コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

03 2007

ジャンプ44号感想

ジャンプスカウトキャラバン2007開催!!
「ジャンプスカウトキャラバン2007マスコット 『引き手返しヒラメキ無限男爵』 好きなものはチャンジャ。特技はベタフラッシュ。」
ボーボボの澤井先生描き下ろしのマスコットキャラ参上!うおおお全然意味わかんねー!!
ごちゃごちゃと全身飾り物が多くてカオスな外見ですね。好きなものがチャンジャというのも奇妙で面白いです。


ネウロ
「好物はスターフルーツ。」
スターフルーツの正式名称はゴレンシといい、果実は5稜形で横に切ると星型になるのでこの名前がついたようです。マレー地方原産の果物で、酸味と甘みのミックスした味で歯ざわりはサクサクしているそうです。
「待たしトケヤ」
お悩み相談には乗るがけっこうキツいことも言うDJデイビッド!どうせうじうじしてても刑期終わるまで帰ってこれないんだから、お互い気楽に過ごすのが吉!?
「贅沢言ウナ こんな人口密度が少ないムショで良い出会いなんてあるわけありまセ-ン」
ごもっとも!でも、日本の刑務所もけっこうギチギチですよ!?けっこう前から過剰収容が問題になってますし。
刑務所不足は深刻ですが、かといって新しい刑務所を作るとなると、どこの自治体も反対するんですよねぇ…。
「マミ―――… 会いたいヨ…」
母を想い涙するデイビッド!「悔いて改めなさい」というたった一言の母の手紙が、自分が犯した罪の重さと母の悲しみを深く味あわせる…。
「DJデイビッド 俺達からのリクエストだ 歌おうぜ 国歌を」
「ミ…ミナサン…」
母への愛は万国共通!国籍の違いを超えて通じ合う、人と人とのぬくもり…。
それでは聞いてください。小柳ゆきで『STAR SPANGLED BANNER』。
「好物はドラゴンフルーツ。」
ドラゴンフルーツとはサボテン科に属し、ピタヤと呼ばれている多肉植物で、原産は南メキシコ、中央アメリカ諸国。日本では沖縄で栽培され、ミネラル豊富で整腸作用もあることから美容フルーツとして知られているそうです。
「結局飼いたいのかよアニィキッ…!!」
アニキは大の猫好きだと判明!この分だと、おじいさんを助けた理由やネコを拾った理由も本当かどうかわかりゃしないな。
「好物はミラクルフルーツ&レモン。」
ミラクルフルーツとは西アフリカ原産の熱帯地域に育つ植物で、ミラクルフルーツの実を食べてからレモンなどのすっぱい物を食べると甘く感じさせるという特性があります。死ぬ前に1回は試してみたい食べ物ですね。
「俺…総理やめるわ」
以前からあまり健康状態が思わしくなく、体力の限界だったんでしょうね。お疲れ様です。
「ちょっと抜きすぎちゃった」
後ろに赤城徳彦農相みたいな人もいるな。

「アニメ速報! この顔にピンときたら 犯人手配書特集!!」
第2話、第3話もアニメオリジナル展開なんですね。視聴者の反応はどうなるんでしょうか。


新連載 初恋限定。
「オマエ突然襲ってくる便意ナメんなよ!臨界点に達した時のあの辛さ知らんのかっ」
わかる!わかるぞぉその苦しみ!!「言葉」でなく「心」で理解できた!!!
「もう!!ホントこわかったんだからあ!!!」
わざわざ助けに来てくれたヒーローの顔面を蹴り飛ばすとは、なんて性根の腐った女なんだ。


ワンピース
「人として恥ずかしいわ」
全否定!空気を読まず、あくまで自分の人としての誇りを守ろうとするロビン!!
決して間違った選択ではないが、仲間たちからの信頼はやや失ってしまったな!!


ナルト
「ボクらは皆家族を殺されたんだ!分かり合うなら相手を同じ目にあわせてからだ!それが痛み分けってことだろ!? でも…そんなのムリだってことぐらい分かってる だから戦争は無くならないんだ!」
憎しみの連鎖ってやつですね。
国同士の利害対立で政府は実に簡単に戦争を始めるし、折り合いがつけば実に簡単に戦争を終わらせます。大衆が平和を求めていようが、逆に報復を求めていようが、戦争をやるかやらないかは結局政府の要人たちが密室で決めることです。いつだって大衆はそれに振り回されるだけでした。


ムヒョ
「―夢だ…これは夢のはずなんだ…!!」
逃げても逃げても「アイツ」は追いかけてくる。逃げ切ったと思っても、振り返れば奴がいる。(織田裕二?)
「まって 行かないで どうして ずっと ずっと一緒だって 言ったのに」
ずっと二人で生きてゆこう 幸せになれるように♪(GLAY『ずっと二人で…』)
二人はかつて永遠の愛を誓った仲?追ってくる相手はしつこい女の悪霊?
「くそっ またか…!」
繰り返す悪夢!目覚めが悪いにも程があるぜ!!
夢占いだと、追いかけられる夢は自由への願望や、異性に対するトラウマを表すとされているようです。(参考)
「ちくしょう…」
志村うしろー!!(ドリフ?)
現実へと侵食する悪夢!恐怖はひっそりと、しかし確実に背後に潜む!!
「僕達何か悪い事した…!?」
警察署内の会議室に待機し、状況が読めずにビビリまくりのロージー!もう泣いとる!!
「ムヒョ 刑事もの好きだし……」
じゃあ末吉くんのネタなんて爆笑ものだろうな。
「六氷…魔法律事務所さん…? 私「葉利魔 錠」と申します」
ハリマジョウ?元ネタは快傑ハリマオか?
「来てくれてありがとう」
いきなり土下座!刑事のくせして妙に腰が低いジョー!
「いやーわりーね この人変ってんだよ あっ オレ 緑川満っての ミッチーでいいよ」
こちらも気さくなイケメン刑事!変人のジョーさんをフォローするメガネ男子だ!
名字が緑川ってことは、逆ギレ刑事役の俳優である「緑川濁」の兄弟か親戚の可能性もあるか?
「お昼まだでしょ 何か食う?」
このコマのミッチーからナルシストのにおいがする。元ネタはやっぱり及川光博か?
「2人ともその若さで経営かよ~~スゲ~~」
実際問題、事務所を開業するには雑多な法律手続きや資金集めをやらなきゃいけないからすごく面倒なはずだけど、たった二人でどうやったんだ?それとも魔法律協会が手続きを代行してくれたのか?
「銃(チャカ)は?」
見せてくれって言ったところで、そんな軽々しく見せてくれるようなもんでもないだろ…。
それとも、ムヒョは何か別の意図があったのか?ミッチーをジロジロ見てたし。
「刑事っていうか科学者みたいっていうか…」
現代風に洗練されたお茶の水博士って感じかな。
「2人ともこれ見て下さい」
ホワイトボードに貼られた複数の顔写真。それは「蝶布市10人連続誘拐事件」の被害者達!!
「誘拐の仕方が余りに不可解だから」
このコマのジョーはデスノのLっぽいな。
「偶然被害をまぬがれた人物の証言によると―」
資料に目を通して伏し目がちのミッチーは、インテリっぽくてかっこいいな。
「当時高二の梶原元に一本の電話 電話の主は中学の頃同じクラスだった 米森ハルカ」
しばらく音沙汰のなかった旧友からの突然の電話…怪しい!マルチ商法への誘いじゃね?
「おれだって会いたいよ!!」
「ほぉんとおお??」
奇妙な返答!そんなリアクションされると会いたくなくなるよ!
「な なんだよ 本当だよ ていうかオマエそんな― 声野太いっけ!?」
「ええ?? 気のせいだよぉぉぉ~」
明らかに気のせいじゃないー!!
新手のオレオレ詐欺!?野太い声をした化け物が梶原を狙う!!
「じゃあ今から行っていい?」
「えっと…うん!! 別にいいけど―」
その返答が命取り!ろくろ首のように伸びた化け物の首と腕が、梶原の元へと襲いかかる!!
「その後梶原は消え 証言をした米森も 一ヶ月後10人目の不明者となる ちなみに米森は証言の際 浮わ言の様にして 「幽霊に脅された」と繰り返していたという」
淡々としたミッチーの語り口でも、その不気味さと恐ろしさが伝わってくる!
どうせ米森もさらわれるなら、脅されたからといっても梶原まで巻き添えにすることなかったね…。
「これまでありとあらゆる科学的捜査もかけてきましたが全てお手上げでした だが ここであきらめる訳にはいかない…!!! だから魔法律家の君達の力を借りたい どんな手でも尽くしたいんだ! 私の意地と刑事生命を懸けてでも!!」
自分が今までやってきた科学的捜査への意地と誇りもあるだろうに、事件解決のためには科学と相反する魔法律の力すらも借りようという、ジョーの刑事としての正義感・使命感には感服する。なかなかできることじゃない。
「はっ!何が魔法律だ…それにこんなガキ共大事件を前にしちゃ逃げるだろーよ……」
表面上は友好的に見せても内心では魔法律を小バカにしているミッチー。でもこれが普通の大人の反応だろうな。
「わかった 現場の一つを教えろ ただし条件がある オメーラはついてくんな」
依頼は受けたが、ジョーとミッチーの同行は拒絶するムヒョ!単に足手まといだからか、それとも何か別の理由があるのか?


スケット・ダンス
「だっふんだ」
ボケのセンスが古いぜ!ドリフターズで時代が止まってる!!!
「今日はお招きに預かりまして」
お上品な仕草がよく似合うロマン!この人は生き様が少女漫画だな。
「ちょっちょっちょっ待てえ!!あるぞぉいっぱいあるぞぉツッコミどころ!!」
ツッコミどころが多すぎてむしろツッコミどころが多すぎることにツッコむボッスン!ナイス!!
「そんで今何かリアルな背景が見えたんだけど」
「うん 出したの」
「出した!? ホンマ アンタそれで食うていけるんちゃうの!!」
下手に漫画家目指すより女優かアイドルになったほうがいいよ、ホントに。
「世界で一番美しいのはどこのどいつだぁい?」「アタシだよっ」
おめーかよスイッチ!ていうか、にしおかすみこのネタじゃねーか!!
「悪いけど今日はいちいちお前にかまってらんねえんだよ!!あのメンツを見てみろ!!もうお腹いっぱいなんだよ!!」
わかる。わかるぞぉボッスンの気持ち!この濃いメンバーを集めただけでも快挙なのに、それをうまく指揮して劇をやろうってんだからな!!そりゃボッスンもキレるわ!!!
「衣装はこっちで用意してるからそれを着る!!各々勝手なマネしない!!いいな!!!」
このカオスなメンバーの監督としてなんとか秩序を築こうと必死なボッスンは男前だ。マジ尊敬する。
「上手いっ!!!結城さん文句ナシ!!!でも怖い!!! 園児泣くから!!! ね!?演技力は分かったからちょっと抑えよ!?」
「ありがたいっ!!!その心意気ありがたい!!でも抑えていこ!?」
評価すべきところはちゃんと評価し、その上で指摘すべきところを指摘する。ボッスンは監督として必要な素質を見事に兼ね備えているようだ。
「おそろしい子!」
ロマンは相変わらずベタなボケやってるし…。スルーされてるけど。
「アレ!!メガネはずしてる?何アピールしてんだお前!!!」
お前も出たいのかよスイッチ!意外と自己主張するんだな!!そして自分がイケメンだということもよくわかってるな!!!


ジャンプ魂
日本一不便なコンビニ決定戦!!
「一見さんお断り」
全然コンビニエンス(便利)じゃねーな!そんなにお高くとまっていたら誰も客こねーぞ!!
「「暖めますか?」「はい」「自分でやれよ」」
じゃあ聞くなや!客にケンカ売ってんのか!!
「クララが頑張って立ち読みしてる。」
立ち読みはけっこう足腰に負担かかるから無理しないほうがいいよ!!

超進化魂 金魚
「このくそったれ金魚の首から下は、わしの祖父ジョナサン・ジョースターの肉体をのっとったものなのじゃあああ―――あああ!!」
ディオじゃねーか!ジョナサンもこんなヤツに首から下をのっとられていると知ったら悲しむだろうな…。
「金ちゃん、100kmマラソンスタートです!!」
こんなんじゃ感動できねー!!もちろん募金もしねー!!
「ナイツオブラウンド!!」
FFのメテオか!?金魚流星群だ!!

ジャンプファン魂
「ジャンプがゴール地点に置いてあれば、タイソン・ゲイより速く走れる。」
そりゃすごい!また世界記録が破られるというのか!?
「家ではなく、ジャンプショップに引きこもっている。」
お店の迷惑になるからやめてください。
「ジャンプが濡れると力が出なくなってしまう。」
アンパンマンかお前は!おなかがすいた子供にはジャンプを差し出すのか!?
「ジャンプ氏と呼ぶ。」
ただのオタクじゃねーか。

元気魂
「ゲーセンで常連客に『神』と呼ばれている父を見かけてしまったヤツ。オラが元気を分けてやる!!」
父はゲーセンで最も光り輝いているのだよ。そっとしておいてあげてくれ。
「娘より先に風呂に入って怒られたお父さん!オラが元気を分けてやる!」
それが娘を持った父親の宿命。悲しみを乗り越え、甘んじて受け入れるしかないのだ。


巻末作者コメント
「仕事終了後のトイレ掃除が憂鬱です。アシさんはみんな全身脱毛してほしい。<篠原健太>」
篠原先生自身がトイレ掃除までしてるんですね。アシさんの誰かに特別手当出してやってもらえばいいのに。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 19:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog