コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

20 2006

ガーヒーと拍手返信

ゲームバトン、ついにラスト!
今回は、ガーヒーこと「ガーディアンヒーローズ」の紹介です。

プレステを買うか、セガサターンを買うか迷っていたとき、ゲームショップの店頭で、このゲームの体験版をプレイしてすっかりはまってしまい、セガサターンを買いました。
それだけの価値があったと今でも思います。何度も楽しめる名作でした。
まあ、セガサターンにしたのはせがた三四郎のCMが面白かったというのもありますが。(笑)

このゲームは、格闘アクションRPGという珍しいジャンルです。
基本的にはアクションゲームですが、格闘ゲームやRPGの要素も詰め込んだ贅沢なゲームになっています。
しかもそれらの要素をうまく消化しています。

ストーリーモードと対戦モードがあります。
ストーリーモードは、横スクロールアクションに、コマンド入力技などの格ゲー要素、RPGの経験値システムによるキャラカスタム、要所要所に現れる選択肢によって、マルチシナリオ・エンディングになっており、何度でも遊べます。
プレイ時間は一時間程度なので、再プレイもそれほど苦じゃありません。
シナリオもさまざまな勢力の思惑が絡んだ、壮大なものです。
また、ド派手な魔法の演出がかっこいいです。

主人公は4人。戦士、魔法使い、忍者、僧侶が使えます。それぞれ使える魔法などの使い勝手が違い、キャラも個性的で楽しいです。
一度ストーリーモードをクリアすると、加えてNPC(ノンプレイヤーキャラクター)だった魔法騎士のセレナが使えるようになり、彼女は使いやすくて強いです。

このゲームの良さにそのお手軽さがあります。最初、システムがよくわからなくても、適当にボタン連打してるだけで敵を倒せます。
また、始まって少したつとアンデットヒーローという不死キャラが助けてくれます。彼を直接動かすことはできませんが、簡単な命令を出すことができます。
命令は複数ありますが、基本的には「怒れ」と命令しておけばOKです。いついかなる時でも、命令に忠実に怒ってくれます。(笑)
怒ると敵に突進し、強力な技を繰り広げ、また画面全体攻撃である大爆発を使うこともあります。
アンデットヒーローはとにかく強いので、自分がやばいと思ったら、彼に戦わせておいて自分はライン移動で逃げまくるという戦法が効果的です。卑怯ですが・・・。

彼以外にも、セレナやレジスタンスが一時的に仲間として勝手に戦ってくれるので面白いです。レジスタンスは弱いのですぐ死んでしまうんですが・・・。

音楽もいいです。ノリノリの戦闘音楽は、場の雰囲気を盛り上げてくれます。

このゲームの特徴は多人数VS多人数。並み居る敵を片っ端からなぎ倒していく爽快さがあります。
一人プレイでも、味方としてアンデッドヒーローが助太刀してくれますし、敵キャラはいっぺんにうじゃうじゃ出てくるので、終盤は敵味方入り混じって何がなんだか分からなくなるほどです。でもそのグダグダ感も好きです。

非常に自由度が高い対戦モードは、敵味方、脇役も含めて45人も使えるところがすごいです。
意外なところでは、子供市民が強いです。技はローリングアタックのひとつしかないんですが、これが非常に性能いいです。

ストーリーも対戦プレイも飽きにくいつくりになっていて、本当に長く楽しめました。
「動きまくりの暴れまくり」な爽快アクションゲームに仕上っています。


ふぅ・・・。やっとゲームバトン終わりました。
ちなみに、今までレビューを書いたゲームタイトルは、「MOTHER」、「MOTHER2 ギーグの逆襲」、「KOF」、「ジョジョの奇妙な冒険」、そしてこの「ガーディアンヒーローズ」の5タイトルです。

バトンはここで止めます。
去年の8月8日から書いてきたんですね。長かった・・・。


今週のボーボボ、ついにヤツが姿を現しましたね・・・。
僕は下ネタあんまり好きじゃないので、今週は少々キツかったです。(泣)
あと、サービスガールが編集長発案とは本当でしょうか。ボーボボにそういう要素いらないと思うんですが・・・。(汗)
まあ、露出男は面白かったですけどね!
あと、ヘッポコ丸が裏切ったワケが気になります。


ジャンプ感想絵は明日、感想文はあさって書く予定です。


拍手返信です。

毎週ジャンプ感想拝見してますv ボーボボへの細かいツッコミが楽しくてたまりませんv 感想が丁寧なので、ジャンプを何度も読み返したくなります。今後もガンバって下さいv

なんと毎週読んでくれているんですか!ありがとうございます。
楽しんでいただけているようで、本当にうれしいです。毎週感想書いているかいがあります。
これからもがんばります!

俺的にはへっくんは洗脳がしっくりきますけど、やっぱ強くなるために自分から敵になったのかなあ…

「ボーボボさん」と、さん付けしているところから、洗脳されているわけではないと僕は思いました。
今週号読んだら、何か訳があったようですね。
やっぱり天の助がらみなんでしょうか?

それにしてもネオ・マルハーゲ帝国にいる動物はコアラだけだなんて異常な生態系だな・・・

まったくですね。
エサはユーカリの葉を与えればいいだけなので楽でしょうが。(笑)
もし最後まで生き残ったのがライオンなどの肉食動物だったら、エサがなくて餓死してしまいますからね。

DAIさん

どういたしまして。尊敬するDAIさんのサイトを見つけてうれしかったです。
これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 18:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | 拍手返信

© FC2 BLOG / ooq:blog