「そんな立派な鎧持ってんだったら最初から着とけよ・・・・・・」
切り札は最後まで取っておくもの。
「レア物だ!!超レア物やでーー!!」
エセ関西弁出たー!!なんでやねーん!!!(←お前もかい!)
「なっ・・・首領パッチが怒んパッチになってる!!!いつのまに?なぜ?」
読者サービスです。
「おう破天荒 元気そーだな」
コパッチのほうが格上だったんだ!?確かに破天荒のほうが新参者ですしね。
「・・・なんにせよ怒んパッチ君がボーボボと組んだら無敵だよ」
ちょっとビュティの目の描き方変えてみましたね澤井先生ー!!
「盆栽対決!!?どっちでもいいよそんなの!!」
何気に手先が器用だな怒んパッチ!!
「ハイドレートお前はもう死んでいるぅ!!」
ケンシロウかお前は!!興奮しすぎだよ!!舌出てるぞ、舌!!
「この前うめぼし食べた時こんな顔になった・・・・・・」
スッパマンかお前は!!古典的なリアクションだな!!
「そんな自分が許せねぇ・・・」
ロックンローラーみたいな感じになった!!
「このタコショボッ!!!てか全体的にショボいこの戦い!!」
シューティングゲーム?2Pキャラは絶望君だし!!
「どーゆーことコレ?仲間調理しちゃったの!?」
仲間全員殺しちゃった!?なんて残酷なシーンなんだ・・・。(え)
「ええっ!!?今のどこに泣き場がっ!?」
食後のオッサンみてーなクマだな!!
「素直でよろしい!!!許す!!!」
素直って大切なコト。
「うおおおおおマッハボーボーボー!!」
ギニュー特戦隊だーー!!懐かしー!!!
「ボーボボ 今回はお前にゆずるぜ・・・」
自分は縁の下の力持ちに徹し、見せ場は仲間に譲る。かっこいいぜ怒んパッチ!!
「スゴイ!!スゴイ!!スゴすぎやでーーー!!怒んパッチとか・・・要チェックやでー!!!」
まだやってたんかコイツは!!
「このバトオタ!!!」
なんかもう省略されてるし!!
「このハイドレートという男のサービス精神・・・最初から散りざままで見事!!最後までオレの立ち入るスキがなかった」
ずうぅー・・・っと出待ちしてたんですかサービスマン先生!?
世界3大変質者も認めるほどの変態・・・その名は闇皇帝ハイドレート!!(え)


デスノート page.59 零

「竜崎が密葬されて十日・・・僕たちは死なずに済むみたいですね・・・」
竜崎は本当に死んでしまったんですね・・・。(泣)
多分すでに火葬されて骨になってるんでしょうね・・・。残念です。
物語のマンネリ化を防ぐためにも、Lを死なせて新展開にしたほうが、大場先生も話が作りやすかったのかもしれませんね。

さらば竜崎・・・お前は世界一の変なヤツだったぜ・・・。(ほめ言葉)

「しかしワタリって実は凄い発明家だったんですね」
「いくつもの特許による資産を元に世界中に養護施設を創設か・・・」
ワタリの本名はMr.Quilish Wammy(キルシュ・ワイミー)。発明家でした。
もしかしたら、表向きは養護施設でも、実は才能のある子供に英才教育を施して天才を作り出しているのかもしれません。
その結果がLだったとか。竜崎は見た目からするとまだ20代ぐらいで若いので、2代目あるいは3代目のLだったのかもしれませんね。

「メロ やったな!」「ははっ」
笑い方がちょっとライトっぽい!!
「ニア たまには外で遊ぼー」「私はいいです」
こっちはものすごく竜崎っぽい!!

「こんなに簡単に・・・やはり竜崎がいないとぬるい・・・」
やはり竜崎はキラにとって最強のライバルでした。
そのライバルをレムに殺させるという反則くさい方法で始末したんですが・・・。

「これで本当にLとの決着はついたのか?」
「じゃあもうあまり面白い物は期待できないな・・・」
これはリュークが読者の気持ちを代弁しているととっていいでしょう。
「これからは・・・新世界の創世を見せてやるよ」
「これからが第二の戦いなんだ・・・」
そしてこれがライト=大場先生の答え。
Lが死んだことで終わりではない。キラの戦いは続く・・・。

「ミサ 一緒に暮らそう」
まだキラに逆らうものがいる以上、死神の目を持つミサにはまだまだ利用価値がある。
しかし、ライトがキラであることを知っているミサから足がつくリスクは最小限に抑えたい。
その結論が同棲。ミサを監視下に置くために。

「何故こいつは自分も利用されているという考え方はできないんだ・・・」
恋は盲目。

「L is dead.」
おそらく、死ぬ間際にワタリが押したデータ消去ボタンには、仲間(ロジャー)に自分の死を伝え、なおかつ一定時間内にLだけが知っているなにかをパソコンに入力して送らないと、Lも死んだということをも仲間に伝えるようになってたんでしょうね。
ワタリが死んだという事は、Lにも危険が迫っている可能性が高いということですから。

「メロ そしてニア 私の部屋へ」
おそらくワタリとは旧知の仲であろう、ロジャーがLの後継者に選んだ者は、メロとニアという2人の少年。(少女かもしれませんが・・・)
「Lが死んだ」
このセリフから読み取れることは、メロとニアはすでにLを知っていること。
また、そんな重大なことをあえて伝えていることから、メロとニアは相当期待されていること。つまりは二人ともただの子供ではありません。

ニアの手にするジグソ-パズルには”L”の一文字。
ニアこそLの後継者として英才教育を施されている者。

結局、死んだLに代わって第2のLとも言うべき新キャラが二人、キラの新たな対抗馬として現れるという展開になりましたね。
Lは第2、第3のキラまで相手にしたのに、第2のLがいなかったらフェアじゃないですもんね。

やはり、竜崎の最期のセリフ「が・・・ま・・・」は「が、まだキラを追う者はいる・・・」と解釈してよかったようです。
以前竜崎は「Lの名を継げる」とか言ってたので、Lとは代々引き継がれるものであり、また自分の後継者がいることをすでに知ってたんでしょう。

ニアはLっぽいので、竜崎のように天才的に頭がいいのかもしれませんが、メロはどうなんでしょうか?
頭がいいのを2人組ませてもしょうがないので、もしかしたらメロにはなにか特殊な能力があるのかもしれません。あるいはニアにも。
アイバーやウエディのように。

やんちゃで活発、元気で外交的なメロと、
ジグソーパスルが好きで、外で遊ぶのはあまり好きではない、内向的でおとなしく、集中力が高そうなニア。
『デスノート』第2部では、この二人が主人公となるんでしょう。
この対照的な二人がどんな活躍を見せてくれるんでしょうか?

2人ともまだ子供なので、ロジャーがワタリのような役割を果たすんでしょうか。
あるいはまだ他に協力者がいるのか?
いずれにしろ、新展開の『デスノート』。
20号からの再開が楽しみですね!!

ネウロ
「飢えた熊が人里へ降りてくるように・・・我が輩もまた『謎』を求めて地上へ来たのだ」
つまり、ネウロ=森の熊さん ということですね!(え)
「一億度の業火に耐える魔界生物の我が輩に・・・防御火壁とは片腹痛いぞ」
それあんまり関係ないよネウロさん!!本当に炎が燃えてるわけじゃないですから!!
「どの部分がへこんでいるのだ 腹はへこんでいないし・・・おお胸か!!」
ネウロさんは魔人なのでデリカシーというものがありません。
「うん その言葉でさらにへこんだ・・・」
否定できないところが悲しい。
「主食はファンレター!?常に飢えてる松井優征先生に応援のお便りを!!(柱)」
今度は疑問形になってる!?
ファンレターじゃなくて、ちゃんとごはん食べようよ!そうすりゃ飢えないよ!!
「冗談で言える事ではありませんよ 竹田刑事」
刑事が犯人ですか・・・ネウロは一体どうやってそういう結論に達したんでしょうか?

アイシールド21
「わざとギリギリでタイムアウトして止めたんだよ」
ホントかよ!?その割には尋常じゃないあせりっぷりだったよ!?
「ずっと・・・アハハ小っちぇなぁ俺今さらだけど・・・!」
「一度も敵にパス取られたことない」「着実に通るパスだけは絶対見逃さない」選手なんて役立たずであるわけがない!
なんだかんだで積極的に後輩とコミュニケーションをとって、先輩とのパイプ役になってくれる小判鮫先輩。
実は実力も人格も兼ね備えた理想的なキャプテンだったりして・・・。
「こむ・・・す・・・び・・・」
小結のタックルで水町を倒したおかげでタッチダウンの線の向こう側に倒れこむことができたセナ。
「チビでも最強になれる」ことを、結果で証明しました!!

じゃんぷる
ザ・ベターショー お正月にいるベタな人
「ドラクエのLV上げに没頭していたらいつのまにか年を越していたヤツ。」
やりすぎ。風流心のかけらもねぇ!!
「なぜかお年玉を預かると言って聞かないオカン。」
預けたが最後、もう二度と戻ってきません。(泣)

熱血!男塾
「ひとーつ!男なら、『だるまさんがころんだ』で鬼になっても、決して後ろを振り返るな!!」
決して後ろを振り返らない・・・それが男。
・・・ってそれは比喩表現ですから!「過去にとらわれない」みたいな意味ですから!!
「ひとーつ!男なら、休みの日にはぶらっと道場破り!!」
ぶらっとやるようなもんでもないよ!休んでないじゃん!!
「ひとーつ!男なら、最初のデートで結婚を申し込め!!」
気が早すぎだよ!相手ひくぞ!?
「ひとーつ!男なら、薬は水なしで飲め!!」
むせちゃうよ!!
「ひとーつ!男なら、”ソ”は青い空じゃなく、『ソイヤ!ソイヤ!』のソじゃあ!!」
意味わからん!御輿担いでるのか!?お祭り気分だな!!!
「ひとーつ!男なら、目覚まし時計は鳴るたびにブッ壊すべし!!」
いっくら新しいの買っても追いつかねー!!
「ひとーつ!男なら、窓ガラスを突き破って室内に入れ!!」
危ないよ!後始末が大変だよ!!

ザンゲのお時間
「先生、体育のソフトボールで球避けてごめんなさい。」
先生のみぞおちに入っちゃったよー!?これは痛い!!
「吉田クン、キミが一生懸命500玉を貯めている貯金箱に大量に5円入れといた。ありがたく思えよ・・・じゃなくてゴメン。」
お金にご縁がありますよ-に。(ダジャレかよ!)

アホ板
「えっ!?朝青龍の本名?知ってるわよ!!ドルゴルスレン・ダグド・・・ドルゴレス・・・ドゴ・・・あんた死ぬわよ。」
知らないんだったら無理しなくていいですよ細木先生!しまいには逆ギレかよ!!
「帯広市です」
ヒロシつながり?やっぱりモテたいんですかね?

ピューと吹く!ジャガー
とりあえずラーメンぶっかけとけばオッケー!!(笑)
そぉい!!

巻末コメント
「F(ファミレス)で担当にN(ネガティブ)な事を熱く語ってたらT(店員)に「F(ファン)です」と言われた。なんとなくM(もうしわけ)ないK(気分)に。<京介>」
略語多すぎですようすた先生!ふりがな小さすぎて読めませんから!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:28 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog