コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

23 2008

ジャンプ8号感想

ネウロ
「好物は味噌チーズフォンデュ。」
チーズフォンデュに白味噌を入れることがあるようですね。確かに色は似たようなものかもしれないけれど…。
「諸君は 諸君は…何を守るために警察に入った?正義を守るため?街や人を守るため?それとも単に手に職を得て自分の人生を守るためか ああ大切だ そのどれもが命をかけて守るべきものだ だが今諸君が最優先で守らなければならないのは!!警官としてのプライドだ 悔しくないか!?プライドをズタズタにされて悔しくないか!?1人の警官として!!傷つけられたプライドを取り戻せ!!犯人を探す者も!!2次犯罪を防ぐ者も!!市民の前にただ立って安心を与える役割の者も!!全員がプライドを持って仕事にあたれ!!バラバラになった警察のプライドを!!諸君らが拾い集めてここに持ってこい!!以上!!」
誇りと魂が込められた熱い演説!
警官一人一人の価値観と役割の大切さをそれぞれ認めつつ、今は何よりも「プライド」のために戦う必要性を説く笛吹。この言葉に奮い立たない者はいない!!
「じゃあちょっと署まで来い」
シックスの手下の動きを事前に察知し、すでに人員を配備しておいた笛吹。これはすごい!!
「人間をナメるなよ 馬鹿者が」
警官として、人間として。誇りと知恵と結束の力で「新しい血族」に立ち向かう。それが人間の強さ!!


スケットダンス
「センターカラー扉絵」
衣装を交換したスケット団の3人組!スイッチ服のボッスンは頭よさそうだし、ボッスン服のヒメコはボーイッシュでかわいいし、ヒメコ服のスイッチはかっこいいな。腕ヒョロくてジャージはいてるけど。
「大好評らしいじゃないか あの漫画 「生徒会執行部だンス!!」だっけ?」
どこの方言だよ!語呂悪いな!!
「校長の私も鼻が高いよ」
「はあ そっすか」
超他人事!校長を目の前にしてその態度はどーなの!?
「パチンコビバリーボトル!?」
ディラン&キャサリンをモチーフにした新型パチンコ台みたいだな。
このコマのデージーのやる気の感じられない表情がステキ。ゴムじゃなくて、くしゃくしゃのリボンで髪をまとめているみたいだな。
「いかにも週刊少年ジャンプの腐れ編集者が考えつきそうなクソ企画だ」
ヒル魔やムヒョ並みの毒舌を吐く安形!そんなキャラじゃなかったよね!?
「アレ?何でそんな言い方するんだい?誰か取り憑いてるの?」
作者の個人的な恨みが感じられるぜ!!
「ちなみに大体おいくら程で優勝できるのでしょうか」
笑顔で買収を提案するミモリンが黒すぎる。金がすべてという家庭で育ったんだろうか。
「回りくどい言い方は必要ない 会長の命令は絶対 ただ一言 やれと言えば済む話」
「じゃあやれ」
「了解」
デージーって、こんな軍人みたいなキャラだったの?お前はレオナか!
「実質会長業はお前に任せてんだしこういう時だけオレがハバ利かせるのも道理に合わねえ 椿 お前が決めろ」
キッチリ筋を通す、男前な安形!なんだかんだいって会長なだけはあるな。
「では やりません」
だが断る。(岸辺露伴
周囲の意見に惑わされず、あくまで持論を曲げない椿!
「今後お前の事を空気読め男と呼ぶ」
KYにも程がある椿に嫌なアダ名をつける安形!怒ってるじゃん!!
「パチンコビバリーボトル!?」
天丼ネタか!お前らどんだけパチンコに興味あるんだよ!!
「ヤバ沢ゴールデンアバズレエルボー?」
プロレス技みたくなってるし!アバズレとか言っちゃってるし!!
「ビバゲーシティとは!!」
アバターに「2人はナーバス!」、ゲームに「『魔法のペテン師 リアリティ☆マジ」が!
リアリティ☆マジのゲームって、敵をひたすら土に埋めていくゲームだったりするんだろうか。(嫌なゲームだな)
「オレら未だにトランプとかやってんのよ!?」
一緒にトランプできる友達がいるなら、携帯ゲームなんてやらなくても十分楽しめるんじゃないか?
「こんな感じだ」
パソコンと一緒にリアリティ☆マジのシニカルステッキまで持ってるじゃん!!
「何でお前 名前がポルンガやねん!!」
ナメック星のシェンロンみたいなキャラの名前じゃん!スイッチはドラゴンボールも好きなんだな。
「オカルトマニアの人はご遠慮下さい。」
オカルト嫌いなスイッチの一面がわかる、この自己紹介文!!
「趣味:カブせボケ」
どんな趣味だよ!そんな趣味の人なんて聞いたことないわ!!
「体型ではないだろうKKKKKK」
そういうことはもっとオブラートに包んで言えよ!スイッチの特技は空気を読まない発言をすることです。
「こんなん使うのマツコ・デラックスとヤバ沢さんぐらいなもんだよ!!」
あと、ボーボボの使い捨てキャラ「発毛15区総隊長・ワサビーフ・カール」もそんな口だったよ。
ちなみに、マツコ・デラックスについて詳しくはこちら
「バス!!ヤバス!!!何にも話分かってないじゃない!!」
ヤバイくらい理解力のないボッスンに声を荒げるヤバ沢さん!これは確かにヤバス!!
「次言ったらヤバすわよ?」
殺すまではいかないけれど、ヤバいくらい痛めつけるという意味だろうか。
「そこにあると知ったらたまらなく欲しくなるじゃない!?」
「うん…その気持ちは分かる」
収集癖のあるオタクとして、ヤバ沢さんの主張に共感するスイッチ。スイッチの部屋はオタクグッズで溢れてそうだな。
「なんですと?」
他人の依頼よりも私怨で動くなんて、スケット団リーダーの名が泣くぜ、ボッスン!!
「なんですと?」
なんだかんだで似たものどうしのボッスンと椿、全く同じ構図で、イベント出場を決定!!
「負かしてヤツらの口を3にしてやるぞ!!」
なんだかおかしな方向に暴走していくボッスン!しかし、この燃え滾る思いは決して誰にも消すことはできない!!
立ち止まるヒマなんかないさ 考える余裕なんかないさ ありったけの想いを胸に 灼熱の戦いの中へ♪(福山芳樹「真赤な誓い」)
「生徒会執行部VSスケット団の全面対決の幕は上がった!!!」
この漫画らしからぬバトル展開へと急展開!果たしてゲームの内容とは?勝敗の行方とは?
そして、スケット団の助っ人となる「スケットマシーン1号」の正体が気になるぜ!覆面の下からアゴひげがちょっとのぞいているところを見ると、たぶん男性キャラだと思うけど…。


読切 OBAKE LIFE
画力ないとホラーはキツいですね…。
最大の見せ場である、悪霊の登場シーンは、怖くもなく気持ち悪くもなく、「ショボッ」っていうのが第一印象でした。
もうちょっと悪霊のデザインに凝るなり、演出をこだわるなりすれば面白かったと思います。同じ幽霊漫画のムヒョは、画力も高いですが、デザインや演出にもこだわってますからね。
高橋先生は、やっぱりギャグ漫画描いたほうがいいと思います。


ムヒョ
今週の今井裁判官・・・呆然
ムヒョが霊根に侵されていることを、ペイジが知ってて黙っていたことを知って、両目を広げて呆然としていました。

「満身創痍」
なんとか生き残っていた虎ノ介!しかし協会軍は壊滅状態、クグリは標的をムヒョへと変更する!!
「ペイジ お前 数年前から六氷が霊根に侵されてるの知っとったやろ」
な、なんだってー!
知ってて黙ってたのかよこの人は!なぜそんな大事なことを黙っていたの!?
「え……ちょっ…本部…長…!」
これには今井さんとヨイチもあぜん!側近といってもいいこの二人にまで黙っていた理由とは!?
「何だこの圧力(プレッシャー)は…!!」
エビスもブイヨセン戦で同じようなセリフ言ってたな。西先生ってガンダム好きなの?
「いっけぇぇ」
レーザー発射!(ワク
無邪気なベクトールの表情とは対照的に、ただならぬ被害をもたらすクグリのはかいこうせん!やりすぎだろ!!
「地獄の三賢者の一人 鴉門(あもん)!!!」
「フウ…ついに見られちまったか」
クグリの攻撃を防ぐため、ついに姿を現したシューターの使者。「見えない魔法律」の正体は、幽李と同じ「地獄の三賢者」の一人、鴉門だった!
「おい 草野準一級書記官 そのチビ早く起こすんだ 鴉門では奴には勝てない 食い止めるのがせいぜいだ…!!」
ムヒョの力がなければ勝てない。プライドを捨て、足止めに徹することで時間を稼ぐシューター!
「だから急げ そいつ最強なんだろう? 見せてみろ…!!」
最強の魔法律家とやらのお手並みを拝見させていただこうじゃないか。
「ひらけ 「死の国」 出でよ『魔の手』 なめるなバケモノォォォォ」
ブリーチのような口上で発動いた『魔の手』!!シューターの意地と本気が、クグリの攻撃をさばききる!!
「悪く言えば甘ちゃんだけど 底抜けにやさしくてまっすぐだから」
いつもは毒舌のビコも、ロージーの純粋さを評価する。その純粋さは、過去にとらわれているシューターが失ってしまったものだった。
「その昔僕にもパートナーと呼べる仲間が居てね でも次々と死んでいった」
一人は魔方陣で黒コゲになって死に、一人は悪霊に殺され、一人は首を吊って自殺した。
でも、最後の人はなぜ自殺したんだろう?いつも笑顔で明るそうな人だったのに…。悪霊にとりつかれて正気を失ったりしたのか?
「その内死神シューターなんてアダ名ついちゃって 非力な自分も他人も何もかも憎んだ そして一人でやっていく決心して 誰も傷つけず誰にも文句を言わせない そんな力を探して旅した」
つまりシューターは、アダ名が嫌でグレちゃったんだよ!!(全然違う)
人間に絶望し、「孤独」を選び、一人で生きていける「力」を求めたシューター。
「数年の後「死の国」と「鴉門」を修得 一人で魔法律業をこなす術を手に入れ そして本当の孤独(ひとりぼっち)になった」
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く ひとりぽっちの夜♪(坂本九「上を向いて歩こう」)
どうやら「死の国」は東国の師匠から授かったものらしい。この師匠はいったい何者なんだろう?
「誰も傷付けないが誰とも交わる事の無い まるで一人きりの漂流――」
荒れ狂う大海を小さなボートで漕ぎ出すような心細さ。しかしそれは彼自身が望んだ道だった。
「や…あ… そっちの…首尾はどうだい…?」
すいません、さっきからずっと耳元でささやいてますが全然ダメです。
攻撃を防ぎきれず、シューターの体を貫くレーザー!もう限界だ!!
「フフフ 向こうもこれで…ネタ切れっぽいよ…」
「え!?おわり!?」
力を使い果たしたクグリの様子に焦る、ベクトールがマヌケだ!!
「……ばか なにさ…いつも偉そうなクセに 肝心な時に寝ちゃってさ わかってるの? これじゃ皆助けられっこないよ…! シューターさんだって… バカムヒョ おきろ… おきろ おきろ おきろ おきろ…!! おきろよバカムヒョオオオオ」
守りたい すべてを捧げても 思いは力に姿を変えるから♪(元ちとせ「語り継ぐこと」)
みんなを助けたい!ロージーのまっすぐな思いが、涙が、叫びが、ムヒョにぶつけられる!!
「ヒッヒ バカにバカ呼ばわりたあ オレもヤキが回ったか?」
聞き捨てならない罵倒に、ついに目を覚ましたムヒョ!まずは目覚めの一裁きだ!!
「足止め…お役に立てたかな?」
「安心しろ 無駄にはしねぇ」
図に乗るんじゃないですよ、お二人さん!(フリーザ
やりたい放題のベクトールとクグリをあっという間に捕らえたムヒョ!これからが本番だ!!


ジャンプ魂
日本一帰りたいジャンプフェスタ決定戦!!
「入り口で生命保険の加入をさせられる。」
うさんくせー!保険金がちゃんと支払われるかどうかも怪しいし、会場でそんな危険なことが行われているらしいのも怪しい!
「会場で出展している原画は全て両さんが偽造している。」
それはそれでレアじゃね?両さんほどの技術なら、ほとんど本物と区別がつかないクオリティだろうし。
「会場へ行くとキメラアントに選別される。」
殺されるか念能力に目覚めてキメラアントの奴隷になるか…いずれにしろ最悪!
「帰るときに記憶を消される。」
宇宙人にさらわれたみたいじゃん!楽しい思い出が真っ白だなんて、ひどいや!!

ジャンプファン魂
「男「俺たち別れよう」 女「えっ何で?」 男「他に好き子がいるんだ 俺、ジャンプのことが好きなんだ」 女「そっか…じゃあ仕方ないね 頑張って両想いになってね」」
だめだこいつら…早くなんとかしないと。
もしかしたら、電波な言葉を吐く男を見限った女が空気を呼んだのかもしれないけど。
「ジャンプにはガリレオでも絶対に数式を書かせない。」
落書き禁止!もしこの掟を破ったものには地獄が待っている…。
「陣内よ。オレは紀香よりジャンプを取ったぜ!!」
開き直りにしか聞こえないぜ。

キャラQ いつもそばにいて欲しいジャンプキャラ(1位はララ)
「ランボさん。そばにいるとオレのうざさがかすむ!!」
逆に、相乗効果でうざさ倍増になっちゃったりして…。
「メレオロン。一緒に透明になってあんなことやこんなことをする。」
透明になっている間は呼吸を止めなきゃいけないから、そんなに長い時間透明になれないよ。
「エース。テストを燃やしてもらう。」
そんなショボいことに使うのかよ!テストがんばれよ!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog