コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

09 2005

ジャンプ27号感想

ボーボボ
「本当にこのメンバーだけで大丈夫かな・・・ やっぱボーボボがいないと不安だよ! ボーボボ早く戻って来て・・・」
一抹の不安を抱えるビュティ・・・
次のコマがヘッポコ丸ってところがすっごく不安!!(笑)
「騒ぐな髪の毛共 服を決めてる最中だぞ」
ビービビ兄さん、おめかし中!!
今は大切な娘たちとのディナーに備えるが吉!!
「……… パパ…」
「なんでもないよ ビタ さあディナーに行こうか」
子供ながらに父のいつもと違う様子に気づき、心配する娘、ビタ!!
父は娘には心配かけまいと、笑顔で優しい嘘をつく!!
「その頃」
ヒデーことになってる~!!
顔中落書きだらけ!!修学旅行生かお前らは!!
ひたいに”愛”って書いてあるし!!我愛羅かよ!?
鼻の穴に筆は突っ込んであるわ、耳たぶは洗濯バサミで挟んであるわ、もうやりたい放題!!
「体中ボロボロだぜ・・・・・・」
「なんの!オレ達はロボロボだぜ?」
ロボロボ!?疲れを知らない機械人形ってことか!?
「このままザコ処理ってことだーーー!!!」「YES]
「ぎゃあああ オレら露骨なザコ扱いー!!」
これはもはや消化試合!!レーザービームが火を噴くぜ!!
「ふぅ・・・もうオレには力が残ってねえってのに全くタフなヤツらだぜ・・・」
首領パッチ、本当に“高校鉄拳伝タフ”みたいになってるし!!
ていうかみんな、ヤンジャンネタとかわかるのか!?
「カメハメ波ー」
露骨にかめはめ波放ったー!!もうパロネタし放題だ!!
「ザコ処理!!!!」
安心しきっていたベーベベを首領パッチが襲う!油断禁物!!
「くらえ!!ブヒッとね真拳奥義『死のカウントダウン』!! カウント3 2 1 こんなのはいってましたーーー♪」
ショボい!!ショボすぎ!!なんかムカついてきた!!!
「高画質 高画質」
言うこともムカツク!!
「即殺してえよ コイツ・・・・・・」
ボーボボに角が生えた!!そりゃ怒るわ!!もうなんか裏切られた気分だ!!
「実はこのオレ『とっても健康マン』の正体は『貧弱マン』だったのさ!!元気が一番!!」
何ィ!?まさかここでこんなヤツが出てくるとは予想外!!懐かしいな!!
ていうか貧弱マンって真拳使いだったんだ!?それなりに強くね?
そして相変わらず言葉に説得力ねーな!!
「説明しよう 貧弱マンとはコミックス2巻で友情出演した男 その正体とは作者のデビュー前の原稿の主人公だったヤツである」
しかも作者のデビュー前のボツ原稿の主人公だって!?いったいどんな物語だったんだ!?
「こんなオレ達2人どーよ?」
どーよって言われても・・・ねぇ?
「完璧な使い捨てキャラじゃねーか!!」
「ですよねーーーーー」
言うべきことははっきりと言う!!それは大切なこと!!
ジャンピングサッカーボールキックで撃沈!!これでいけるさワールドカップ!!
「類いまれなる不遇の死」
思えば哀れな奴らだった・・・。
「お前達はおもいっきり使い捨てキャラだったが せめて最後は大ゴマで倒してやったぜ!!!」
せめて散り際だけは美しく!!それが戦士としての情け!!
「そのボーボボのやさしさに全米が泣いた・・・・・・」
その評価はあてにならねーぞ!奴らはすぐ泣くから!!泣き虫だから!!!「・・・・・・そんな・・・・・・オレの体がお役に立てなかった・・・」
自分のあまりのふがいなさに打ち震える極楽鳥!!
「フッフッフ ここに来て効いてきたな オレ達の夢奥義『シリアス台無し拳』が!」
「お前はもはや何をやってもカッコ悪い!」
ケンシロウきどりか!!ろくなもんじゃねーなコイツら!!
「ツーーーー」「涙!?」
悲しみと絶望・・・思わず涙があふれ出る!!
「玉ネギの汁が目に入っちゃいまちたねーーーーーー♪」
そんなわけねーよ!!雰囲気が台無しだよ!!
「ダイレクト玉ネギ!」
眼球にダイレクトで?こいつはキビシー!!
「キタァーーーーー!!!!」
何が!?そして後ろの飛行機なんだよ!?
「暗殺真拳超奥義『黒い鳥籠の中の少年の結末』!!!!」
「何ィーーーー!!」「コイツ自分で・・・!?」
自責の念にかられ、自らの体を貫く極楽鳥!!
「ビービビ様の役に立てぬ者などこの発毛獅志には不要・・・ 申し訳ございませんでした ビービビ様・・・・・・」
みずからの死をもって償う・・・哀れな一人の狂信者の末路・・・。
「思想はどうあれ すさまじい信念だな これが発毛獅志・・・ハンパねえ・・・・・・」
尋常でない覚悟の発毛獅志の姿を目の当たりにし、驚きを隠せないベーベベ!!
「見ろ!ヤツは毛の寿命を全うしただけだ・・・・・・ いずれ次の毛へと生え変わるさ…………」
コイツらって死ぬと毛になるんだ!?というより元々が1本の毛だったのか!?
「……ベーベベ兄さん・・・ こんな形になったけど これからは仲間として共に戦いましょう」
今まではグダグダだったけど、改めてベーベベを仲間に誘うボーボボ!!
「調子に乗んな 誰がテメーらの仲間になんかなるかよ」
オレはそんなに軽い男じゃない!!仲間になることを断固拒否する気高き男、べーべベ!!
「誰がテメーなんか仲間にするか!!!!」「ええっ!!!?」
ボーボボの鉄拳炸裂!!
ベーベベはもう何がなんだかわからない!!
「図が高いわ この万年下僕野郎がー!!!」
仲間にならないとわかったら、手のひらを返したようなこの態度!!
やっぱりこんな奴らと仲間にならなくて正解だった!!
「海に帰れぇ!!!海に帰れぇぇぇぇ!!!!」
塩をまく首領パッチ!!どこまでもワカメ扱い!!
「フン・・・まあいいさ せいぜいビービビ兄ィに殺されねえよう逃げ回るんだな」
ニヒルかつスマートに別れを告げるベーベベ!!
「うるせぇ!!さっさと消えろ このドテチン野郎!!!」
でもこのバカどもが黙って帰らせてくれるわけがない!!ヒドい扱いだ!!
「・・・・・・ 結局勧誘失敗か・・・」
「誠意は尽くした やれるだけのことはやったさ・・・・・・・・・」
ホントかよ!?あれがお前らの精一杯の誠意なのか!?
「何か大切なことを忘れてる気がするな」「ん」
落ちていく田楽姫!!
『北斗の拳』のユリアっぽい!ということはここはサザンクロスで、塔の下には山のフドウ達”南斗五車星”がいるのか!?(笑)
ケ・・・ケン あなたとの約束を守れなかった・・・ byユリア
「決着の刻(とき)」
そのころ・・・豆腐道場では竜虎の壮絶な戦いが決着を迎えようとしていた・・・。
「哀れな・・・・・・玉砕か」
愚かで脆弱(ぜいじゃく)なところてんを哀れむ豆腐!!
「テメーがな!!!」
しかしところてんは勝つ気満々!!先手必勝!!
「砕け散れ豆腐!!!」
うなりをあげる天の助の右拳!!やったのか?
「・・・・・・いいパンチだ」
あえてパンチを受け、余裕を見せる豆腐!!捕まってしまった!!
いいパンチだったぞ浦飯 今までで最高の・・・・・・ by戸愚呂
「豆腐を切らせて・・・ところてんを断つ!!!!」
肉を切らせて骨を断つ!!図られた天の助!!
「プルプル真拳奥義『豆腐の角』!!!!」
豆腐の角に頭ぶっつけて死ぬこともあると言われるほどの凶器をモロにくらう天の助!!
実はさすらいの豆腐もプルプル真拳の使い手だった!!これこそまさに真拳勝負!!
「悔いるがよい 悔いるがよい 悔いるがよい・・・ この豆腐に拳を向けたことを 哀れなる・・・ 小さなところてんよ」
戸愚呂に殴られた浦飯幽助ばりに吹っ飛ぶ天の助!!
圧倒的な実力差・・・やはりところてんは豆腐にかなわないのか?
「負けてねえ・・・・・・ オレはまだ負けてねえぞ うおおおおおおおお」
負けず嫌い!!!
わかっている。本当はわかっている。どうあがいてもかなわない相手だということは。
だからこそ天の助は歯ぎしりし、泣き、吼える。
だが天の助は決して敗北を認めない。
認めない。認めない。認めない!!!
自ら敗北を認めてしまった時、その時が真の敗北だからだ。
戦いから逃げ出すことも、ましてや命乞いをすることもない。
これはところてんの誇りをかけた聖戦だからだ。
どうあがいてもかなわないだって?
じゃあそれが本当かどうか試してみせようじゃないか!!
何度でも何度でも立ち向かってみせる。その命尽きるまで!!!
まったく・・・粋な男ですよ・・・。


アニゲボ
「短期集中連載!!ボーボボと首領パッチのいけにえインタビュー!!」
声優さんのインタビューですか。
僕のような地方組にとっては、もうなかなかボニメの話が聞けないだけに貴重ですね。
ビュティ役の野中さんは、確かに回を追うごとにツッコミがうまくなっていった印象があります。


アニ基地
「レム 旧Dブロック隊長で、睡眠真拳を操る男。」
男じゃねーし!!女だし!!ちゃんとチェックしといてくれよ!!
おまけに睡眠真拳じゃなくて爆睡真拳だよ!!これは誤植じゃなくて変更か?
「カンピョー君」
カンピョー巻きみてーな名前に変更されちゃったよ!!
カンチョーぐらいいいじゃん!!いちじくかんちょう作ってる人怒るよ?


デスノート
今週のニアの遊び・・・サイコロキャッスル
めちゃめちゃサイコロ積み上げとる!!お城になっとる!!
几帳面にサイコロの面まで整然と揃えてるし!!
ていうかこれだけ大量のサイコロ、どうやって集めたんだよ!!

「殺す 必ずノートもこいつより先に取り戻し 誘拐犯同様殺す」
すっかり役立たず扱いされ、怒りに燃えるライト!!
こいつだけは許せない。殺す、絶対に!!
「やられました 今ここにいる・・・いやこれはSPKのほとんどのメンバーが殺された様です」
崩れるサイコロキャッスル!!
それはSPKが壊滅的な打撃を受けたことを暗示している!!
メロ達によって、SPKメンバーやFBI長官が殺されてしまった!!
さっきまでの余裕はどこへやら、すっかり気落ちした表情のニア!!
「ははは いいざまだ・・・」
ニアの災難を笑うライト!!極悪!!
「私がこの事件に絡んでいると考えているのは通称メロ 写真はありませんし本名はわかりません」
写真はある。本当は写真はあるのだが、あえてそれを教えないニア!
2代目Lがキラである可能性がある以上、写真のことを教えるわけにはいかない!!
「リンダという絵の才能に秀でた子がいて今はかなり有名な画家になっていたのですが」
リンダって、「ニア たまには外で遊ぼー」「あいつはほっとけよ リンダ」のシーンで出てきた、ツインテールの女の子か!!
活発そうな子だったのに、まさか画家になってるとは・・・。
「ニア・・・メロ・・・L・・・ 何かゾクゾクしてきたよ」
やはり竜崎がいないとぬるい・・・そう思っていたライトに新たな好敵手が!!
これで退屈せずにすみそうだ!!



ネウロ
「ひとりきりの閉じた心 澄み切った暗闇の中でのみ 私は最大限の力を発揮できるのだ」
彼女はひとりきりでいたかった。ただそれだけだ。
「好物はからすみ大根。」
日本三大珍味か!!でもそれって酒のつまみじゃなかったっけ?
オッサンくさい好物だな!!
「あなたは大切な人を殺すことで・・・あなたと同じ『ひとりきり』の人たちの脳を揺さぶる歌を・・・再び歌えるようになったんですよね・・・?」
『ひとりきり』の人たちの脳を揺さぶる歌を歌うためには、自分自身も『ひとりきり』でないといけない。
彼女にとって歌うことと生きることは同義語だった。
だから、殺した。歌い続けるため、生き続けるために。
「2人ともかけがえのない人だから・・・だから殺したの」
「澄み切っていたはずの私の心の暗闇はーー 暖かくて優しい光に・・・侵されていた」
「私が『ひとりきり』でなくなるほど私の音楽は輝きと力をなくしていくのだ!!」創作者であるがゆえの苦悩!!
彼女は閉じた世界においてしか羽ばたけない。
優しくしてくれるほど、理解してくれるほど苦しんでしまうという皮肉!!
これが常人には無い能力を持った代償!!
「2人とも大好きだから・・・私の中からいなくなって?」
「私はひとりきりじゃないと歌えないから 私の心に暗闇を取り戻すために さよなら」
愛するがゆえに・・・悲しい運命の皮肉!!
自らかけがえのない人の命を絶ってしまったアヤ・エイジア・・・。
「私は後悔していない これでまた『ひとりきり』になれたんだもの 今の私は・・・・・歌への愛とアイデアで満ちあふれてる 例え死刑台に登るとしても・・・私はその時まで歌い続けるわ」
ひとりきりになれたことで、理解してくれる人がいなくなったことで、
歌というひとつの表現手段への愛を取り戻した彼女。
理解してくれる人が1人でもいるのなら、もはや表現する必要など無い。
「うそ・・・ アヤさん罪の意識でいっぱい・・・ じゃなきゃ・・・ せっかく警察をだませたのにうちに来る必要なんかないもん」
「依頼した人にこのトリックが解けても解けなくても 私はその運命に従おうと思ってた・・・ ・・・一度きりの贖罪の賭け」
「でも 探偵さん あなたにお願いして良かったと思ってる ほんとよ」
悲しく微笑(わら)うアヤ・エイジア。
誰かにわかってほしかった。でも誰にもわかってほしくない。そのジレンマ。
「明日も事務所に集合だ 来なければ全身の間接を引きちぎるぞ」
サラッと怖いこと言ってる!!
「私の知名度が・・・とんでもなく全国区になっちゃってることに・・・。」
ヤコが新聞の1面を飾っちゃった!!これで桂木弥子魔界探偵事務所も繁盛間違いなしだ!!

今回のエピソード、ネウロのテレビ談義から始まり、ホームページを見てアヤ・エイジアが調査を依頼しに来て、テレビの生放送に乱入し、アヤ・エイジアのファンや関係者のホームページが事件解決の鍵となり、最後はヤコが新聞の1面を飾る、
というところを見ると、「メディア、マスコミ」がテーマだったようですね。
前回は「巣」、その前は「食」がテーマ、といった具合に毎回ひとつのテーマをもって物語を作るという姿勢は、話に一貫性があってわかりやすいから好感が持てます。

また、なぜアヤ・エイジアは犯行から時間がたっているのに今頃依頼しにきたのか?という謎ですが、
それはネウロがホームページのあちこちに潜めた”謎に訴えかけるサブリミナル画像”が功を奏したんでしょう。
作中でははっきりとは描かれていませんが。



じゃんぷる
第9回GPスペースウォーズ編開幕(アウトブレイク)!!!
「反乱軍 酢豚の中のパイナップルに反乱したり、いちご100%のアニメ放映時間が遅すぎるのに反乱したり・・・とにかく反乱しまくってる3人。」
余計なことにばっかり反乱しとる!!もっとほかに大切なことあるだろ?
でも酢豚の中のパイナップルにはぜひとも反乱したい!!


ハイパー大喜利
お題 世界一運が悪い運河梨夫クン。彼がこれまでにしでかした伝説を教えてください。
「母にゴキブリと間違われ3回ひっぱたかれた」
ひでー!!自分の息子の顔ぐらい覚えといてくれよ!!しかも3回も!?
でもまあ殺虫剤まかれないだけマシかも。(そうでもない)
>まあこんなヘンな名前つけられたからな。ゴキブリ並みの扱いなのかも・・・ byどん
そんな悲しいこと言うなよ。
「芸能人でもないのに『抱かれたくない男』の1位に輝いた!!」
そこ、出川の定位置じゃん!
でもまあ、出川ですら結婚できたんだし、あんまり気にするなよ。
「三途の川がどんなところだったか、おじいちゃんよりもくわしく話せる。」
まあ、おじいちゃんは一度逝ったら帰ってこれないから。
よくいく観光地ベスト1!! byどん
確かに絶景には間違いないがな!!
「爆発寸前のセルと悟空が瞬間移動をして、家にやってきた!!」
もう死亡決定だ!!またすぐに別の場所に瞬間移動してもらわないと!
「ふとんがふっとんだ」
ただのダジャレじゃん!界王様かお前は!!


オレビアの泉
「オレビア!ケンカを止めに来るヤツが本当は一番暴れたい!!」
実際ケンカなんかしたこともないヤツはビビって止めにきませんからね。
あるいは自分にケンカの矛先が向かってきてもかまわないと思っている
血気盛んなやつが止めに入ることもあるかもしれません。
ケンカはやめろよ!やめろ!やめろって言ってるだろーが!(ボコッ)(殴ったー!)
「オレビア!何も買ってないのに、店を出るとき『またお越しくださいませー!』と言われると、かなり気まずい。」
特に長時間立ち読みした後だったりすると、気まずさ最高潮!!
「オレビア!メガネをかけてる人がバカだと安心する。」
人を見かけで判断したらだめだってことですね。

怒れメロス
「メロスは激怒した!一緒に登校している彼女が、女性専用車両に乗り込んだから。」
これが倦怠期!!
・・・っていうか、それって彼女じゃないんじゃないの?
「メロスは激怒した!T君が飼っている雑種犬をミックス犬と言って見栄を張るから。」
雑種は雑種だろ!?なんでも英語で言えばいいと思いやがって!!
「メロスは激怒した!メガネがくもって見えないけど外したらもっと見えないから。」
メガネ拭けよ!!あるいは水洗いしろ!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 22:52 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

«prev | home | next»

TrackBackURL: http://zzzseiji.blog9.fc2.com/tb.php/15-7cfc8f09

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。