コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

09 2006

ジャンプ36・37合併号感想

完成しました。

ボーボボ
「ジャンプダブル表紙」
ボーボボのヒロイン担当、パチ美かよ!!
「みんな集まれ!!真説の名の下に!!!!」
デフォルメされたチビキャラたち、かわいいですね。ガ王なんて、そのまま動物園のおみやげマスコットにできそうです。
「首領パッチ君が怒んパッチになった! でも突然なんで…?」
「なんでって ただ目立ちたいだけだろ あのバカ」
「言えてる 基本バカな子だからな~」
このお二人は、お仲間のことをよくご存知でいらっしゃる…。
基本バカな子って…。このイメージ図、ちびまる子ちゃんの山田みたいだな!
「何その散々な言いっぷり!!ヒドいよ!」
正しいツッコミだな!
「オレはただこれ以上仲間の血を見たくないだけだ」
「…首領パッチ君がまともなことしゃべってる…」
「ビュティも結構ヒドかった…」
そりゃいつものあの姿を見てたらしょうがないわな…。
「おしゃべりは終わったかィ?」
ゴリョーかお前は!!
「きゃははいきなりやられてやんの!! 弱っ」
「ダセ――ウケル―――」
怒んパッチのやられっぷりに大爆笑!仲間意識など皆無!
「痒いぜ」
全くのノーダメージだった怒んパッチ!圧倒的強者の余裕!!
「バカなァァァ―――――――――!!! ダイヤモンドぞォォ――――――――!!!?」
怒んパッチの尋常じゃないタフさにテンパるズノウ!
「ハジケろ!!」
怒んパッチエキス注入!手から発するオーラをハジケさせる攻撃!!
「オレの仲間を傷つけるヤツは許さねぇ」
ポコミをお姫様抱っこでしっかりと受け止めた怒んパッチ!仲間に対する熱い思いこそが怒んパッチの信念!!
「ちょ…オレの立場ないんだけど…」
「これが怒んパッチ…ステキ」
正統派ジャンプヒーローな怒んパッチの活躍にシビれる一同!!
「アハ ハハハハ パッチン強い♪カッコイイー♪」
首領パッチの意外な一面!喜ぶポコミ!
「善滅丸+3『真拳封殺の八十九計』!!!」
「意味ねぇよ オレ真拳じゃねえし」
真拳封じが効かない!ク-ルに決める怒んパッチ!!
「いくぜ 真説・タケノコソード!!!!!」
エリートアカデミー四天王の3人を瞬殺!まさに鬼神のごとき力!!
「…ズノウ …すまん」
「メル!! ぶっ飛びニャンコ大臣!! 爽快スポ恋メロンBOY!!」
「名前ダサッ!!! そんな名前だったのあの二人」
ぶっ飛びニャンコ大臣って…。大臣だったの!?
爽快スポ恋メロンBOYって、えらく長い名前だな!若気の至りってやつか…。(違う)
「心配ない 気にくわないが怒んパッチ時点で勝負はついている それに アイツとっておきを用意しているようだぜ」
もはや疑う余地はない勝利!加えて、怒んパッチはさらなる力を隠している…!?
「ハジケろ 怒雷蜂!!!!」
両手からほとばしる爆発的な衝撃波!木の葉のように脆くもハジケ飛ぶズノウ!!
「一皮むけたな…」
お前はなんにもやってないだろ!物知り顔しやがって!!
「ツルビーニャ様 ナメ郎様 ポコミ様 オレ達にとって3人の卒業生は神以上の存在だった… そしてオレ達はツルビーニャ様の期待に応えるべく ボーボボ・ポコミを倒す勝利への方程式をつくりだしたんだ」
少女漫画風になー!!
なんだかとってもメルヘンだ!メロンBOYって、木になってたの!?
「それを…こんなわけのわからんヤツに…」
その無念はわからんでもないぞズノウ…。
ボーボボもポコミも封じたのに、意外な伏兵によって全滅させられたアカデミー四天王!
「せっかくのジャンプ36・37夏休み合併号という大活躍の大舞台だったのに それを… こんな首領パッチなんかに…」
その無念はわからんでもないぞボーボボ…。
すっかり主人公のお株を奪われたボーボボ!失望のあまりに撃沈!!
「ここでいつもの首領パッチ君に戻った!!」
あれ?こんなにバカ面だったっけ?
怒んパッチになると、その後遺症としていつもよりバカ面になるのか?
「首領パッチ―――――!! おつかれさまー!!おつかれさまー!!」
ねぎらいの気持ちが全く伝わってこない!
悪魔超人っぽい姿になった3人が首領パッチを手荒くもてなす!ガ王のアシュラマンが似合ってる!!
「きたろーどーん」
ぺしゃんこにされて一反もめんになっちゃった!!
「ナメ郎 助けにきたぜ」
「きやがったか」
ナメ郎がスーパーサイヤ人になってるー!おまけに、ツルビーニャが惨殺されてるー!?
いったいこの二人に何があったのか!?待て次号!!


ネウロ
「ジャンプダブル表紙」
ネウロのヒロインってあかねちゃんなの!?
「好物は凍らせプリン。」
お店のメニューにもあるみたいですね。
「…世間は大変なことになってるけど とりあえず落書きはやりとげよう」
それはそれ!これはこれ!それほどに弥子の復讐心は強いのだ!!
「大半の国民は犯罪に頼る発想自体が滅多に頭をよぎらない」
無人販売所なんて、最近はめったに見ないけど…。
「これは誇りこそすれ恥ではない 進んだ対策を取らざるをえない国こそが恥なのだ!!」
笛吹の熱い主張!誇るべきは安全ではなく、平和!!
「ハリネズミの針が邪魔なら…その針を抜けばいいのだ」
ガムテープで!?なんて荒っぽいやり方なんだ!!スネ毛処理じゃないんだから!!!
「吾代にその地域をしらみ潰しに調べさせ…」
なんでファイナルファイトなの!?望月はハガーかよ!!
右端にアンドレっぽいのもいるな!

ネウロ番外編
「好物は凍らせ水ようかん。」
夏は冷凍みかんなどの、凍らせたおやつがおいしいですよね。水ようかんを凍らせると、甘味がほどよく軽減されるそうです。
また、ヨーグルトを凍らせてみたりするのもおいしいらしいです。
「いつもネウロに付き合わされているとなぁ… 夜のお墓位じゃ… まあ怖いっちゃ怖いけど」
よそんちのお供え物を勝手にパクつく弥子!なんてバチあたりな!!
「見守る…僕等は優しく…見守る…」
えぇー!?僕らって、弥子のお父さんのことを言ってたのー!?
デブの浅田って霊感あったんだ!?弥子のお父さんと一緒にこれからも優しく見守ってあげてください!!


ジャンプオールスターゲームブック
「ボーボボ:これがくり抜かれた天の助のパーツだ!!」
全部「ボ」じゃねーか!クイズとしての形を成してないよ!!
「もてキング:Q1.石の上のカエルをなぐっても、割れるのは石だけ。これな~んだ? Q2.歯のすき間から飛び出してメスよりもよう切れるのな~んだ? Q3.何も持ち込めない牢屋の中で、囚人が少年ジャンプを読みながらラジカセを聴いているよ。なぜだろう?」
波紋と幽波紋(スタンド)の問題ばっかだな!ジョジョファンしかわかんないよ!!
「ボーボボ:この超難問の答えが、まさか主人公の名前だったとは!!これは誰も予想し得なかっただろう!!」
んなわけねーだろ!!バレバレだよ!!


アイシールド21
「終わった 何もかも――」
いつも不敵な笑いを浮かべてきたヒル魔が、神妙な顔で夢の終わりを悟る…!
「奇跡なんか…最初っから起きるわけねえだろ…自分でムリヤリ起こさなきゃ自然に奇跡なんか起きるわけねえっつってんだよ…!」
しかしモン太はしっかりと前を見据える!その目には、何かをやり遂げた男の力がある!
「計時係 時計戻して!」
「まさか…テメー…」
「言っただろ キャッチじゃ誰にも負けねえってよ…!!」
奇跡を、希望を、フィールド外の芝を掴み取ったモン太!
「テメェ…やりやがったなこの猿…!! モン太ァァァアアア!!!」
糞猿ではなく、初めて「モン太」と名前で呼んだヒル魔!それはヒル魔なりの賞賛の証!!


リボーン
「TVアニメ化決定!!」
ディーグレに続いて、リボーンもアニメ化!すごいですね。

リボーン番外編
「パラボラは開くと傘そっくりです だからといって傘として使用すると かなりスリリング♪」
スリリングどころの騒ぎじゃねぇだろ…。ヘタしたら死ぬぞ!!
ていうか、こうなることをわかっていて貸したのか!?レヴィ・ア・タン…恐ろしい子…!
「ヴァリアーの嵐の守護者ベルフェゴールは 『だってオレ王子だもん』で けっこう何でも片づけます」
なんとなくそんな気はしていました。
「足踏んだよ」
「謝らないよ だってオレ王子だもん」
王族として、その傲慢な態度はどうかと思うんですが…。
「お客さん!お勘定!」
「払わないよ だってオレ王子だもん」
王子だったら金持ってるだろ!食い逃げなんてショボいことすんなよ!!
「ここ女子トイレよ」
「……………… だっ だってオレ王子だもん」
動揺してるじゃねーか!苦しい言い訳だ!!
「王子って100%男でしょ!?」
「むしろダメよ!!!」
ごもっとも!まぁ、逆にオバサンが男子トイレで用を足しにきたりすることもあるけどね…。
「ヴァリアーの晴の守護者ルッスーリアは けっこう忘れ去られたキャラです」
ぶっちゃけたー!!!!
「覚えていたとしても彼の名前ではなく『変なオカマ』として記憶されていることでしょう」
さすがは天野先生、読者の気持ちをよくわかっていらっしゃる…。
「ちょっ…私だけ扱いひどくない!?」
でもおいしいよ!芸人的には。(芸人じゃないよ!)
「彼の特徴はピンと立った小指 消しゴム落としの時はその小指ではじきそうですよね」
「やんないわよ!!古いわよ遊びが!!」
とか言いつつもやってるし!今どき、消しゴム落としなんてやってる人いるんだろうか…。
「でも そんなルッスーリアも やっぱりヘンタイ♪」
「フォローになってないじゃない 覚えてらっしゃい!あなた!」
んもぅっ、踏んづけてやるっ!!(おすぎとピーコ?)


メゾン・ド・ペンギン
「そろそろ正体を現して」
佐藤さんの正体ってドラゴンだったの!?カッコイイじゃん!!
「釣りと兄弟仁義」
中国の故事に、こんなようなお話があったなぁと思い出しました。


ムヒョ 夏の特別番外編 死のカウントダウン
「ジャンプダブル表紙」
ムヒョもナナも魔法律マーク入りの浮き輪を持ってる!協会ってこんな物まで作ってるの!?
「学校。皆が集まる場所。その影に霊が棲むトコロ…」
最後の血文字が空中に浮いているところがいいですね。
「学園の七不思議」
怖い!だってみっつしかないもの!!(え)
「え?転校生のふりして潜入捜査ぁ!!?」
「はいっ!魔法律家のお二人にお願いしたく伺いました!!」
さぁさぁおいでなすって!ってなノリで、なにやら仰々しく依頼に来た女の子達!!
「お人形…さん?」
「確かにどーみてもコドモ…」
しかし横のお二人さんは、人に物を頼むときの態度ってやつを知らないようだ。
「今私達の中学が大変な騒ぎになっているんです」
今回の舞台は中学校!ムヒョとロージー、中学生で通るんだろうか…。
「全校生徒がおびえてるの!『死のカウントダウン』が始まったって…!!」
カウントしてないじゃん。
「――何か心当たりは…?」
「あります これは私がまとめた学校の七不思議です」
ヒマだな。
「その中の一つ―― 居残り先生」
依頼人のフジコは『不二子の恐怖新聞』の編集長!寿命が百日縮まっちゃう!?
新七不思議募集って、七不思議って募集するようなもんなの!?
「その先生は真面目で毎日遅くまで残るので居残り先生って呼ばれてたのですが 女生徒と恋愛関係になってしまい」
居残り先生はロリコン先生でもあったってワケか…。(違う)
「苦悩のあまり自殺」
校長室で!?校長先生に何の恨みがあるってんだ!!
「霊になって時々居残りするんだそうです」
居残りすればいいってもんじゃないだろ…。
職務時間中にきっちり終わらせるのがプロの仕事じゃないんですか?
「まさか…!! いや そうだ ――このデカさ…色味…!! 居残り先生のテストの×印だ…!!」
も、問題文が読みにくい…!答え合わせするとき迷惑だよ!!
おまけに、こんなにでっかく×つけられたら、生徒が余計落ち込むよ!嫌がらせか!?
「やっぱり×印は全部消してあるねムヒョ」
微妙に消えてない…。もっと綺麗に消してくれよ!
「はぁ~学生って楽しいね~まだ2日目だけど…協会の力ってたいしたもんだ」
なぜ協会はこんなところまで手を回せるのか?謎の多い魔法律協会…。
「これがウチの学校一有名な七不思議 『トビラ様』!!」
の割にはえらくシュールな落書きがしてありますね。
「プールか~久しぶり~~!!」
ロージーのワキ毛処理は完璧です!!!(そこはどうでもいい)
「早!!」
「~~てか なんでムヒョ 平泳ぎあんな速い―――って ハッ!!!」
泳ぎは大の得意だったムヒョ!手足が短いと不利なのに!!
「三回連続水着ドロで あー見えてメチャ傷ついてんだ」
三回連続で盗まれるのを許すなんて、学校はろくな対策をとってないのか!?
「――ムヒョ…!!今のは―――!!」
「全員プールから今すぐ出させろ」
水中であぐらをかくという、ずいぶん難度の高いポーズを決めるムヒョ!
霊を発見して上機嫌!!
「こ これは…!! 死の カウントダウン…!!」
いや、だからカウントしてないじゃん。全部同じ×マークじゃん。
「私やフジコいつも守ってきてくれた」
「ごめん レナの水着隠したの アタシ… なんだ…!!」
おーおー怖ぇー怖ぇー まぁったくこれだから女ってヤツぁよぉ~~(ミック?)
突然の罪の告白!それは意外にも、信頼する親友の口から吐き出された…。
「ホラ レナ2年生でさ…! 色っぽくなって―― 男子に…人気でてきて…!! 本当は羨ましくて… アタシ 2人を守れてなんか――」
ねたみ、そねみが人を狂わせる…!
実は男子にもてたかったカズミ!そう、彼女はもてクイーンになりたかったんだよ!!(え)
でも、水着隠してもしょうがないような気が…。もしレナがもてなくなってもそのおこぼれをカズミが頂戴できるわけじゃないし、むしろ悲劇のヒロイン要素が加わってレナ人気が上昇しちゃうんじゃ!?
おまけに3回連続で盗むだなんて、全然反省してないな!むしろクセになりつつあるよ!!
「そう…か…あ… オマエ…か…」
ヨイチのなれの果てみたいな悪霊登場!生え際がヤバイ!!前髪は居残りしてくれなかったんですか!?(え)
「――なぜさけ…ぶ? オマエは…私にコイツを殺して欲しいのでは…ないのか? それが オマエの 私への 願いではなかったか…?」
「一生のお願いがあります 私は今すごく苦しくて死にそうです 誰かは分からないのですが 私の水着を盗む人がいるんです どうかどうかお願いです 見つけて重い罰を与えて下さい トビラ様…!!」
水着ドロの恐怖にぶるぶる震えて、トビラ様の裁きを切実に願うレナ!
でも、さすがに殺して欲しいとまでは思ってないんですけど!!
「オメェはそんなつもりじゃなくても自我の薄い悪霊には通じねェんだよ」
ついでに頭も薄いぞ!!(え)
なんとかと煙は高いところがお好き!下駄箱の上からぬっと現れたムヒョ!!
「オメェ達のトビラ様の正体はナ 罪滅しにとガキの小さい願い事聞いてたらすっかり神様気分にハマっちまった 通称『居残り先生』とかいう ただの悪霊だ…!!」
「チガウ…私は神…神 神…!」
そうだ私が居残り先生だ ならば どうする ここで裁くか? いいか 私は居残り先生 そして 新世界の神だ おまえが今 目の前にしているのは居残り先生だが 新世界の神だ(ライト?)
いいえ あなたは―――― ただの人殺しです あなたは生徒の願いや神様気分の力に負け… 神になろうなどと勘違いをしている… クレイジーな大量殺人犯(?) ただそれだけの 何者でもありません(ニア?)
「何が神様さ…!! 願いを叶える為なら何でもやるなんて そんなの神様なんかじゃない…!!」
あんたなんか神じゃない なんだ このザマは 何故カズミをこんな目に遭わせる あんたは神じゃない クズだ(魅上?)
「チガウ…チガウんだ…私は私は私は…!!!学び舎を守る守護天使!!!」
言うに事欠いて守護天使か!天使って顔じゃねーだろ…。
ツノとキバ生やした知恵ハゲ天使になんか守って欲しくないやい!!
「生徒の手前格好つけときてえんなら ビシッと地獄に行けや」
守護天使を名乗るなんておこがましいぞ!!
「『魔人検察官』の刑に処す」
「魔人検察官に捕まると最後…強力な霊でも逃げられず――地獄で永遠に責められ続けるんだ…!!」
な、なんて陰険でいやらしい魔法律なんだ…!
「私は学校を愛していた…生徒達を愛していた…」
でも生徒と関係持っちゃいけませんよ!!
「キミの願い事 叶うといい 3人ずっと 友達でいれますように…!!」
あんたがカズミ殺したら願い叶えられなくなるところでしたよ!!危ない危ない…。
「ちゃんとアタシについて来ないからよ!! カズミもさぁ 悩んでるなら…相談してよぉ…!!」
「ごめん…あたしレナに取り返しのつかない事…」
「そんな事ない そんな事ない だから 取り返しがつかないなんて 言わないで……」
死んで本当に取り返しがつかなくなってしまうところだった!
若さとは時に過ちを犯すもの!しかし、その過ちを反省して修復することもできるのだ!!
「――それにしても…友達っていいもんだねっ 何でも分かち合えて…」
今度はみんなで水着着てプール!でも、プールにまでオカルトグッズ持ち込むのはどうかと思うよフジコ…。
「ボクらもちゃんと分けようよぉ~」
「ヒッヒ」
スイカを大量に独り占めするムヒョ!食い意地張ってます!!
しかし、スイカをたくさん食べ過ぎるとおなかを壊すという罠が待っている…!!!

夏休み -霊の友-
「悪霊スポット 平将門の首塚」
東京都千代田区大手町一丁目一番一号にある、将門の首塚について詳しくはこちら
「こらぁ!なにしてるの!!」
今井さんオチなのはいいとしても、やっぱり微妙にキャラ違うような気が…。
そんな、近所の世話好きお姉さん的なキャラじゃないよ!

もてキング
「イヤアアアアアアア許してェェェェェ!!!私まだ死にたくなァァァァァァい!!!」
突然の断末魔の叫び!!
「いる!餃子がいる!」
サイコキネシスでくじを操作したのか?どどん波ー!!
「実況は三日三晩かけてそのコツを勉強していたにもかかわらず ゆうべ冒頭の悲鳴を上げて倒れてしまった現放送部部長に代わりその時教えていた元部長 明石サマンサがお送りします!」
「同情に耐えねえ!」
三日三晩イヤというほど叩き込まれたら、壊れちゃっても仕方ないわな…。合掌。
「ヴァジュラ!!!!」
ゾロかお前は!!もはや人間じゃねぇな!!
「うるせーよ!儀式の邪魔すんな!!」
いつの間にジャシン教の信者になったの?戒律厳しいよ?
「イヤアアアア マッチョが汗の塩分飛ばしてくるゥ――!!」
リボ-ンっぽいな!!これで照明をブッ壊せるぜ!!
「気を失って尚君臨するのか」
この後、バリカンでマルガリータにされるんですか?
「そんなもの最初から覚悟完了してるぜ!」
覚悟のススメ?チャンピオンネタも通じるなら、今後みどろさんネタなんか出てきたら…厄いわね。
「きゃああああ!!!」
エムゼロ?スピンの首ってボルト固定式だったっけ?
「プフ……レ…レモン入りの薔薇の棘は い 痛かろう…フッ」
ダイアーさん!?そんなねむっちまいそうなのろい動きでこのディオが倒せるかァ―――――――――!?
フフ……は…波紋入りの薔薇の棘は い 痛か……ろう………フッ byダイアー(ジョジョ5巻参照)
「ここにあった本…」
すでにサクラっぽい目になってる!!
「何か気味悪いってばよ」
気味悪いというより気持ち悪い!サイの絵本!?


みえるひと
明神さんが逆スーパーサイヤ人化しちゃったー!!


ジャンプ魂
日本一許される遅刻の言い訳決定戦!!
「3塁ベースコーチャーが静止のジェスチャーを見せたので。」
そりゃあ止まるしかないわ。後で監督に怒られるのもイヤだし。
「メインディッシュは後から来るものだ!」
お前じゃせいぜいスープってとこだな。
「ボクだけBダッシュが使えないんです。」
なるほど、徹夜でゲームして寝坊したと…。
「日本時間だったんですか!?」
じゃあお前は何時間で動いてるんだよ!!
「校門に猫水があったので近づけませんでした。」
お前は猫か!今はなんで近づけたんだ!?
「小次郎、敗れたり!!」
巌流島行って来い!!
「ゲドと一緒に旅をしてたんです。」
父親を殺したのかキサマー!!
「ボーダフォンが予想外の動きを見せて…。」
もうすぐソフトバンクになります。
「テメェが早すぎんだよ!!」
逆ギレ!?遅刻した分際でなんて図々しい態度なんだ!!
「キミのその怒る姿を見るため、そのためにボクは生まれて来たんだよ。」
ライオンハート!?どんだけ陰険な出生理由なんだ!!
「パラシュート使って来ようとしたけど、赤坂御用地に不時着してしまいました。」
よくSPに射殺されずにすんだな。
「我が第8小隊はポイント109にて敵戦車部隊と遭遇!生き残ったのは自分だけであります!!」
仲間を置いて一人で逃げ出してくるとは…軍人の風上にも置けんわ!!
「先生、あなたはかよわき大人の代弁者ですか?」
大人はかよわくねーだろ!これ以上挑発する気!?

ジャンプ喜利
お題・ジャンプの定価が突然一万円に!いったい何があった?
「一冊一冊、アイシールド21が走って配達したから。」
これなら読者も納得!でも、セナはめちゃくちゃ大変だ!!
「編集長が『昨晩、お告げを聞いた』の一点張り。」
変な宗教にハマっちゃった!?目を覚ませー!!
「いつもより2倍、と○ぶるがエロい。」
それは少年誌では無理です。
「集英社が正体を現した。」
金にあざとい正体を…。

ジャンプファン魂
「最近、ジャンプから声が聞こえてくるようになった。」
それはもう病気ですよ。
「ジャンプ下さい」「うりきれです」「ブッ殺す」
何このテンポのいい会話?ていうか、ジャンプが売り切れなのは店員の責任じゃないんですけど!!
この店員の顔はムカつくけどなー!!


巻末作者コメント
「思い出せないルフィの技がiモード検索で判明。読者の作ってくれてるデータベースがとても便利(笑)<尾田栄一郎>」
作者に使ってもらえるだなんて、データベースを作った人は光栄でしょうね。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 17:13 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog