コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

20 2006

ジャンプ03号感想

ボーボボ
「ドーピングコンソメスープ」
ドーピングコンソメスープで一斉を風靡したネウロの至郎田正影シェフがスペシャルゲストとしてご登場!こいつはハジケてるぜ!!
さあ諸君 俺が逃げるのを止められるかな…?(逃げるの!?)
ちなみにTシャツも絶賛発売中です。
「竜騎士飛んでった!!」
竜騎士はジャンプするのが仕事だからな!!
「よし今こそ私のドーピング料理を食べて体力を回復させろ」
「お前の料理など危なっかしくて食えるか!!」
ドラッグと筋肉増強剤がたっぷり入った成功を呼ぶ料理ですよ!
俺の料理は至高にして究極だぁ!!
「ドーピング・コンソメ・スープ!!!」
「うおわぁあ至郎田出た―――!!!」
今週のボーボボを見たすべての読者の気持ちを首領パッチが代弁!
「上等だ!テメーのことは「ネウロ」読んでよく知ってるぜ」
首領パッチも「ネウロ」の愛読者だった!ちょっぴり親近感!!
「至郎田 至郎田 至郎田 至郎田 至郎田 至郎田 至郎田」
なんかいっぱいいるー!!!!
「DCS真拳奥義 「食【えじき】 食の千年帝国」!!!!」
ナベごと無理やりドーピングコンソメスープ!DCS探偵脳噛至郎田の大活躍!!
トリックに利用された冷凍トマトを使っている所がグッド!!!
「勝手にスゴイ真拳まで使い出しちゃった――!!!松井先生もここまでやるとは思ってないよ――!!」
原作ではあっさりとネウロに倒されたものの、ボーボボ世界ではDCS真拳の使い手として大活躍!なんだかイキイキとしてるような…?
「エチオピアからの贈り物」
でもウンコに巻かれて吐血!松井先生にとってはこっちのほうが予想外だったんじゃ!?
「ぎゃああああ俺の料理は最高にして究極だァア」
そこは「至高にして究極」にしてもらわないと!まだまだ詰めが甘いぜ!!
「まさに「デビル・ウンコ・トムボーイ」!!!スゲェよ!!!」
スプリングマンの必殺技だな!これでウルフマンを撃退だ!!
「大根おろしはひかえめに」
下の首領パッチ、さかなクン?魚のニオイをかぎつけたのか?
「ジャンプ・アルティメット・スターズ ボーボボ最強ドリームデッキ鬼コンボスペシャル」
超豪華メンバーの超奥義でボッコボコ!これには至郎田もタジタジ!!
「お前ホントに戦う気あんのかよ」
竜騎士は戦うときも逃げるときもジャンプなのだ!!
「融合完了パッチボボ!!!」
いつになくあっさりとパッチボボに変身!
「いかん!バカよせ…首領パッチ!! その力はまだ使う時じゃねえんだ」
「ウオオオオオ 首領パッチのクソ野郎――!!!!!」
ロン毛にムキムキ、超サイヤ人3みたいになったパッチボボ!
本人がまだ使うべきではないと判断するほど強大なその力は、一体どんなハジケを生み出すのか!?



ネウロ
「好物は蘇。」
蘇とは、牛乳を長時間煮詰めて作った食品のことで、古くは飛鳥時代から作られたという「古代のチーズ」だそうです。
「君が遠い 0と1 死と生 隣り合っているはずの両者の距離が…何故こんなにも遠いのだ」
冷たくなってしまった刹那を至近距離でまじまじと見つめる春川!
もはや手の届かない場所へと行ってしまったからこそ、強く、激しく、その思いは燃え上がる!!
「君を造ろう 美化もせず 風化もせず 1ビット足りとも違うことない君を造ろう どんな手段を使ってでも 本当の君にもう一度会いに行こう」
春川の目的は「死者再製」!無へと帰してしまった彼女を、自らの手によって無から完璧に再現する!!
「『新たな刹那を構築せよ』 これが…1と0をつなぐ存在 電人HALが作られた理由だったのだ」
新たな自分を構築し、その後に新たな刹那を構築する!寿命の無い電脳世界で彼女と永遠に行き続けることがHALの願い!!
「電子ドラッグの正式な治療薬(ワクチン)だ」
“ANTI”じゃなくて“UNTI”になってる!ソフトンさん!?
それとも、電子ドラッグの呪縛から解放するという意味でuntie(解く)をもじってるのか?
「あらゆる媒体の発信源にこのプログラムをインストールすればいい」
キャスターやアイドルの頭に注射器が刺さってるんですけど!!
「春川は私に自己破壊の権利を与えなかった 最後の決定(エンター)は…外部の人間が入力しなくてはならないのだ」
プログラム人格であるがゆえのHALの悲哀!電人HALを“殺す”ことはヤコにしかできない!
「私が…0になってゆく」
刹那と同じように、失われていく自分を体験するHAL!
「1の世界でも遠かった 1と0の狭間に来ても遠かった どんなに彷徨っても決して会えなかった君が… こんな… こんな近くに!!」
完全な“0”になる刹那の瞬間、死の間際に、あれほど探し続けていた刹那と出会い、その腕に抱かれたHAL!
それはただの幻覚、いやプログラムのバグだったのかもしれない。ただ、間違いなく刹那は“そこ”にいたのだ。
「私…ハ… マン ゾク ダ」
愛する人の腕の中で満足そうに逝ったHAL。
だが、彼がどうあがこうとも、死ぬことでしか、しかもほんの刹那の瞬間でしか彼女に会えなかったのだと思うと、切ない。
「消去しました。」
コンピューターの画面はあまりにもあっけなく、冷たく残酷にHALの死を告げる。
「貴様は泣くのではなく笑うべきだ」
ヤコの悲しみも知らず、勝利の喜びに笑えと告げるネウロ!
「…わかんないよっ… …あんたなんかには…!!」
「…………そうか ならばいい」
春川と刹那の距離が近くて遠かったように、ヤコとネウロの心の距離はあまりにも遠い。
「日付も変わった 帰るぞ」
貴様の日付はいつになったら変わるのだ? かつてネウロはそう問いかけ、そして今、ヤコは期待以上の答えを出した!
涙とともに成長したヤコ!極上の謎を食って元気モリモリのネウロと共に、今度はどんな事件に挑むのか?


ユンボル
読者置いてけぼり感は多少ありますが、勢いと疾走感があって面白そうですね。
回想のデフォルメされたリベッタ姫がかわいかったです。


ラルグラド
「ちょっ………これ完全にラルの趣味でしょ!!」
無類の女好きでおっぱい星人、ロリコンを公言し、おまけにメイド趣味…なんて斬新な主人公なんだ!(え)
「こんなのダメ!結局女しか連れていかないし」
ラルはドラクエ3でも勇者以外は全員女のハーレムパーティーで冒険したことだろう…。


メゾン・ド・ペンギン
あん馬先生は体罰教師なんだね。


竹田君
「結婚します」
雨降って地固まる!本気でぶつかり合った両者に芽生える熱い感情!!(え)


こち亀
「ソフトバンクの例を見ただろ!周りの空気を読んで動かないといたい目に遭うぞ」
公正取引委員会から行政指導を受けたりしましたね。
「ソフトの紹介も一本もして無いだろ!」
「フフフ…そこがわが社のサプライズだ 1月1日に突然50本のソフトが発売される!!」
アホか!一度に50本も出されたら何買えばいいかわからんわ!!
ていうかハード発売と同時発売にしろよ!ソフトも無いのにハードだけ買うわけねーだろ!!
「ソフトが強力だからハード機は諦めてソフトメーカーになる方が得策だ」
セガのことかーっ!!!!!
セガサターン、シロ!(せがた三四郎


とらぶる
「さすが弄光センパイ!!まだ話の途中なのにスタートしたぜ!!!」
そこにシビれる!あこがれるゥ!…ってなノリを感じたぜ!!!


ムヒョ
「あのバカ一体何を血迷った!!? この非常時に一人で MLSだと!?」
読者のほとんども先週そう思いました。
勝手に一人で暴走するなよロージー…。
「寝てろ この役立たず共が」
満身創痍の仲間を見かねてムヒョが追跡!世話の焼ける部下にいつも苦労してるんだろうね…。
「アイツ丸腰で平気か?」
「多分平気 コレ持って行ったから」
謎の巻物を持って行ったから安心と告げるビコ!それは書がなくても一時的に魔法律が使える、トルネコの大冒険でいうイオの巻物みたいなものなのか?
「霊気雲は霊磁気の強い所ならよく発生するしここでも珍しくない それに箱舟もさすがに協会は敵地だ 大それた動きはさける―― といいんだがね……」
オレビア!ペイジの言うことはあてにならない。
「キツネの踊り子ちゃんまたねーん いつか素顔見せてねぇ~」
あからさまに怪しい踊り子登場!露出の高い衣装とナイスバディで、スケベオヤジを中心に大人気!!
「あれ?札が――」
「オヤ?お守りが…!?」
「見事な「封じ崩しの舞」だにゃ アイビー」
…にゃ?
フダやお守りがボロボロと崩れ行く!それは踊り子=アイビーの仕業!
「それはどうも 箱舟の同志――いや我が師(マスター)「ブープ」」
アイビーだけではなく、毛むくじゃらの老人「ブープ」までもが協会内に侵入されていた!
どんだけ協会の警備がザルなのかって話だ。
「いつ協会へ?」
「ヒョホホ お主が小銭を稼ぇぎ始める前かの」
両目の焦点が合っていないブープ!斜視ってやつだな!!
「我々「霊使い」は直接攻撃できない分 頭と金をうまく使えと教えたのはアナタでは?」
ブープもアイビーと同じく霊使い!頭と金を使って、アイビーは何を企んでいるのか?
「目覚めを待つ凶悪な霊のうめきが聞こえる…!!!」
少女がトラウマになりそうなくらい凶悪な表情を浮かべるアイビー!悪夢は着々と近づいている!!
「僕は…!!魔法律家としてムヒョの役に立ちたい!!」
その意気込みはいいんだけど、暴走して勝手に走っていくのはいけないと思うんだよね。
「そこで… 何を やっとんじゃコルァ――」
出会い頭に暴力を振るう少年!どんだけ暴れん坊やねん!!
「テメェがMLSに侵入したっつー女だなクラァ」
女だと認識してたのに殴ったのか!それって最低じゃない!?
「ボク男です~~」
こんなにナヨナヨしてるけど男なんです!
「じゃオメーはなんなんだよッ!!!」
もっともな疑問だ。
「チッ やりづれぇ」
初級の魔法律入門書を見て急におとなしくなった少年!彼も落ちこぼれだったのか?
「おっそーだ オレ「ギンジ」!! MLS高等部五年生 一応裁判官補佐の素柿家銀二だ ま ひとつヨロシク!!」
なんかサイヤ人みたいな髪型の少年の名前はギンジ!デコキャラとしてヨイチと対立しそうだ!!
「ナナちゃんのカメラだ!!」
カメラが大好きなナナがカメラを手放すなんてよほどのことがなければありえない!
「こ こ こ こ こ これは…!!」
「「百厄輪の面」だとぉ!? とっくの昔に呪いの効力が消えたはず!!」
「ナ ナナちゃん……!!!」
呪いの封印は解かれ、魑魅魍魎が姿を現す!
百厄輪の面の口からはナナのものらしきスカートが!この二人で彼女を救い、生きて帰ることができるのか?


もてキング
「YES!YES!YES!”OH MY GOT”」
ダービー弟を倒した後のジョセフじゃん!
もしかしてオラオラですか――ッ!?(ジョジョ25巻参照
「ええ!?」
つけもの!?忍者隠れ身の術!!
「やったー!!6部3巻カバー絵達せ―――い! ありがとね佐渡さん!」
意外とあいすも協力的なのね…。
6部3巻の表紙絵とほぼ同じ構図のコスプレ写真完成!
「ゴメーン 重ちーの衣装はないの」
じゃあ代わりにドドリアさんの衣装でも着とく?(確かに似てるけど!)
「バカ あんなマネできるか 人前で裸を見せたり男女が抱き合ったりするのは恥ずかしい事だぞ」
ミオ先生にそう教えてもらったんだ!


ジャンプ魂
日本一の武士の一分決定戦!!
「無言電話には、こっちも無言で受けてて立つ!」
どちらが先にしびれを切らすか、我慢比べだ!
「アメは口に入れた瞬間噛み砕く!」
なめるなどといった女々しいマネなど言語道断!破壊の欲望をアメ玉にぶつけろ!!
「プチプチは捻って潰す!」
ひとつずつプチプチ潰すなどといったせせこましいマネなど言語道断!破壊の欲望をプチプチにぶつけろ!!
「どんなにゴミ箱が遠くにあっても、ゴミが入るまで投げ捨てる!」
ゴミがうまく入らなくて、わざわざ拾いにいって捨てなおす姿がかっこ悪い。
「校歌は絶対口パク!」
合唱を強制する大人たちにせめてもの反乱!!
「ピザの事をピッツァと言う!」
キザだと笑われようが、これが私の生きる道!(パフィー!?古いよ!!)

イニシャル魂
「P・・・パンパカパーン
 T・・・ちくわぶが
 A・・・当たりました!!」
あんまりうれしくねぇー!!
「P・・・ポット出の
 T・・・タカアンドトシなんかに
 A・・・アタイら、いくよくるよが負けるはずがなーい!!」
ベテラン女性漫才コンビ、今いくよくるよ!どやさ、どやさ!
今いくよ・くるよについて、詳しくはこちら
「P・・・パトラッシュ。ボク…
 T・・・友だちに言われたんだ。
 A・・・あんたの犬、臭いって。」
犬の臭いについて、詳しくはこちら

超進化魂 テーマ:おにぎり
「片手でにぎったおにぎり」
野性的ー!!でも全然食いたくねぇー!!
「おにぎりが如く」
スタイリッシュになってるー!!
「おにぎりか!」
おにぎり芸人!?
「欧米か!!」
もはやおにぎりですらねぇ!ハンバーガーだ!!

オレが日本一
「カレーをハシで食った回数なら、オレだって日本一だ!!」
すげぇ食べにくいんですけど!ああ~っ、イライラする!!
「食事中に舌や唇を噛む回数ならオレだって日本一だ!」
あわてて食べるから…。地味にジンジン痛むんだよね。


巻末作者コメント
「みかんのおいしい季節になりました!モリモリ食べて、バリバリがんばります!応援よろしく!<武井宏之>」
「蜜柑のおいしいこの季節、色んな産地や銘柄があり迷います。今こそ唸れ俺の審美眼<西義之>」
これが…アロロパシー!?(違う)
ユンボルもムヒョも未完のまま終わりませんように…。
うおおおプリンセスエンチュー!!!!
「松井先生本当に有難う。無茶なコラボしちゃいました。また飲みに行きましょう<澤井啓夫>」
飲んだ勢いでコラボを承諾したらしい松井先生!師弟の間柄として、今でも仲がいいんですね。


OK!JUMP GUY
「感染性胃腸炎になった。中村Jr→中村さん→籾山→うすた先生と、現在ジャンプで拡大中。胃腸炎ウイルス恐るべし!!<籾山>」
今週ディーグレが休載になったのも星野先生がノロウイルスに感染したからだそうです。
ジャンプの緊急事態はニュースにもなりました。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:44 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog