コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

07 2007

ジャンプ49号感想

ネウロ
「好物は松花堂弁当。」
松花堂弁当とは、中に十字形の仕切りがあり、縁の高いかぶせ蓋のある弁当箱を用いた弁当のことだそうです。十字形の仕切りがあることで、おかず同士の味や匂いが互いに移らないという利点があるそうです。
「なんかね刑事さん この店長さんも…小説家になるのが夢だったらしいんですよ でも力が及ばずに…家の店継いだんだとか」
夢破れ、現実的な生活を選んだ店長。その代わりに店長は、夢を追う人を応援する店をつくったのだ。
「センパーイ!!このオッサンの調書 俺が取ってもいいスかね?」
かつてプロのモデラーという夢を持っていた石垣。夢を追い破れた者同士、分かり合える何かがある。
「この前みたく調書に4コマ描いたりはしないから!!」
描いたのかよ!事件の概要を4コマ漫画で表現できたとしたら、それはそれですごいけど!!
「警察にも色んな奴がいた方が…色んな奴の味方になれると思うけどな」
でも右の人はファイナルファイトに出てくる3面ボスの悪徳警官・エディですよね!登場時に吐き捨てるガム食べると体力が大幅に回復するんだよな…。
「お前らは能力も性格も正反対だけど お互いに学べる所はあるんじゃねーの?」
常にテンションが低く愛想もクソもない笹塚にとっても、バカゆえに明るく、一般人にすぐ溶け込める石垣に学べる所がある。人それぞれの多様な個性からいろんなことを学び、互いに高めあえればいい。
「DR お前の力を見せてくれ 標的は…奴のいるあの国だ」
ついに動き始めた「新しい血族」!ネウロをシックスの下に招待した運転手、[DR」が出陣!標的は日本!?


ウィリアムス
古味先生は毎回面白い読み切りを書いてくれますね。ベタだけどまっすぐなキャラたちが少年漫画らしくていいです。
この作品はもう起承転結がしっかりと完結しているので、別の作品でそろそろ連載をしてほしいものです。


サムライうさぎ
「伍助ちゃんの月見の様子も見たしな 志乃との仲を見守る必要もねェ」
やっぱり摂津兄貴はこっそりと伍助と志乃の月見を見てたのか!あまりのラブラブっぷりに酔っ払いを装って邪魔しにきた訳だな!


スケットダンス
「こ…これは!明日の中間テストの問題だ!!」
なぜ吉村先生はDVDの映像を見て「明日の中間テストの問題」だとすぐわかったんだ?
「確かにテスト範囲の問題だ」
ボッスンは映像を見て「何だ!!?」と内容をすぐには理解できなかったし、スイッチは「テスト範囲の問題」だとしか言っていない。つまり、この映像を撮ったのは吉村先生なんじゃないか?
「職員室に忍び込んだんやろか 先生達の机移動しながら撮っとる」
生徒が職員室に忍び込むのは難しいし、ましてやテスト前ならなおさらだ。でも先生なら簡単に居残りできる。
「見たのね」
DVDの中身を見てしまったことが八木にバレた後の吉村先生と倉本の反応は、八木を最初から犯人扱いしている上に妙に芝居がかっている。この二人だけでDVDの存在を「学校側には内密」にすることを決めちゃってるし、こいつらグルなんじゃないか?
「帰って休みなさい 今回だけは目をつぶる」
「わ…私は…」
ほとんど何も話していないのに、勝手に犯人扱いされた上に「今回だけは目をつぶる」なんてえらそうなこと言われても…。
「ここのところテストの成績はキミの方が若干上回っていたしね 彼女なりに焦っていたのかもしれないな」
こいつはくせえッー! カンニングの犯人は八木じゃなくて倉本なんじゃないか?
「私はカンニングなんてやってないわ 一度も」
常に冷静を装い、カンニング疑惑をかけられても沈黙して誤解を解こうとしなかった八木が真実を告白する。
「あのDVDは偶然見つけたの 三日前編集作業をしに放送室に行ったら机にDVDが置きっぱなしになってて―― 自分が撮ったモノだと思って見てみたら テストの問題が映ってたの そこへクラちゃんが入って来たから 焦って咄嗟にカバンに入れちゃってて…」
倉本の登場のタイミングが良すぎる。そもそも放送室にDVDが置いてあるということは放送部関係の人間がこの事件の犯人であることを意味する。DVDは放送部の顧問である吉村先生が倉本にさりげなく渡すために部室に置いておいたんじゃないか?
「そのDVDは見るな 誰にも言うな 言えばお前が疑われる お前の言うことなど誰も信用しない」
DVDを八木が持ち去っていったのを知っているのは倉本のみ。八木の過去のカンニング疑惑を知っている人間もある程度限られていて、ボッスンやヒメコは知らなかった。つまり八木を脅迫できる人間は倉本しかいない。
呪いのDVDの噂が流れていたのは、もし誰かにこのDVDを発見されても「呪いのDVDだったらどうしよう?」と思わせて見ないようにするための保険だったのかもしれないな。
「誰にも言えなかった また誰にも信じてもらえないんじゃないかって」
ボッスンに「絵画みてーになってんぞ」とまで言わしめた八木の顔から涙が。誰にも信じてもらえなかった八木は、逆に誰も信じられなくなりかけていたのだ。
「何より犯人の人の心の傷を利用して犯行を隠そうとするやり方が気に入らん」
ギャグでもシリアスでもスイッチは一番おいしいところを持っていくな!無口なくせにカッコイイ台詞吐きやがって!!
「一度くらいは笑ってくれや」
僕の推理だと、八木が信頼する吉村先生とクラちゃんの共犯というとんでもなく欝な結論なんですが、実際はどうなんでしょうか?
この謎を喰ってくれボッスン!!(そりゃネウロだろ)

今回の事件のポイント
・吉村は日本史教師であるにもかかわらず、数学の問題を一目見ただけで中間テストの問題だと気付いた(事前に内容を知らないと、テスト問題だとはわかっても今度の中間テストの問題だとはわからないはず)
・倉本は八木と成績を競っており、最近のテストでは倉本のほうが成績が良かった
・DVDが八木の手に渡ってしまった様子を見ていたのは倉本のみ、脅迫状はその日の帰りにゲタ箱に入っていた
・DVDを最終的にゲットしたのは吉村先生、学校側には内密にすることを決めたのも吉村先生(ボッスンはあっけにとられたような顔をしていた)
・全ての罪を八木になすりつけ、DVDの存在自体を学校側に知られなくすることで、これまで通りにカンニングDVDを作成できる


ムヒョ
「くらえっ!!ムヒョを起こす必殺魔法律ごちそうの刑に処す~ れれ? あれ? ムヒョ?」
ごちそうの香りをかがせても一向に目を覚まさないムヒョに異変を感じるロージー。何かが起ころうとしている?
「うっひょー ナナ姉ぇケーキ奮発したなぁ~」
「フッフーンあたぼうよっ なんせ六氷事務所はじまって以来の大入りよっ!!」
金に目がくらんだナナ!ケンジと一緒に、大事件を解決したムヒョ達のためのお祝いパーティーに出席!
「ケンジ逃げて…!!」
何だこの黒い物体は?悟飯をかばって死んだピッコロのように、身を呈してケンジを助けたナナ!
姉さーん!!!!
「人は生まれながら祝福されて生まれる者とそうではない者との2つに分かれる」
なんか詩的な始まり方だ!ムヒョははたして祝福されて生まれた者なのだろうか…。
「例えば 呪われて生まれてくる者」
なんじゃこのキッコロみたいなフサフサした物体は!?となりのトトロとかにも出てきそうなかわいい外見だけど…?
「ここは古く深い山と谷に閉ざされた一年中暗い林の中 そこに一人ぼっちで暮している何かがいた」
どこか深い森の中でさまようわたし♪(諫山実生「月のワルツ」)
「ソレはいつもおなかをすかしてた でも 我慢していた 彼の名は「ベクトール」 半分人・半分霊の半霊と呼ばれる存在だった」
ガ・マ・ン…。(ランボさん!?)
人にもなれず、霊にもなれず、ましてや妖怪人間にすらなれないベクトール。あまりにも異質な存在ゆえ、闇に隠れて生きる彼には常に「孤独」がつきまとっていた。
「彼が産まれた時 その場にいた者は皆逃げ出した」
生まれながらにして半霊のベクトール。母はそれでも彼を愛し、二人だけで村を出てまで彼を育てようとしたが、2年してついにベクトールを山に捨てようと決心した。
「…ベクトール… 私はあなたを愛しているけどこれ以上一緒にいれないの…!!あなたは呪われているのよ だから誰にもどれにも迷惑かけずに静かに生きて死ななきゃなの 我慢するのよベクトール… 何があっても我慢 さみしくても我慢 おなか空いても悲しくなっても たべるのも泣くのも 我慢するのよ…!!」
呪われていても自分が生んだいとしい子。痩せこけて衰弱しきった母が愛するベクトールに託した言葉は「我慢」だった。
「それからずっとベクトールは我慢しつづけてきた」
母親の言いつけをしっかり守り、ありとあらゆるものを我慢し続けてきたベクトール。
「友達はベクトールの唯一の希望だった」
でもお友達くらいなら…。森の動物たちとの触れ合いはベクトールの唯一のわがままであり、幸せだった。
「しかし ベクトールはこの時忘れていた 自分が呪われていることを」
もう本当にたまらなく友達が大好き。食べちゃいたいくらいに…。
ベクトールの唯一の欲望は「友達」に向けられていた。しかし彼は呪われているがために、大好きな友達を自ら喰い殺してしまう。
「我に返ったベクトールは絶望し泣き崩れた」
絶望した!すてきな友達をつい喰い殺してしまった自分に絶望した!!
半霊であり「人として軸がずれている」ベクトールは、自分の行動を理性で制御できない!!
「やっぱり…ママの言う通りだったんだ…!! 僕は生まれちゃいけない子なんだ」
ベクトールは自分自身に絶望し、大樹の下でひきこもりニートになった。動いたら負けだと思っている。
「そしてとうとう何年もベクトールはうごかなくなってしまった」
―ベクトールは― 2度と外へは出なかった… 人間と霊の中間の生命体となり 永遠に絶望の闇をさまようのだ そして死にたいと思っても死ねないので ―そのうちベクトールは考えるのをやめた(カーズ?)
「――すると…何もかも我慢するベクトールに 何かがおとずれた 生まれて初めてお腹が満たされていくような そんな感覚 気がつくとベクトールは足から根の様なもの― 近い将来「霊根」と名付けられ怖れられる事になる根を伸ばし人々の魂を吸っていた」
何年も動かなかったベクトールに転機が訪れたのは偶然だったのか?それとも何らかの要因がベクトールの変化を誘発させたのか?
いずれにしろ、誰にも迷惑をかけないつもりだったベクトールは無意識に世界を混乱に陥れることになりそうだ。
「更に何年かかけてベクトールは「進化」していった」
つまりベクトールは人間から進化した「新しい血族」シックスの一族だったんだよ!!(ネウロかよ)
ベクトール自身に悪意はないから、「絶対悪」というよりは「純粋悪」といったところかな。
「――それはベクトールがある2人に出会う為の第一歩だった」
ムヒョとロージーが、ベクトールを倒す、あるいは救うための鍵になるのか?それともここでいう「ある2人」とはムヒョとロージー以外の人物のことなのか?
「あーあ… ごめんね ケーキ台無し 場所は…ケンジがわかるから…!! 早く…六氷さんにやっつけてもらわないと これ…危ない から…」
ムヒョ達と一緒に修羅場をかいくぐってきたナナは、冷静かつ気丈にロージーに連絡する。霊感の強いナナだからわかる霊の危険度。
「行ってケンジ…… 事務所に…!!」
「でも…でもよぉ…!!」
ひとりで行くのよエンポリオ あんたを逃がすのはアナスイであり…… エルメェスであり あたしの父さん空条承太郎…… 生きのびるのよ あんたは「希望」!!(ジョリーン
「ありがと 私なら心配しないで――」
誰より一番 あなたの心の平和を祈ろう 何も心配しないでいいから 明日へと無邪気に進め♪(B'z「GOLD」)
ケンジを助け、ムヒョ達の助けを呼ぶためにあえて自分の身を犠牲にしたナナ!
ナナ姉ッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!(フーゴ?)
「はいっ つ 着きましたペイジ執行人!! キュラ…キュラはさっきより弱弱しくなってて―」
屋上に突如出現した魔牛車!そこにはギンジと衰弱したキュラが!!
「わかりました!!!早急に六氷執行人に看てもらいます!!」
魔法律の医者というわけでもないのに、なぜムヒョにキュラ診察のお鉢が回ってきたんだ?ペイジはいったい何を考えている?
でも、男性読者はキュラのOPPAIにしか目がいきません!!(何言ってんだお前?)
「い…一体全体何が……起ころうとしてるんだ…!!」
寝起きの悪いムヒョ、襲われたナナ、衰弱するキュラ…これらすべては繋がっている!?
ひょっとして、ベクトールが世界規模で煉を吸い取っているのかな。もしそうなら同じくエネルギー吸収型の人造人間19号のようにベジータのビックバンアタックで葬ってもらうしかないな!!


ジャンプ魂
日本一診察されたくない病院決定戦!!
「手術室の手前にセーブポイントがある。」
人生にリセットボタンは効きません!セーブしようが、手術失敗したら即ゲームオーバーであの世行き!!
「手術中、3分間クッキングのテーマ曲が流れる。」
たったの3分で終わらせる気か!手抜きにもほどがあるぞ!!
「看護士「いらっしゃいませー。どうぞ~ごらんくださ~い。その病気、気になっちゃう感じですかあ?」
やる気あんのか?気になっちゃう感じだから病院きてんだよ!そんでもって妙になれなれしいんだよ!!

クローズアップ原題 『P2!』に決まる前に江尻先生が考えていたタイトルは?(正解は『P3!-Praying Pingpong Player-』)
「磯野、卓球しようぜ!!」
生粋の野球オタだった中島にもついに転機が!いったい何があったんだ!?
「卓球ベリーマッチ」
寒いわ!ただのオヤジギャグじゃねーか!!
「タマキング」
下ネタじゃねーか!こんなタイトルで誰が卓球漫画だと思ってくれるんだよ!!
「P.Gray-man」
卓球でアクマと戦うわけですか。テニプリならまだしも、エクソシストでもないのに無理だよ!!

元気玉
「何も知らないのにジャック・バウアーから拷問をうけてる人!オラが元気を分けてやる!!」
吐かねえ野郎は近距離で怒鳴るジャック・バウアーについて、詳しくはこちら
「布の服を剥ぎ取られ、全裸でルイーダの酒場に放置された戦士ああああ!オラが元気を分けてやる!!」
でもすぐに登録を解除されて消える身ですから…。(涙)

オレが日本一!
「母ちゃんと一緒にプリクラを撮った回数なら、オレだって日本一だ!!」
親子仲良くていいじゃないですか。老後もちゃんと面倒見て親孝行してやれよ。
「カラオケに行ってマイクよりタンバリンを持つ割合が多いのは、オレだって日本一だ!!」
でも意外とタンバリンたたくのが楽しくなってきちゃって手が痛くなってしまった回数なら、オレだって日本一だ!!
「オレの後にトイレに入った人に「お前何食ってんだ!」とキレられた回数なら、オレだって日本一だ!」
まず最初にブツを出したらすぐ流すとあんまり匂い残りませんよ。その後ゆっくり拭いてからまた流せばOK。水道代はちょっと高くつくけどな!
「後輩に「昔はオレも悪(わる)だったと言った回数なら、オレだって日本一だ!」
でもその悪がピンポンダッシュレベルだった回数なら、オレだって日本一だ!!

バカズバッ!
「いたらイヤな首相 記者「今の日本をどう思います?」首相「別に…」」
記者「首相の理念と具体的な改革案は?」首相「特にないです。」(沢尻!?)
「電車で見かけた中学生(とらぶると初恋限定。を熟読する様子に投稿者はほのぼの)」
電車でジャンプを読んでいる中学生たちよ!キミたちはこんな風に見られているのだよ!!

万物の三本柱
「●誰しもが通る道の三本柱
 1.親の死
 2.人生の挫折
 3.腹筋割ろうとがんばる」
最後のが異常に軽いよ!前の2つが重いだけに!!
「息吹の三本柱
 1.誕生日ケーキのろうそくにフーフー
 2.ケガしたところにフーフー
 3.エロい写真集でスカートにフーフー」
ドラゴンボールみてーな演出になってんぞ!マジで必死だな!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 23:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。