コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

25 2007

ジャンプ43号感想

ネウロ
「好物はカレーかき氷。」
いかにもゲテモノ料理ですが、そのものズバリカレーかき氷の素という商品が販売されているようです。
案の定マズいみたいですね。
「お目出と!!」
アニメ放送直前センターカラー!めでたいだけに目が飛び出たヤコが扉絵です。
1話目からいきなりシロタということで、話題になりそうですね。
「金だな!?いくら払ったら座らせてくれるんだゲヘヘヘヘヘヘ」
ただのエロオヤジじゃねーか!由香は両親の遺産を相続したので金は持っています!!
「じゃあこの「蓊鬱」ってやつは?」
蓊鬱は「おううつ」と読み、草や木が盛んに茂っているさまを言うそうです。
「帰りなさいッ 夫の職場に妻が顔を出すもんじゃない!!」
若くて美人な嫁さんをもらっており、おまけに亭主関白!人生の勝ち組・望月!
この秋のおすすめの紅葉スポットに葉っぱのしおりを入れたのはその嫁さんか?よくできた嫁さんだなあ…。
「ふぐう~~」
今週のキーワードはなぜか「ふぐう~~」でした。
「私の周りの男女関係はこんな感じ」
ろくなもんじゃねー!!


ムヒョ
「アミちゃんここから動かないでね!! 霊からこっちが見付けにくいようにしたから…!!」
ロージーが仕事してる!依頼人の安全を確保するために防御を固め、指示と説明もバッチリだ!!
「トモくん虫を飼っているんだよね……!?」
意味深な顔で奇妙な質問をするロージー。その真意とは?
「あ あの子 何飼って……!!」
虫かごの中にいたのは、無残な虫の死骸の数々!不吉な予感!!
「おそらく「幻視」だ まるでうまく飼えているような気分にする為のな」
「一体何の為に――」
「さぁな 霊の趣味なんぞ知ったことか…!!」
屋上のほぼすべてを覆う巨大な繭!しかし、霊もトモもここにはいない!!
「あのバカ娘 余計な気ィ起こしてねぇだろうな…!!」
「いや… いや…っ おいてかないで…!!」
ロージーの忠告を無視し、恐怖のあまり部屋を飛び出したアミ!
「………ちゃ おねえ……ちゃ…ん」
箱入り娘ならぬ繭入り弟!トモは繭に覆われて、エレベーターの中に囚われていた!!
「うっぐっ ぐっ」
繭で全身をギチギチに縛られて苦しむトモ!涙と汗とよだれでひどい顔だ!!
「なんで なんで私達がこんな目に― え? エレベーターが途中でとま―」
「ダメじゃ やっぱり おまえにゃムリじゃ」
天井の上からコンニチワ☆
トモの元に駆けつけたアミの目の前に、ついに姿を現した悪霊!!
「トモ 守れ ない」
人面犬ならぬ人面虫!巨大なイモムシのような体が不快感を誘う!!
「ホラ トモ おめえ… 虫が好きじゃろ?」
あなたにそんなことを言った覚えはありません…。
恐怖に凍りつき、声すら出ない!
「ホラ虫じゃ アタシが虫じゃ おカイコじゃ アタシがオメェを ずっと守ってやる…!!」
とか言いながら締め付けているじゃありませんか!守るどころか苦しめてるじゃん!!
「おぐっ う…っ」
痛みと苦しみのあまり泡吹いて気絶寸前!こんなのに目付けられて災難だったね…。
「ようイモムシ 茶番はおわりだ 姉ちゃんごっこは楽しかったか? ガキに幻視みさせて虫にひきつけるたぁ 余程テメェのカビくせぇ思い出が大事とみえる 情が元にあるかもしれねえが凶気は凶気 罪は罪」
真打ち登場!汚名を返上するロージーの援護もあり、裁きの時間の始まりだ!
「魔法律第811条― 『はりつき』及び『傷害』の罪により 『指切り村のマショカリア』の刑に処す」
エレベーター内で舞う一輪車、天から通じるロープ。イッツ・ショータイム!
「イヤッホォオォ~~~ウッ 悪い子はッ!!」
あれ?思いっきり壁に頭ぶつけましたよ?大丈夫かこいつ?
「だぁ~~れぇ~~~~~だッ!!」
からくりサーカスに出てきそうな道化師登場!
「トモ トモを守んねぇと…守んねぇと…」
トモはあなたのせいで泡吹いて気絶してますよ。
悪霊を吸い込むマショカリアのおかもち!指切り村ということは、彼は縁切りが専門の使者なのか?
「えらいわねぇ 病気の弟しょって働いて…」
この霊は生前、弟の面倒をよく見る、ご近所でも評判のいいお姉さんだった。
「お人形さんあげようねぇ あげようかねぇ」
お人形さんいっぱいもらったのはいいけれど、おばあちゃんがくれた割には妙に洋風の人形ばっかりじゃない?時代考証はどうなってるんだ?
「トモ トモキチ!? ああっ…薬をあげ忘れて…!!」
お人形遊びにかまけて弟を放置した結果、動かなくなったトモキチ!両親はいったい何してたんだ?
「いやじゃいやじゃ死なないで そうだ虫もたくさん捕ってあげるから… ほら ちょうちょ かぶとむし… バッタ トンボ くわがた おかいこ ホラみて… あたしたちみたい……」
幼虫を外敵から守る繭のように、死んだ弟を抱きかかえるお姉ちゃん。トモを守るという強い想いが彼女を悪霊へと変えてしまった。
「福島ってのは元々養蚕が盛んだったみてーだナ」
江戸時代の初めの頃から始まり、昭和の終わりごろにかけてはかなり大規模に行われていたようですね。(参考
「同じ名の弟がいて 何かあって弟を死なせ自分も後を追ったけど成仏できず弟の代わりを探し続けていた…」
たまたま同じ名前だったからとりつかれたなんて、『ズッコケ恐怖体験』のハチベエみたいだな。


ベルモンド
怒涛の新キャラ攻勢…打ち切りの香りがぷんぷんするぜ!


ジャンプ魂
日本一カッコイイオナラの言い訳決定戦!!
「香り挽き立てだぜ!」
違いを楽しむ人の、ヘスカフェ・ゴールドブレンド。
「チィ、またオレの中の悪魔が騒ぎ出したか…。」
悪臭をつかさどる香りの悪魔がな…。
「オナラとかけまして~、ニートと解く。その心は、どちらもプー。どうもありがとうございました。」
もうええわ!(一同笑)

友情魂 息子が勉強してくれない。どうしたら真面目になってくれる?
「今度百点とったら父さん働こうかな」
めちゃめちゃすごい勢いで息子が勉強し始めた!父さんが働いてくれれば、この苦しい生活も少しは楽に…。
「CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA! 頭カラッポの方が夢詰め込める!」
CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA! 笑顔ウルトラZで今日もアイヤイヤイヤイヤイ!(CHA‐LA HEAD‐CHA‐LA
「睡眠学習」
息子に添い寝する親父はキモいよ!!

オレが日本一!
「「どちらにしようかな」で神様の言うとおりにしなかった回数なら、オレだって日本一だ!!」
じゃあやんなや!!
「妹との仲良さならオレだって日本一だ! 妹「ウザイ 寄るな」 勘違いでした!!」
実の妹なんてそんなもんでしょ。

万物の三本柱
「●早死に 三本柱
 1.かげろう
 2.セミ
 3.RPGの左にいるモンスター」
こうげきコマント連打してると自動的に左端から倒すからな!

「●テンションが高い人の三本柱
 1.テストの点が良かった人
 2.宝くじが当たった人
 3.世界陸上の解説をする織田裕二」
解説っていうより一人で騒いでいるだけですけどね。でもあのテンションは段々クセになりそうです。

元気魂
「お弁当食べようと思ったら箸が入ってなかった人。オラが元気を分けてやる!!」
コンビニで惣菜買って箸付けてもらうか…。
「身体検査の日にブリーフをはいてきてしまった男子!オラが元気を分けてやる!」
なぜかブリーフ派に対する風当たりが異常に強いんですよね。なんでだろう?


巻末作者コメント
「ファンレターに凄く力をもらってます。返事できてないですが全て大切に保管してる。<石岡ショウエイ>」
これはとてつもない打ち切り臭がするぞ!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 15:40 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog