コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

20 2006

「ボーボボの感想文」と拍手返信

カンコンというイベントを知っていますか?
「参加者全員が何かの感想を提出。そのうちのどれが一番優れているかを参加者の投票で決定し、勝った人が賞品ゲット。」という、ネット上のイベントです。
僕は全然知らなかったんですが、なかなか有名なイベントらしいです。

先日、カンコン2と題して、そのイベントの第2回目が開かれました。
その参加者の一人、偽ありささんはなんとボーボボの感想をお書きになりました!
そんな大きなイベントだというのに、あえてボーボボを題材にするというハジケに拍手を送りたい。
ボボボーボ・ボーボボの感想(偽ありささんの作品)

内容は、さすがボーボボを題材にしているだけあって意味がわかりません。(笑)
「お前は今までにしたサービスの数を覚えているのか?」とか全然意味わかんない。ディオっぽいけど!
「ハナーゲイザ――――!!!」って、餓狼伝説のテリーのパワーゲイザーでいいんですかね?
状況設定はわかりにくいですが、父親が手術されている間に、娘の自分は手術室の前でボーボボについて考えている、ということでいいんでしょうか。なんて不謹慎な!(笑)
感想文というよりは、小説のような感じですね。


ちなみに、ボーボボの感想文では、有名な作品がひとつあります。
アニメ版『ボボボーボ・ボーボボ』は、カブキである(PDF)
見れない方はこちら(HTMLバージョン)

この感想文は、AJA日本動画協会が主催する、第 3 回アニメーション感想文(評論文)コンテスト一般部門で、見事最優秀賞を獲得しました。(平成17年3月31日表彰)
立樹 美季(たちき みき)さん、おめでとう!

歌舞伎を題材に、ボーボボについてまじめに考察、解説している巧みな文章にはうなるしかありません。
「自己の自由な存在更新」こそが、ハジケの本質だったんですね・・・。
ボーボボについてここまで真面目に語れる人はなかなかいません。もはや一級のハジケリストですね。



今週のボーボボ、食パンちゃんは本当に「食パンちゃん」っていう名前だったんですね。食パンちゃん様って呼ばれてますし。言いにくいよ!
元キング・オブ・ハジケリストのライスとケンカしそうなキャラですね。
あと、シャアさんっぽいガ王が面白かったです。ガンダムあんまり詳しくないんですが。

あとネウロ、
「最後の自分」像は、娘の由香へのメッセージだと見てよさそうですね。
犯人はまだわかりませんが、殺しの動機は芸術家・絵石家の隠し財産に関連しているようです。
妙夫人が犯行現場に行ったのも、隠し財産の居場所が見つかったとか何とか言って犯人が呼び出したに違いありません。
また、今週カボチャと由香が同席していたことから、カボチャは由香ではない(絵石家一家の男3人のうちの誰か)と確定しましたね。
また、「あいつ(絵石家塔湖)が死んで初めてここ(犯行現場)入った」というセリフから、犯人も由香ではなさそうです。トリックを仕掛けるために最低でも1回は現場に入らないといけませんから。
また、犯行時刻の夜中でないとトリックは暴けないようですから、ジャンプ14号感想で指摘したように、やっぱり月が重要な意味を持っているんでしょうか?


ジャンプ感想絵は明日、感想文はあさってアップする予定です。


拍手返信です。


B3はF4をもじったものかも

調べてみたら、ドラマ「花より男子」に登場するグループ名みたいですね。
澤井先生はドラマ好きですから。


今回伝説の木の下でガ王を殺した象は過去に3世が開いたコロシアムでガ王が倒した象の仲間だと思います。

鋭い意見ですね!でも、コロシアムで敗北した動物たちは、種族もろとも3世が絶滅させたはずなんですが・・・。
まあ、ボーボボだから深く考えてはいけませんね。(苦笑)


あれーー!!?ボーボボたち何時の間にパン食を裏切ったの!?

お茶漬け星人と戦った(?)時は、「おれたちゃ洋食派なんだよ!」「お茶漬けなんて死んでも食わねぇよ!」と豪語してたのに!ライス戦でも同じようなこと言ってたのに!!
1年の歳月は、人をこんなにも変えてしまうものなのでしょうか・・・。(え)


シャアにスラダン・・・パロディサイコーッス!!

そうですね。スラムダンクを決める食パンちゃんや、シャアっぽいガ王は僕も面白かったです。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 18:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog