コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

22 2006

ジャンプ12号感想

ボーボボ
「仲間と一緒にショッピング!」
ガ王、有名なおでん缶を食べてますね。
「企業戦士の群れ――!!」
仁義無き競争原理に満ちたビジネスの世界!仕事と時間に追われる企業戦士、お疲れ様です!!
「まもなく4番線ホームに電車が参ります」
たくさんの犬に引かれて、変なピクルスみこしがやってきた!動物虐待ですよ!!
「先頭きってるヤツ窒息しとるぞ!」
空気穴作っとけよ!痙攣(けいれん)しとるがな!!
「あれこそは人生で一度だけ昔の仲間を探す旅へと連れていってくれる幻の列車・・・『ピクルストレイン』!!! これを逃したら二度と乗るチャンスは無いわ」
急いで駆けてきたのは、夢少女パチーリン!儚くも美しい、その夢を目指して!!
「間に合って 私の夢冒険・・・」
夢を簡単にあきらめて、愚痴と後悔だけの暗い人生を歩みたくはないから・・・。夢と冒険の世界へ飛翔せんとするパチーリン!
「ぎゃあああああ」
夢を叶えるって、そんなに甘いものじゃない。
無残にも電車の下敷きにされるパチーリン達!線路の上でうだうだやってたら危ないに決まってるだろ!!
「これから昔の仲間達を探しに行くぞ まずはヘッポコ丸からだ」
「へっくん」
「オナラ大臣」
オナラ大臣ことヘッポコ丸にまず会おうとするボーボボ一行!ビュティもうれしそう!!
「あの・・・ヘッポコ丸って・・・?」
ヘッポコ丸の説明を聞いた後、なんで顔が鳥山明風になるんですか。
「ただの首領パッチじゃん」
どっかのメジャーリーガー?
「出た―――!! 歩く強制わいせつ罪 サービスマン!!!」
オエエエエエエェェェ!!!
クッ・・・久しぶりの開脚サービスはキツいぜ・・・。
「何やっとるかキサマ――!!」
車掌さん、ナイスプレー!素早い対応、グッジョブ!!
「違うんです 違うんです これはその・・・ちがっ・・・うんです―――!!!!」
吊り輪を使ってアクバティックな動きを見せるサービスマン!この1年間、ただ遊んでいたわけじゃない!!
「・・・あれがヘッポコ丸・・・スゲエ」
人違いですよ!確かに別の意味でスゲエけど。
「今回このマンガが2部になりサービス不足に陥っていると感じた私は新たなサービスを運んできた カモン編集長発案・・・サービスガール!!」
「こんにちわ
女性がきちゃったの!?しかも編集長発案!?編集長の発想は小学生並みか!?
編集長はボーボボのなんたるかをイマイチよくわかっていないようだ。
「あ 私違います・・・そういうのじゃないですから・・・大丈夫です・・・ホント私全然そういうのじゃないんで・・・」
ホント?その割にはずいぶん挙動不審じゃありませんか。
「きゃ あ あ サービス!!!!!」
やりやがった!!これ少年誌的にまずいんじゃね!?
何もないところで転ぶとは、彼女は相当のドジっ娘な様子!!
「アクシデンツ(事故)です!!」
どーみても故意だったぞ!!自分でサービスって言ってたし!!
「たたき出しでやる!!」
首領パッチにしてはまともな反応!!
「いや!やめて」
「や・・・やめろよ・・・ そそ・・・その娘・・・い・・・嫌がってるじゃないか・・・ や・・・やや やめろよ・・・」
なけなしの勇気を振り絞り、サービスガールにからむ首領パッチを制止するサービスマン!
あれ?このシチュエーション、どっかで見たことあるような・・・。
百式について、詳しくはこちら
「んだテメエ!!正義の味方きどりか!?殺すぞ!!」
首領パッチはいつの間にヨッパライになったの!?
正義は勝つなんて、しょせん幻想なのか・・・。
「あああフィギュアが・・・」
フィギュア大量にリュックサックに詰めてるの!?素で!?ふつうに傷つくだろ!!
「くそぉ・・・ヘルメスたんはヘルメスたんは ボクが命にかえても守るんだ!!」
会ったばっかりなのに何で名前知ってるんだよ!!ヘルメス!?ギリシャ神話!?
「酔っ払いめ ヘルメスたんを放せ!! ボクが相手だ どこからでもかかってこいィィ――――――」
そんなに急所をあらわにしてたら勝てるもんも勝てないぞ!!
まるで急所を引き立てるかのようにフィギュアを配置するな!!
「キタ―――――――(゚∀゚)!!!!」
パソコンでサービスマンの頭をカチ割るボーボボ!
ヒーローになれる者なんてほんの一握りだ。大多数の人間は凡人として生き、凡人として死んでいく。
「オレはどっちかってーと映画版の方が好きかな・・・露出男」
露出男ならぬ、映画版の電車男について詳しくはこちら
「露出男・・・はた迷惑以外の何ものでもないよ・・・」
まったくです。酔っ払いよりタチが悪い、ただの変態ですもの!
「こやつもこの1年で腕を上げたな」
上げなくていいです。
「覚醒オナラ真拳『如月』!!!」
電車を吹き飛ばすほどの威力!覚醒し、急成長したオナラ真拳!
「イタタ・・・何が起こったの?それにこのニオイ・・・」
やっぱりニオイするんですね。オナラ真拳。
「みんな・・・手荒なマネしてゴメン 久しぶり」
ケガリーメンを従えて再登場したヘッポコ丸!以前と変わらないシャイボーイに見えるが・・・。
「・・・実はオレ訳あってネオマルハーゲのAブロック隊長になったんだ」
敵対していた組織の隊長になるほどの“訳”とは!?
「ガーン」
仲間だと思っていたのに・・・ショックを受けるビュティ!
「マジで――♪出世したじゃんヘッポコ丸♪」
あんなにヘッポコだったあの子が人の上に立つ男になっているなんて・・・。こりゃめでたい!!
「裏切り者は殺すのみ それだけのこと」
今度は一転、冷たい態度をとるボーボボ!
ワケは聞かない。かつての仲間といえども、敵として立ちはだかるのなら屠(ほふ)るのみ!!
「冗談さビュティ オレはヘッポコ丸を信じている・・・さぁ話せ」
マフィアかお前は!口の中に銃突きつけてたら話すもんも話せねーだろ!!
「もう仲間じゃない ビュティもボーボボさんも・・・オレは敵だ ボーボボ お前を殺す」
もう敬語は使わない。敵として殺しあうだけだ!情を捨てたヘッポコ丸!!
でも、ヘッポコ丸がボーボボに勝てる気がしないのはなぜだろう・・・。


ネウロ
「好物はたこわさマヨネーズ。」
やっぱりデパ地下で買ってくるんでしょうか。
なんでもマヨネーズ塗ればいいってもんじゃないと思うんですが・・・。
「彼は・・・その最(サイ)たる存在だ」
X(サイ)なだけに!!
「第1回キャラクター人気投票&“犯”人気投票開催!!」
ネウロとシロタのデッドヒートか・・・と思いきや、犯人の人気投票を別に行うことで、それを回避してきましたね。よく考えてます。
初名前出しキャラは、下呂光(ゲロひかる)、たこ焼き(キャラじゃねー!)、コアラ抜刀斎(ろろ剣?)、片栗粉(やばい薬じゃないの?)、前座トリオ(一生売れそうにない)、ディレクター(名前じゃなくて役職じゃん)、WHO太(フー太が立ったわ!)、愛武瑠璃平(ご利用は計画的に)、アイ(サイの助手。X・Iってことでしょうか?)、生ゴミ(ゴミじゃん)、地獄の断頭台(悪魔将軍?)、ピアニカマン(嘘つき!)、ゆうしろう(芸の幅が狭い)、エキサイト小太郎(こんな街中でエキサイトすんなや)、エドガー(まんまじゃん)、警察の壁(フンフンディフェンス)、魔元帥(本物とはえらい違いだ)などなど、ツッコミどころ満載です。
「また好き放題に散らかされましたね X(サイ)」
今週で初名前出しのアイも総理官邸に就職してたんですね!
「同じように人間離れした奴の正体(なかみ)を調べなきゃ」
X(サイ)の指が7本に!下のサブリミナル文字も「X」だ!
「ひととおりなる価値のある人間にはなっておいたし」
時価総額世界一を目指したんですか?サイエモン?
我が会社の時価総額は世界一ィィィ!できんことはないイイィーーーーーーーッ!!(風説の流布)
「この自由の女神型ライター盗んどくよ で あげる」
でかい!重い!使いにくい!
「・・・私の家にはどんどんB級グッズがたまっていくのですが」
そのうちゴミ屋敷みたいになっちゃうぞ!!
「化物――――ッ!!」
ドアを開けたらそこは異世界!魑魅魍魎が跋扈する地獄絵図!!
「地上には無いジャンルだが例えて言えば恋愛シミュレーションのようなものだ」
ネウロも魔界では恋愛シミュレーションのようなゲームやってたんですね。
「ホームシックにかかっちゃって帰りたいんじゃないのォ?」
ネウロは家が恋しくなった。(MOTHER2
ママに電話しないと!
「あと3秒で骨をも溶かす消化液出る・・・」
何ッ!?ただの立体映像だから害は無いんじゃなかったの!?やっぱりネウロの言う言葉は信用できない!!
「スイッチを切るのが早すぎたか」
歯ぁ食いしばってる!心底悔しそう!!
「ママぁ~ へいわって何~?」
「やかましいッ!!黙ってへいわへいわ書いとけや!!お受験の面接でプラス材料になるのよ!!」
恐ろしきかな受験戦争!!
意味もわからずへいわへいわ唱えていて、本当に平和が訪れてくれればそんなに楽なことないんですが。
「何でガキの落書き庁舎の前にかざらにゃいかんのだ 私としてはもっと高尚な美術品を・・・」
その高尚な美術品のよさを見る眼力が備わっているのか、ということが一番の問題です。
「市長 笑顔笑顔 2期目へのプラス材料になんだから」
なんでもかんでも損得勘定でしか考えられないって、なんか嫌ですね。
「3 2 1 ゼローッ!!」
“平和の壁”が出てくると思いきや、平和とはほど遠い残酷なシロモノが!!
「こっ これはまさか・・・ 怪盗X(サイ)の犯罪予告!?」
赤い箱とともに用意された黒い予告状!
「こんな粗大ゴミはいらないけど今は『最後の自分像』が欲しいです」
新手の不法投棄かコレ!?粗大ゴミはちゃんと始末してください!!
世界中の名品を盗んできたX(サイ)ですら欲しがる『最後の自分像』とは!?
「どうやらこれは・・・奴なりの我が輩へのディナーの招待状らしいぞ・・・」
魔人・ネウロと超人・X(サイ)の直接対決!
謎と危険に満ちた化け物たちの晩餐会が始まる!!


デスノート
今週のニアの遊び・・・フィギュア遊び
ウルト○マンっぽいのを鏡餅の上に乗せたり、みかんを持たせたりしてして遊んでいました。

「L(キラ)との決着をつけます」
準備は整った。ついにキラとの直接対決を実行するニア!
「成人の日 今年も滞りなく」
うかれて暴れるとキラに殺されてしまうので、どこも荒れません!!
「確認した」
ジェバンニがなにかやっていましたが、これはノートをすりかえたんじゃないかと思っています。
魅上が使っていたノートはおそらく偽物。それを確定させるために、ニア側が作った、精巧に似せた偽物のデスノートと交換した。それでも裁きがいつも通りに続けば、魅上のノートは偽物だと断定できる。そういうことじゃないかと。
魅上はノートをまじまじと見てましたし。
「ニア・・・僕の勝ちだ! おまえがどう動くかははなから読めていた」
そしてそうすることをライトは読んでいた。すりかえられたことがわかるように、ノートに細工をしてあった。
「ニア ノートの確認をしました この三日間も通常通り1日1ページ 被害者とも一致 魅上自身にも特に変わった様子はありません」
このセリフが、この推理が正しいんじゃないかという判断材料になりました。
「お会いしたい」
ついにやってきた、直接対決の時!ニアはどこまで読んでいるのか!?
「どうしてもキラ事件に関しお見せしたいものが」
これは、魅上が使っていたデスノートのことでしょうか?
「会う事(それ)に際し少し取り決めを」
この取り決めがミソかと。
さて、ニアはどうやってライトを出し抜くんでしょうか!?
そしてすっかり影が薄くなったメロの出番はあるんでしょうか!?(切実)


アイシールド21
「娘さんのリコちゃんがゲストで登場!」
実況と解説が両方オッサンじゃ彩りがない、という配慮ですか。
コネ入社フォォォォ―――――!!!


ブリーチ
「ビビるって 何に?」
メイ・リーみたいな人出てきたー!!
「虚(ホロウ)だろ」
こっちは社(やしろ)っぽい!!


ナルト
「強いぜ!偉いぜ!エロいぜ!!」
このキャッチコピー、シンプルかつリズムカルでいいですね。


メゾン・ド・ペンギン
「同じ大石でも大違い」
思いっきり他の漫画のキャラ使っちゃった!!
がんばって模写した感じがありありと見てとれます。
「僕は漫画よりも目次の作者コメントを書く方が好きです。」
それは漫画家としてどうかと。
「今年僕宛に届いた年賀状は1通だけでした。しかも歯医者からでした。『歯っピーニューイヤー!!』とかふざけたことが書いてありました。」
切手シートとかが当たっていないことを確認したら、すぐ捨てるんだ!
「僕はスキャットマン・ジョンの歌はすべて完璧に歌えます。」
スキャットマン・ジョンについて、詳しくはこちら
「エビバーガーのCMにエビちゃんを起用するそのストレートさが僕にも欲しいです。」
エビバーガーのCMについて、詳しくはこちら


十二傑賞新人漫画賞大募集!!
「コマ割りにも神経を注げ!!」
『ネウロ』って、コマ割りもこんなに凝っていたんですね。
ネウロは、全体的にメリハリが効いていて、要所要所で“魅せる”技があるから面白いんだと思います。


ムヒョ
今週の今井裁判官・・・パン職人
ビコからパンの作り方を教わっている今井さん!
花嫁修業ですか?デイリーヤ○ザキに就職ですか?(両方違う)
エプロン姿の、家庭的な今井さんも素敵です。

「明朝討伐に向かう!!!」
打倒禁魔法律家に気勢を上げるゴリョーの部下たち!やる気満々だ!!
「まったく明日は早いというのにねぃ エビスなら――」
アタイやっぱりアンタじゃなきゃダメやねん!!
長年連れ添ったあの人の思ひ出が、ふと頭をよぎるゴリョー!!
「今のは聞かなかったコトにしろぃ」
自分で追い出した手前、戻って来いなんてとても言えない!
あの時の自分はどうかしてたんだ。後悔先に立たず!!
「見てムヒョッ 徹夜で考えた事務所奪還用ハリボテテ――」
いったいどういうメカニズムで・・・。なんでもかんでもハリボテですませようと思うなよ!
「・・・って何でビコさん今井さん家(ち)に?」
「パン教室 ボク 前から今井さんのパンの先生」
パン作りならお手の物なビコ!二人で一緒にパン作りとは楽しそう!!
魔監獄の事件の後、二人は女性同士仲良くなったんでしょうか。
「お久っ」
今井さんに連れられて入ってきたのは、正ヒロインのはずなのに最近イマイチ影の薄いナナ!(え)
「昨日ペイジ部長に『ステキなバストの霊感撮影バイトを採用した』って言われて会ったらナナちゃんなんだもんよ~~」
胸しか見てないんかおのれは!だったらエビスと同レベルじゃん!!
調査員の面接に来た人とは、ナナでした!
「人の気も知らないで! 一人ぼっちにしといて あんなに一緒に居たのに―― いきなり離れられるワケないじゃん・・・!」
まるで元カレに復縁をせまっているかのようだ。
意外とナナも泣き虫ですよね。
「あのなぁ ナナ姉ェなぁ タマネギとモヤシに会ってからツヤが違うゼ」
ナナ姉はスイカか!!ツヤで判断するのか!!!
「ハイハイ仲間増えたお祝いにパンどうぞ」
「またかヨ・・・・・・!」
さすがビコ、手際がいい!ってまたパンなの!?それしかないの!?
ていうか、ちょっと応対がテキトーじゃありませんか。ハイハイって。
「とりあえず戻ってみることにしたんだ」
ゴリョーの元へと帰るエビス!オレがいなきゃダメにきまってる!
「――皆聞いてくれ・・・大変な事になった 五嶺家総本山がたった今―――」
しかし、ゴリョーのところは今大変なことに!いったい何が!?
「その手紙どうしたの・・・? トーマス」
超有名人面機関車さんと同じ名前じゃありませんか!!
ていうか、あれってリアルに考えるとかなりホラーですよね。
人面犬みたいな都市伝説になってもおかしくないかと。
(発明家トーマス・エジソンでも可)
「クスクス・・・また殺した相手の記念品自慢かイ?」
残酷な趣味を持つトーマス!ドラキュラのような顔にお似合い!!
「選ばれし禁魔法律の民 我等七人の『箱舟』がね」
あれ?なんかDグレっぽくね?ノアの一族?
ティキに続いてまたカブリですかー!
右奥には同じような背丈のチビッ子が2人!まさか双子では?
左奥には、女性のような胸の膨らんだ人が居ますね。向こう正面の人はでかい。
「例の『禁書』は?」
「『禁書』はここよ 今はまだ解析中よ」
双子が反逆者だとすると、以前言っていた“早く調べ終えないといけない事”とは、この禁書のことでしょうか。
なんかの卵のような形をしていますが、この小さな物体にどんなものが詰まっているというのでしょうか。
「我等の望む永遠の生と復活を約束スル禁魔法律の奥義が手に入るのダ・・・!!」
ティキは800年以上も生きているらしいですが、やっぱり不死身というわけではないんですね。
彼らが“復活”させたいものとはなんなんでしょうか?
「邪魔すル者達には死ヲ」
「死を」
あっという間にテレポートしていったティキと箱舟!
せっかく淹れたコーヒーは誰も飲まないんですか?もったいない!
「僕はムヒョさえ苦しんで死ねばそれでいいんだ」
相変わらずムヒョへの復讐のことしか頭に無いエンチュー!
他の禁魔法律家たちとは、明らかに向いている方向が違います!
「五嶺様 何を・・・!!」
運転中にいきなり後ろからハンドル回したら危ないよ!事故るよ!!
「本部が禁魔法律家共の手で焼き打ちに逢うた!!!」
焼き打ちに逢うたとは、また古風な表現を・・・。
延暦寺焼き打ちじゃ~!!(信長かよ)
「引き返せえええぃ!!!」
策略家にしては珍しく、想定外の事態に焦燥するゴリョー!!
「もしもしその必要は無いですよ―――!!あなたもここで死ぬんです・・・祭りの前にね」
ゴリョーの前に現れた禁魔法律家トーマス!
これはまだまだ前夜祭にすぎない!!殺戮と業火に彩られた狂乱の宴が始まった!!


みえるひと
「私も案内屋だ」
お色気おねーさんが出てきたー!!
そのナイスバディたるや、梵(ボン)!キュッ!梵だ!(何言ってんだお前!?)


もてキング
「オイ!何だありゃ いつから佐渡ん家は雪の女王の住む城になった!?」
NHKのアニメ?たまたま1回だけ見たことあります。
「眼通(がんつ)!!!」
ヤンジャン
「いました!ブリーチの人気キャラみたいになって苦しんでます!」
早く限定解除しないと!
「い・・・今 感じたか!?すさまじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ!」
ジョセフかお前は!ディオがいるのか?(ジョジョ27巻参照)
「考えてみたら雪人のあいすが冬に弱まるなんてありえません
 むしろこの寒さのせいで力が制御できなくなっているとみたほうが自然でしょう」
つまり、すでに限定解除して力が強すぎると・・・。
「確かに 今までくらったどの技をも超えているスゴ味を感じたッ! ポロリって音でおっぱいだと認識できるようにわかった!」
花京院かお前は!たとえが悪いよ!!
「ヒィィー!体が勝手に矢印の方向へ!」
ドラクエ4のパデキアの洞窟か!
ブライはヒャド系だからあんまり役に立たねー!!
「ハアハア ようやくパデギアの種を手に入れてきたぜ』
早くパデキアの種をソレッタの王様に渡してパデキアの根っこにしてもらわないと!
これでミントスの宿屋にいるクリフトの病気を治せるぜ!


つっこみ百科!!
「『覚悟』とは・・・・・・・・・・・・犠牲の心ではないッ!!『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!!」
ジョルノかお前は!!


ジャンプ魂
ついに来週開幕!楽しみです!!


巻末作者コメント
「澤井先生ありがとうございます!既に来週あたり消えてそうな気もしますが頑張ります<大石浩二>」
そんな悲しいこと言うなよ。
「先週のジャンプでムヒョ思わぬいじられっぷり。大石先生ありがとう!聞いてないよ~(笑)<西義之>」
断りも無くあそこまでプッシュされてたら、そりゃ誰だって驚きますよね。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 20:14 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog