コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

30 2006

ジャンプ17号感想

完成しました。

ボーボボ
「扉絵(相関図)」
デフォルメされたキャラがかわいいですね。
「オレのパンクズ弾の賞味期限は3時間」
賞味期限短ッ!!よっぽど古いんだなこの食パン!!
「体内で放っておくとじきに腐って内臓を破壊する」
幽白の蔵馬が使う、魔界植物の種よりタチ悪いな! おいしいパンには・・・毒があるのさ・・・。
「逆に傷口開いてるよ!!!!」
傷口に塩を塗るどころか、むしろ傷口を集中的に突き刺すホトポッポ!ダメだろ!!
「おみくじ!?しかも大凶!!」
体内からおみくじが!?「死ぬぜイエー」って、ノリ軽いな!!
「パンクズを取り出すと同時におみくじを楽しめる奥義!心ゆくまでひいてくれ」
お得ー!!・・・なのか?
「そうとわかりゃ大吉出すまで引くぜー!!」
負けず嫌いにもほどがある!!
「なお このおみくじには当たりが存在する 不発弾だ」
そんなもんどこから拾ってきたんだよ!!
「ドカーン ドカーン それドカーン」
どかーんなだけに土管が!ウザッ!!
「ええっ!?3人ともヤムチャ!!?」
栽培マンの自爆で相討ち!?油断するから!!
き…きっとヤムチャさんはいやな予感がしてたんだ……そ…それでオレのかわりに…… byクリリン(ドラゴンボール18巻参照)
ヤムチャについて、詳しくはこちら
「くっ・・・あやうく死にかけたぜ」
戦わずして自滅するところだったぜ!ヤムチャのように!!
「早く来てくれ悟空――!!」
悟空はあの世の界王様のところで修行してたから、地球に戻ってくるまで時間がかかるのだ!
そ……そんな……天津飯まで……… ひ…ひでえ……悪夢だよ……… つ…つぎつぎにみんな…死んじゃうなんて… byクリリン(ドラゴンボール19巻参照)
「栽培マン暁に散る」
かっこいいな!でもそんなセリフなかったよ!?
「札束がティッシュ代わり!!? 逆にふきにくいだろ」
あんまり水分吸わないし!硬いし!!
「け・・・テメーらの価値観は金だけかよ とことん下らねぇ」
「金金金――――――!!!」
言ってることとやってることが違いますよ!この金の亡者どもが!!
「これでわかったろオレ達は金に屈しねぇ そういう漢達だ」
わかるわけねーだろ!真逆の印象持ったんですけど!!
「最高の夜景と最高のディナー・・・最高のパートナー・・・」
勝ち組ライフを満喫する食パンちゃん!彼女はセレブなクロワッサン!!
「アンタ達が自分で描いてたのこのマンガ!!?」
こんな散らかった仕事場でご苦労様です!!
「何この超劇画なマンガ!!?もはやボーボボじゃないよ!!」
なんとなく小畑健風だ!こんな渋いボーボボも読んでみたい!!
てか首領パッチ、めちゃめちゃうめー!!!
「飛び出す絵本にしちゃった!! こんなの印刷できないよ」
手先が器用だなガ王!!もはやマンガじゃないけど!!
印刷のことまで考えるなんて、ビュティさん賢い!!
「よし!後はこの表紙を描いて・・・出来上がりだ!!」
描いてないじゃん!粘土細工じゃん!!
「今週分の原稿料だ」
「サバ缶2つ!!」
現物支給!?どんだけボロ出版社なんだよ!!
「って載せられるかこんなもん!!!!!」
ノリツッコミだ!ある程度の倫理感はあるんですね!!
「お礼にこっちも1つプレゼントしてやるぜ この勝ち組専用『純金オーブントースター』をな!!」
そんなでかいもんどっから出てきたの!?シャア専用みたいなもんか!?
「おお なんと素晴らしい まるで家のような感覚・・・」
食パンちゃんはプレゼントをすっかり気に入ってくれたご様子!
「バカが!!かかった!!」「コイツ勝ち組ってセリフに弱いぞ」
トースターに閉じ込められる食パンちゃん!焼き殺す気!?グロいよ!!
「オレは食パンだ!!焼かれたところでトーストになるのみ!!熱は効かん!!」
何その論理!?食パンとはいえ、焼きすぎると真っ黒コゲになりますよ!?
「真説・鼻毛真拳超奥義 ぶち落とし」
確かにこりゃ超奥義だわ・・・。だって奥義ですらないもの!!ただ高所から投げ落としているだけだもの!!
「ぎゃばん!!!!!」
「鬼だ!!鬼の技だ!!!」
ヒルズ族と呼ばれる事を誇りにしていたんだろう?ならばヒルズで死ねれば本望だろう・・・。(そうでもないよ)
残虐非道!トースターごと高層ビルからぶち落としやがったボーボボ!!
「何だ?今のものすごい衝撃は・・・? オレは一体何をされたんだ・・・?・・・」
トースターに閉じ込められて、それごとビルから落とされました。
食パンちゃんの顔が劇画風に!!
「今の戦いで服が破れてお前の本当の姿が出ているぞ!!」
ツギハギだらけのトランクスに、使い古しのカイロをテープで直に肌に貼り付けている!そこまでボンビーなの!?
「食パンが金持ちなワケねーだろ」
そりゃそーだわ。
「下らねえことをいちいち気にして人と比べてるようなヤツが真の負け組なんだよ」
渋いセリフを吐くボーボボ!そりゃ土管も惚れますわ!!
「ふ・・・完敗だな すごい漢だ・・・ お前には話そう オレがこうなったワケを あれは3年前・・・」
少し悲しげな表情で、漢は語る。嘘と欺瞞に満ちた、今までの道のりを。
「話長ぇよ!!!!!」
別に聞いてないしな!!!!!
でも、まだほんのさわりしか話してないんですけど!!もうちょっと聞いてあげてもよかったんじゃない!?
「どんだけ長々話すんだよ!!校長かよ!」
貧血で何人ダウンさせる気だよ!!!
「ヘッポコ丸様はバブウ様と共にこの学園 第三校舎の屋上にいる そこでお前はこの学園の秘密を知るだろう」
意味深な言葉を残す食パンちゃん。秘密のヴェールに覆われた、この学園の秘密とは?
「キミがナメ郎ちゃんでちゅね~ 歓迎するでちゅよ~」
「かかし共がオレに命令すんな ウゼェよウゼェ」
かかし眼がまだ治っていないナメ郎!ネオマルハーゲ帝国三大王・バブウを眼前にしても、その不遜な態度は崩さない!!
ボーボボ一行、バブウ、ヘッポコ丸、そしてナメ郎・・・。
群雄が割拠し、戦場は乱戦の様相を呈する!!!



ネウロ
「好物はおでん缶。」
流行りものにはなんでも手をつけてそうですね、ヤコ。
アキバ名物として、おでん缶は全国的にも知られる商品になりました。
「あの像はおそらく・・・絵石家塔湖が由香さんに向けて作ったものだ」
最後の自分像は、由香へのメッセージだった!それはどんな内容なのか?親子の絆みたいなもの?
「笹塚さん・・・あんな所で1人・・・何話してるんだろ?」
こっそりと電話する笹塚。その相手とは?
笛吹なのか、それとも裏社会の人間なのか・・・。
「成功しても失敗しても・・・その時間にはそこに行ってるよ」
一方、カボチャ=X(サイ)は、アイと電話で打ち合わせ!
「笹塚刑事!」
どうも不審な行動をしている笹塚!しかしカボチャが使っていた携帯とは機種が違うため、笹塚はX(サイ)ではないことが確定!
「まったく・・・・やっといなくなったと思ったら・・・今度は大量の警官を配備だと?」
犯人は真栗一茂だった!先週書いた予想が的中
「・・・犯人は・・・ ・・・おまえだっ・・・」
証拠を隠滅しようと現場に戻ったのが運のつき!
「今回このタイミングで殺したのは あわよくばX(サイ)の仕業に見せれるとも思ったからでしょう」
やっぱりそうか!
「・・・さあ早く『謎』を喰っちゃいなよ 俺がそれを・・・最後の食事にしてあげる」
ネウロが謎を解く一部始終を観察するX(サイ)!
この謎を喰った後には、怪物たちの直接対決というメインディッシュが待っている!!


デスノート
今週のニアの遊び・・・指人形、ノートの模型
あんなに小さいノートの模型まで作ってたんですねニア。手先器用ですね。

「削除」
神の邪魔者の名前を嬉しそうにノートに書き込む魅上!
「ノートに細工しました」
ニアの策とは、ノートのページの差し替え!
「思い通り!」
しかしそれはライトの想定の範囲内!不気味な笑みを浮かべるライト!
魅上には偽物のノートを持たせ、実際の裁きは高田にやらせていた!!
「おまえは甘い・・・ Lにはるかに劣る」
デスノートを実験し、その真贋を見抜くことを怠ったニアを嘲笑するライト!
「だ・・・駄目だ まだ笑うな・・・こらえるんだ・・・ し・・・しかし・・・」
ライトが笑いをこらえると、こんなにおかしな表情になるんだ!?
「35秒で勝ちを宣言しよう」
すっかり勝ち誇ったライト!しかしそんな時にこそ落とし穴が待っているもの!!
『相手が勝ち誇ったとき そいつはすでに敗北している』 byジョセフ・ジョースター(ジョジョ16巻参照)
「神 仰せの通りに」
悪魔的な表情を浮かべ、任務を遂行したことをライトに報告する魅上!
これが決定的な落とし穴になるのか!?


ジャンプヒーローキャラ言シール!!
「もう明太子しか手はねぇ!!!(首領パッチ)」
どういう状況だよ!?明太子が切り札なんですか!?
「アロロウロロウ(ムヒョ)」
何言ってるかわかんねぇ~!!せっかくの決め台詞が地獄の言語じゃ、なんか台無しなんですけど!!!


メゾン・ド・ペンギン
「大石浩二先生に苦情以外のお便りを!!」
やっぱり苦情ばっかりくるんだな・・・。
「部長が出てくる漫画を読めるのはジャンプでメゾン・ド・ペンギンだけ!!」
大御所中の大御所、『こち亀』でも読めますよ。


ムヒョ
今週の今井裁判官・・・新パートナー雇用
不死鳥のように再登場した今井さん!どうやら新しい助手を雇ったようです!!
その名は大木裁判官補佐!へぇへぇへぇへぇ!!(それはビビる大木だろ!はじめまして、こんばんみ~!)
今週は今井さんのセリフもたくさんあってよかったです。

「なんだアリャ!?」「鬼火だッ」
「落ちついて!!只の鬼火の群だ 害はない」
久しぶりに今井さんが登場!見回りご苦労様です!!
鬼火について、詳しくはこちら
「お子さんを寝かせてあげて下さい」
髪を後ろで束ねたこの女性が、今井さんの新しい助手のようだ!
「五嶺家の方角からですね」
「うむ・・・無念な思いを伝えに来たのだな――」
いちいち言う事がかっこいいよ今井さん!「うむ・・・」て!
「は 箱舟に禁書を盗られた!? その上 事件を公にしないと!!? そんなバカな事が…!!!」
今井さんにだけ特別に真実を語るペイジ!そんなに信頼されてるんですね!
ムヒョにはロージーを預けられてるし、今井さんってばみんなから頼りにされてますね!!
「しかもさっさと取り返せときたもんだ 呆れたよ」
言うだけなら簡単!
「協会がそこまで腐敗していたとは……!!」
今井さんは残って協会を守るつもりだったのに、その協会がここまで腐ってるとなると守るべき価値もありませんね。
「ヨイチ達が戻る前に作戦を練りたいんだが―――」
「もちろん手伝います!」
今井さんが作戦会議に参加するということは、当然その作戦には今井さんも参加するということ。つまりは今後も今井さんの活躍が拝めるってことですね!
「トーマス!? あの犯罪者と――…!! …すいません…!」
「ハハハ いいんだ 親友だったのは我々がMLSの教師時代の頃 10年も前になるからね」
トーマスとペイジは親友だった!一緒に虫捕りに行ってハチに刺された仲!!
昔はえらく爽やかなナイスミドルだったらしいトーマス!!
「奴は生徒に大人気だったよ」
周囲からは子供好きの優しい先生だと思われていた様子!!
「いつかねっ 広大な倉庫を借りたいんだよ!!」
その夢を具現化したのが、現在のトーマスの秘宝館!
「奴の純粋な仕草は仮面でしかなかった」
全ては演技だった!?トーマスの邪悪な本性とは!?
「頼む・・・代わりに謝っておいて欲しい・・・!! 無くしてしまったと・・・伝えておいてくれ・・・!!」
幼い生徒から大人げなく取り上げた押し花日記を見て興奮し、よだれを垂らすトーマス!
純粋な収集欲と表裏一体の狂気!!
「その凶気が気になり私は翌日身元の調査を依頼した 専門家の調査により身元偽装が発覚 トーマスは指名手配中の犯罪者だった」
ろくに身元調査もしないで、MLSは教師雇用してたの!?どんだけチェックがザルなんだよ!!
犯罪者かどうかぐらいは事前調査しといてください!!
「明日は遂に執行人試験だね 私の下でよく頑張った五嶺君・・・!!」
「こんな倉庫に呼びつけて・・・最後の講義は終えたはずです」
トーマスはゴリョーの師匠だった!執行人試験の前日に倉庫に呼びだすなんて、いかにも怪しいぞ!?
「君は本当にクールだった この五年の間ずっとね その間誰とも友達にならなかった そんな君を五年間も見てきた 手放すのは惜しい・・・ 名残惜しい程の美しい孤独! いっそコレクションにしてしまいたい・・・!!!」
誰かー!!ここにヘンタイがいまーす!!!
美を追求するトーマスの収集欲の対象は、ついに人間にまで・・・!
五年間大事に育ててきたゴリョーを手放すのを惜しみ、ついにその下劣な本性を現したトーマス!!
「これは・・・!!トーマス先生・・・!!」
師匠が禁忌に手を出していたという衝撃!
この過去こそが、ゴリョーがあそこまで禁魔法律家を憎む理由!!
「ハハハッ いいタイミングだ!!」
「動くな 投降すれば地獄行きは勘弁してやるぞ親友・・・ いや 半霊と言うべきかな」
ペイジのステッキは、まるで銃のように術を放つ魔具だった!
間一髪のところでゴリョーを助けたペイジ!
「なぜ禁魔法律なんぞに染まった」
「不死の力さ!!コレクションを完璧なものにするにはもっと時間が必要なんだよ・・・!!!」
トーマスが求めたものは時間!自分のコレクションを完成させるためには手段を選ばない!!
「オマエ一人でどうにかなる代物ではないぞ」
「そう 確かに 一人じゃ・・・ね・・・」
この頃からすでに『箱船』と接触を図っていたらしいトーマス!
「待て!どういう事だ!!」
サスペンダーだけをその場に残して消えたトーマス!それは協会との決別を意味する!!
「こちとら全くいいとこナシだね!! ハハハッ」
笑ってる場合じゃなくない!?でも気持ちはわからんでもないです。
「そうはさせません…!!」
拳を硬く握り締め、けなげに決意を固める今井さん!かっこいい!!
「コレ なーんだっ!!」
子供のように無邪気にはしゃぐトーマス!おっさんが何言ってんだ!!
先週引きに使われた「いいモノ」とは、わりと普通に禁魔法律書でした!!
「ナナちゃん キリコ ケーサツ来るまで二人を頼む!」
「がってんだ!!」
江戸っ子か!!!!
関係ないけど、「江戸っ子」という言葉が個人的に好きです。
「待てぃ・・・ ―― 一時撤退を・・・考えた方が・・・良い・・・」
息絶え絶えのゴリョーが語る不穏な言葉!弟子だからこそ知る、トーマスの恐ろしさ!?
「――も もうちょっと話は聞いてくれないのかな・・・?」
「聞くもんか・・・あんな事をしておいて許されるハズがない・・・!!!」
普段は温厚なロージーでさえ憤るトーマスの非道!
そんなトーマスの話なんて誰も聞いてくれません!!
「判例?んなもん今から作るんだヨ・・・!!」
俺がルールブックだ!(二出川延明審判
ロージーも軽くビビるほどの、ムヒョの冷酷な表情!!
「そんなにコレクションしたけりゃテメェがコレクションにでもなるといい・・・!! 『蠅王の宝箱』の刑に処す」
コレクションする側からコレクションされる側へ!皮肉をたっぷり込めた刑に処すムヒョ!
「奴の意味する究極のコレクションとは――――」
ゴリョーが理解した、トーマスの『究極のコレクション』の意味とは!?
「どういう事…!? 使者が攻撃しないなんて…!!」
蠅王の宝箱の上に座り、余裕すら感じさせるトーマス!
「話を最後まで聞かないからだ……!」
トーマスは話を最後まで聞かない人がお嫌い!!
「コレクターに宝箱とはしゃれたつもりかい…? この書の真ん中のマークは『蠅王』を表す 従って私の禁魔法律の契約主は 蠅王なんだよォォガキィィィ」
ムヒョを出し抜いて心底嬉しそうなトーマス!大爆笑!!
トーマスが魂を売った相手とは、コレクター仲間の蠅王だった!!!
「やれ」
「うん・・・ 破魔の術!!!」
「アブッ!!」
調子に乗って油断してるから、破魔の術がモロ顔面に直撃!ここで破魔竈の術使ってたら倒せたんじゃ!?
「ゴチャゴチャ言ってねーでかかってこいやクズが!!」
まったくそのとーり!いつになくムヒョがやる気満々です!!


もてキング
「あんた不良じゃなかったの!?」
今じゃすっかりいい人です。
「並んで座っとる――――!!!」
イメージの2人はなんで裸なんだよ!!!
ていうか、アレ?こんなシーン、確かムヒョロジにあったような・・・。
「ギャアアアアアアア―――――ッ」
狂ったように叫び声上げ始めたー!!エビアレルギーだったの!?
リアクションでかすぎだろ!!お前はヌ・ミキタカゾ・ンシか!!(ジョジョ40巻参照)
「え・・・?私の『状態2』がどうかした?」
NARUTOのサスケじゃないんだから!!
「お・・・お姉さま―――!」
その靴はヌ・ミキタカゾ・ンシのスタンドなの!?すごい跳躍力だ!!
「ヨッパラッテオオマタビラキ・・・」
妄想のあいすの寝顔が、ブイヨセンを倒して疲れ果てたロージーのようだ・・・。


ジャンプ魂
日本一のあるある決定戦!!
「自分のときだけ怒られる」
アイツもおんなじことやってたじゃん!なんでオレだけ!?
「隣の弁当のぞき込む」
優越感にひたりたいのか、それともあわよくばもらおうという魂胆なのか・・・。
「寝坊をしたのに二度寝する」
もうなんかどーでもよくなってくるんですよね。
「防犯カメラを意識する」
できるだけ怪しいそぶりは見せないように・・・。
「一円足りずに札を出す」
何この敗北感?
「削った直後に芯折れる」
ああ~っ、クソッ!
「3分待たずに麺すする」
せっかちさんだな!!
「シャワーがいきなり熱くなる」
鼻歌交じりだったのに、急に焦る!!
「水だけ飲んで耐え忍ぶ」
そこまで貧乏なの!?本当に苦しかったらご近所に助けを求めるんだ!!
「都会の空気になじめない」
もう田舎に帰りたい・・・。

キャラQ 一番友達になりたいジャンプキャラ
「越前リョーマ。英語を教えて欲しい!」
まだまだだね。とばかり言ってて、全然褒めてくれません!!
「ネウロ。オレに彼女がいないという人類最大の謎を喰ってもらう。」
胸に手を当ててよ~く考えてごらん。
「首領パッチ!!あのトゲトゲでマッサージしてもらいたい」
マッサージっていうか、普通に刺さってるんですけど!レムさん!?
「我愛羅と砂のお城をつくる」
超カワイイー!!!

俳句魂
「担任が チョークを投げて ヒジ壊す」
ルーズショルダーだったので肩も壊す!よって現役引退。(え)
「あの試合 奇跡が起きれば 勝てたのに」
逆に言えば奇跡でも起こらないと勝てないということですね。そうそう奇跡なんて起こるもんじゃありません。

イニシャル魂
「P・・・パクったんじゃありません
 S・・・知らないうちに
 P・・・ポケットに入ってたんです」
はいはい、みなさんそう言われるんですよね~。とりあえず奥の事務所まで来てくれます?


ガリプロ想像科
お題 ハミィにについてる秘密のボタン。押すと・・・?
「ボタンは実はホタテの貝柱だった。」
過去形!?微妙に答えになってない気が・・・。
「押そうとした指を執拗に切り落とそうとしてくる。」
押そうとした指を襲う、ということか・・・。(全然うまくないよ!)
「第2のボタンが生えるようにして出てくる。そしてそれを押すと・・・。」
なんだよその意味深な終わり方は!ちょっと怖いよ!!
そしてやっぱり答えになってないよ!!!
「うんこしたくなる。」
・・・誰が?押した人が?下ネタはもううんざりだよ・・・。


巻末作者コメント
「酷い食中毒で顔から体にかけて億康の親父みたいになって大変でした。早く治れ。<村田雄介>」
肉の芽が暴走した感じに!?それは大変でしたね。お大事に。
「いよいよ引越しです。色々起きた部屋と遂にお別れです。お疲れ、ムヒョの部屋<西義之>」
春は出会いと別れの季節・・・。
さようなら大自然。こんにちはコンクリートジャングル!
「地元の書店で自分の本を見かけないおかげで未だ初心でいられます。がんばろ。<大亜門>」
初心忘るべからず!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 19:15 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog