コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

05 2007

ジャンプ40号感想

ネウロ
「好物はとんかつふりかけ。」
とんかつ味のふりかけかと思いきや、検索してみても調味料のものしか見つかりませんでした。
「つまり「悪意」の定向進化か」
生まれついての悪、悪意の一族、悪意に染まりきった脳の持ち主。それが「絶対悪」シックス!
「素晴らしい茶菓子を用意したよ」
館で突如繰り広げられる同時多発殺人!脅迫されてトリック殺人を犯した人々がみなネウロに謎解きを迫る!!
「喰べなさい 大量の食料を用意してあげたよ」
こいつはくせえッー!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!こんな悪には出会ったことがねえほどになァーーーーッ(スピードワゴン
吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・・・・!!自分の利益だけのために利用する事だ・・・(ブチャラティ
凄惨なる外道の行いにあからさまな嫌悪感を見せるネウロ!!
「地上に出てきてだいぶ経つ 様々な感情を経験したが これほど…不快な気分にさせられたのは初めてだ」
謎を喰うネウロを侮辱し、人の命を侮辱したシックスを挑発するネウロ!
「…残念だ だがありがとう 最高の誉め言葉だ」
紅茶を一瞬で砂にし、今度は奇妙な魔界生物に変化させたネウロにも全く動じないシックス!互いに譲らぬ2人!!


金未来杯ノミネート作品 不恋愛戦隊ハヤタ☆ジョー
無駄にエロくて無駄に熱かったけど、無駄に面白くはなかったです。
少なくとも連載で読みたいとは思わないし、長期連載できる作品だとも思えません。


スケット・ダンス
「見つけた 私の王子様」
その後はなにもかもがぼやけてしまったの だってついに―― 王子様を見付けたから…!!(パンジャ
「注:この漫画はスケット・ダンスです」
どこかの少女漫画…いや、ムヒョかと思いました。(え)
「でも私 ベタな場面に遭うとつい少女漫画的な目で見てしまったりするの それを私は乙女フィルターと呼んでいるわ」
それはパンジャも持っていたものですね。恋は盲目なのだ!!
「アナタだったのね 私の王子様 絶対逢えるって信じてた…!!」
これはきっと私の運命なの あなたに会うのもね 私の王子様…!(パンジャ)


ムヒョ
今週の今井裁判官・・・やっぱり今井さんが淹れたお茶は一味違いますよ
普段は牛乳ばっかり飲んでいるせいか、お茶を入れるのが苦手な今井さん!こりゃOLにはなれませんな。(え)
今週の今井さんはコミカルな感じがかわいかったです。

「ティキが求めたのは只の破滅?」
「否 否! 母なる協会への愛の裏返し…!!」
「歴史は常に想いに乱される」
愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!!愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!!愛ゆえに…(聖帝サウザー!?)
愛と憎しみは表裏一体!愛深きゆえに憎しみに堕ちた男・ティキ!
「後日談もたっくさん 例えばイサビが消え 禁書が消え フリオも消えた」
目的が不明だったイサビとフリオが消えた。おそらくは禁書を持ち去って。ティキは倒したが、裏で暗躍していた勢力が再び世に破滅をもたらそうとするのか?
「いつの日かまた」「運命は動き出す?」「あの2人の」「「アロロパシー(運命)」もまた―」「でも」「それはまだ先の話」「遠い遠い」「未来のこと…」
邪悪な顔で予言を残しつつ、図書館の闇に消えるリリーマリル。この2人はディーグレでいうブックマン的存在なのか?
「うっは――っ なんじゃここは~ 水着持ってくりゃよかったなおい~~!!」
ヘリコプターでやってきたのは、洋上に浮かぶ第12監獄!なぜかリゾート感覚のヨイチ!
「2秒でおぼれるナ ヒッヒ」
「リオ先生とナナちゃんの水着におぼれてぇぇ~~っ」
想像図の2人が「だっちゅーの」のポーズをしてる?古いよ!!
「海に落としてやろうか」
お前も蝋人形にしてやろうか!!(蝋人形の館
黒ビコ発動!ヨイチのセクハラ発言に邪悪な言葉を吐くビコ!!
「そ そーいえばビコ リオ先生どう?」
不穏な空気を和ませようと話題を変えるエンチュー、グッド!
さすがに付き合いが長いだけあって、この個性的なメンツのあしらいかたをよく心得ている。
「うん ボクと借りたアパートで休んでるよ 「無期執行猶予」だから監視員付きで――― 今井さんだけどね」
執行猶予つき判決で免れたリオ。彼女が反逆者になったのは母親の危機を救わなかった協会側の落ち度もあるし、おそらくリオ自身は人を殺していないからだろうか。
監視員が今井さんだったり、エンチューを魔監獄に連行するのに手錠もつけずムヒョ達の同行を許すなんて、意外に協会は甘いな。
「今井さんのお茶渋いんだよね~… 平気かな」
びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛!(マスオさん!?)
連載始まって以来のブサイク顔でむせるリオ!そんなビックリするくらい渋いの!?
「ああっ 後遺症?! (私がしっかりせねば…)」
リオが苦しんでいるのは禁魔法律の後遺症のせいと勘違いし、決意を固める今井さん。ちょっとズレてますよ!
「毒島さん2日前に病院から脱走したんだ んで酒飲んでかっ飛ばして 協会内で即つかまって一発免許取り消し」
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!飲酒運転は犯罪です!!
「それで居候…何かかわいそう」
「ただのアホ女だろ ヒッヒ」
免許取り消しされて帰ることもできなければ副業の運送業もできず、途方にくれる毒島!おとなしく入院しとけばよかったね…。
「七面犬とキリコも帰ったし」
とことんこき使われて地獄に帰っていった1人と1匹。おつかれさーん!
「一匹帰ってない奴がいるがナ」
「な」
次は原宿です!ギンジをこき使い、現世観光を楽しむキュラ!
「召喚主交代より確かなのは奴等の間に「血の契約」があることだな」
血ぃ吸ぅたろか~。(間寛平
キュラは定期的にギンジから血を吸うことによって現世に滞在し続け、そしてギンジの金と体力まで吸い続けているわけか…。たぁすけてええ~~!
「う~ん ちょっとうらやましいような~…」
キュラに血ぃ吸われてぇぇ~~っ!ってことか…。
「昨日ビコのアトリエ跡地でやったパーティーの料理――」
監視員つきとはいえ、お別れパーティーまで開催できるなんて、エンチューとリオの改心は協会もちゃんと認めたらしいな。
しかしビコは相変わらずパン作りすぎだな…。
「おめーって奴はもーつくづく……!」
エンチューも含め、爆笑する一同!今までの戦いが嘘みたいだな。
「あのこれ…冷凍して少しずつ食事に出してあげて下さい」
「おっ さすが主夫!!」
ロージーはヨイチ達にも完全に主夫として認識されてるのか…。どーなのソレ?
「ビコ…ありがとう パーティー… 楽しかった 忘れないよ きっとずっと… 皆とあんなに話すの 久し振りで楽しかった もっと沢山おしゃべりしたかったけど つづきは手紙に書くね」
続きはWEBで!
楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、贖罪の時が迫る…。轟音を奏でながらゆっくりと閉じ行く魔監獄の扉!
「てんめぇ…! 何一人でしめっぽく…!! くそっ…明るく見送るって決めてたのに…」
みんなが妙に明るいテンションだったのは、エンチューを明るく見送るため!しかし最後にボロが出た!
「―普段はやらしいのに実は熱い ヨイチのそういうとこ 好きだよ」
いや、ヨイチは普段エロ方面に熱くて、たまに他の方向にその熱さが向かうんですよ。
「ビコのムチャなところも好き」
別れの前に友に送る愛の言葉!さよならの代わりに!
「ねえムヒョ もう遅いかもだけど気付いたんだ 本当に人に要るのは努力の成果や 才能の成果より 好きな人達なんだね」
誰かのために生きていける。誰かのために命をかけることができる。かけがえのない大切な人の存在が人を支える。
「ママは それを僕にわかってほしかったのかも」
ママだけを好きでいたかった、そのこだわりが悲劇を呼んだ。ママがいなくなっても生きていけるような大切な友達を作れるように、エンチューのママは苦労してエンチューをMLSに通わせたのかもしれない。
「…ロージーくん ムヒョをよろしくね…」
「はいっ…!!」
悲しそうな顔でロージーにムヒョを託すエンチュー。ムヒョの「世話の焼ける相棒」の座の引継ぎは確かに行われました。
「オイ 待っててやらなくもねえ だからさっさと魂元に戻して 帰ってきやがれクソヤロー…!!!」
「うんっ 大好きだよムヒョ」
エンチューが求めたのは只の破滅? 否 否! ムヒョへの愛の裏返し…!!
エンチューもまたティキと同じ、愛深きゆえに歪み、憎しみに堕ちた男…!
「君の書はここにある 待っているよ いつまでも…」
私 待つわ いつまでも待つわ♪(あみん「待つわ」)
センキュー!ビューティフルティーチャー!!(ベジータが絶対に言わない事
「またうるせぇとこに帰っちまったナ…」
ケンジにずっと借りていた帽子を返し、約束通り事務所に帰ってきたムヒョとロージー!
次回からは初期の日常編に戻るのか、はたまた消えた禁書の謎に迫る展開になるのか!?


瞳のカトブレパス
白虎出てないのに終わったー!!
あんまりだ…HEEEEYYYY ァァあァんまりだァァアァ AHYYY AHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHHH!!(エシディシ
随所随所にジョジョを醸し出していたのが良かったのか悪かったのかよくわかりませんが、お疲れ様でした。


ジャンプ魂
日本一しょっぱい海水浴場決定戦!!
「水温92度。」
沸騰する寸前じゃん!入れるかー!!
「ライフセーバーがライトセーバーを振り回している。」
ただのダジャレじゃねーか!危ないよ!!
「腰を負傷したはずの朝青龍がビーチバレーをしている。」
その映像が日本のニュース番組で流れて仮病疑惑が浮上し、えらい騒ぎに!ついには引退騒動にまで発展!?

ジャンプ喜利 1ベリーも懸賞金が懸けられない海賊とは?
「航海に出るたびに「携帯が圏外でつながらない」としきりにうるさい。」
船乗りは海と対話するのが粋ってもんよ。
「山が好き。」
山賊に転職しろ!いや、むしろ山が好きだからこそ海で犯罪しようとしたのか!?
「足先で温度を確かめてから海に入る。」
銭湯か!!とりあえず水道水で埋めとけ!!
「少しでも安いスーパーを探して旅している。」
主婦かお前は!隣町のスーパーは今日特売日らしいよ!!

イニシャル魂
「H・・・入りま~す
 D・・・大をしま~す
 D・・・出ま~す」
いちいち宣言しなくていーよ!
「H・・・ハリセンボンの2人だって
 D・・・堂々と生きている
 D・・・だからボクらも堂々と生きていこう!」
そうだな。

オレが日本一!
「電車でおばあさんに席を譲った人の隣に座ってた回数なら、オレだって日本一だ!」
気まずい!オレの中のちっぽけな良心がオレを責めるんだ!!
「握力が無くてブランコから落ちた回数なら、オレだって日本一だ!!」
思いっきり勢いついて飛んでいってる!これは危ない!!


ピューと吹く!ジャガー
大亜門先生が題字とイラスト描いてる!魔法少女しげはるもいるし、題字がジョジョっぽい!!


巻末作者コメント
「エンチュー編今号にて幕引きです。ここまで来れて幸せです。読んでいてくれた人達に感謝<西義之>」
長い長いエンチュー編だったなぁ…。最後ちょっと巻き入ってたけど。
次回からはどんな展開になるんだろうか?

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:19 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog