コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

25 2006

ジャンプ08号感想

ボーボボ
「オレ達完全に渋谷の街に溶け込んでるよな・・・」
いいえ、全く。
なんで渋谷のど真ん中で巨大カップラーメンに入ってるんだよ!渋谷味?まずそう!頭におぼっちゃまくんみたいなトゲついてるし!!
隣でパン食べてるビュティさん恥ずかしそう!こんなところじゃ落ち着いて食えんわな!!
「これぞ渋谷スタイル!」
ダークでセレブなパチ美!高貴な雰囲気を携えたツリ目がステキ!!
「若者の街 渋谷デビュー成功だ」
あんたの格好昭和くさいんですけど!アジアン★スター!!
「あ゙あ゙?」
「おお?」
食事中にケンカするもんじゃありません!汚いよ!!
「上等だ 渋谷名物『牛の乳しぼり』で白黒つけっか!?」
北海道かどこかと勘違いしてやしませんか?
牛を置いて!!!!白石さん!!!!
「Bボーイだったらやっぱこれでしょ」
今、ナウなヤングに大ブレイク中!!チョベリグ!!!
BボーイのBって、やっぱりBeefのBなのか?
「イチマルキュー!!イチマルキュー!!」
渋谷109について、詳しくはこちら
「スペイン坂通り――!!」
渋谷スペイン坂通りについて、詳しくはこちら
「一緒に写メール撮ろ
ちょっとあなた肖像権侵害ですよー!!
・・・コアラだからいいのか。
「じゃま」
カワイイものには目が無い若い女性!そうじゃないものの扱いはあんまりだ!!
「くっくっく見たかよヒトデ野郎 これがオレとテメーの差なんだよ」
可愛らしい表の顔に隠された、ドス黒い裏の顔!
「上等」
暗殺を企むパチ美!醜い争いなら負けないぜ!!
「シャアアアアアア」
パチ美の陰謀を知ってか、突如豹変しパチ美に飛びかかるガ王!
「ぐおっ!!コイツ的確にオレの頚動脈を………死ぬっ!!」
コアラ骨法の使い手であり暗殺者・ガ王!殺しならお手の物!!
「コアラが頚動脈に!?」「きゃあああああ」
目の前で突如繰り広げられる凄惨な光景に叫び声をあげる女性たち!こりゃトラウマものだ!!
「ブシュッ」
やるかやられるか。これは戦争だ!
無慈悲にガ王の目を狙う首領パッチ!こいつ・・・ヤバイ!!
「な・・・マジか?目をえぐりにきやがった このかわいいコアラのお目めを・・・」
でも先に頚動脈を噛み千切ろうとしたのはあなたですよね。
「野郎・・・」
「きゃああ!!ちょ・・・コアラ離れした姿になってるよ!!」
もはや化け物!邪気に満ち満ちた姿に変身したガ王!!
「来い・・・若造」
こちらは邪鬼に変身!妖怪大戦争だ!!
「そのへんにしておけ」
喧嘩両成敗!ていうかもっと早く止めろよ!頚動脈あたりから!!
「ティッシュどぞ」
あ、どーも。
「シュバ シュバ」
この半漁人のティッシュ配りすごくいい動き!こりゃ時給はずまねーと!!
「…騒がしいかかしだな」
…? 写輪眼使える忍者はここにはいませんよ?(ナルトかよ)
「着いたぞ 私立ラーメン高校(ハイスクール)」
私は佐野さんの犬です!42年間の今泉は死んだんです!!(ガチンコラーメン道!?)
「高校に潜入だぁ?」
「じゃあコレか?」
シャバイ青春くそくらえ!全国制覇じゃ!!
「どいつもこいつも同じ 人間なんてどれも一緒だ オレには全部かかしにしか見えねえ」
いや、これどー見てもかかしじゃねーだろ!裏マルハーゲ四天王LOVEの部下・ニクニク星人に似てるし!!
「世の中 ナメ郎」
眼がヤバイ新キャラの名前はナメ郎!世の中をなめくさった、いけすかない野郎だ!!
「ナメ郎君 あの・・・これ・・・お弁当作ったの……」
ちょっとスカしたアイツが気になる青春時代。恋に恋するお年頃!!
「よかったら食べて
恋する乙女の姿も、ナメ朗の眼にはかかしにしか映らない!!
「じゃまだ バカ」
失恋の記憶・・・。それもまた、人生を彩るスパイスになる。
「ダルいダルい なんか楽しいことねえのかよ」
無気力、無関心、無感動なイマドキの若者だ!黒子ダルイ!!
「おっしゃ授業始めっかぁ」
シゲキ的ー!!ボロぞうきんになった先生と新鮮なマグロ抱えて、変なアフロが入ってきたよ!?
セーラー服のビュティさんも登場!イヤリングとピンク色の髪は校則にひっかからなかったのか!?
「ピチピチうっとーしー!!!」
お前が持ってきたんだろが!窓壊したらダメですよ先生!!
「臨時教師のボボ八だ」
3年んんん―――っ、B組ぃ―――――っ!!!
黒板に「のうがみネウロ」って書いてあるんですけど!!
「また同じかかしか・・・」
ええーっ、こんなおかしなアフロまで他のやつらと同じに見えるんですか!?
「どいつもこいつもいい顔してやがるぜ」
お前らは俺の生徒だ!
「前の学校で不良達50人をリンチで殺して退学になったビュティ子さんだ みんな仲良くしてやってくれ」
怖いよ!できるだけ関わり合いになりたくないよ!!
「じゃあビュティ子の席は半漁人のとなりだ」
「お前学生だったの!?」
つまり苦しい家計をティッシュ配りのバイト代で助ける苦学生ってことか!いまどき珍しいいい子じゃない・・・。
「マズい 超怪しまれてる・・・これ以上はバレちゃうよ」
いや、もうバレてるでしょ。
「ミドル級世界ランク15位 ワパチャット・パグワイボだ」
転校生は世界ランカー!?てかお前高校生じゃねーだろ!!
ちょっと情けない表情と髪型がステキ!!!
「ワタシ・・・タイにベルト持って帰る」
祖国のため。故郷で帰りを待つ愛する家族のため。
背負うものが大きければ大きいほど男は強くなる!!!
「完璧だ!!完璧の潜入だ!どうだコアラ野郎!キサマにここまで溶け込めるか!?」
妙に自信満々なワパチャット!余裕のシャドーボクシング!!
「・・・かかしがまた一匹」
お前の目くさってるよ!!明らかにおかしーだろ!!
「見たか この首領パッチのスーパー潜入を」
「ひどいね」
蝶のように舞い、蜂のように刺す軽快なフットワーク!
「ヤダヤダ遅刻だわ」
時間にルーズな人は嫌われますよ!…ってお前、えぇーっ!?
絢爛豪華な衣装を身にまとったガ王!!紅白出るの?
「あら?今日授業参観じゃありませんの?コアーラ夫人早とちりだったわ オホホ・・・」
授業参観だからって頑張りすぎだよお母さん!教室中が香水くせー!!
「コアーラ夫人ってなんだよ!!?なんなのよそれはさー!!?」
やりきれない憤りを机にぶつけるビュティ!ああ、世の中って納得いかないことだらけだ・・・。
「え!?アリなの!!?コレ」
ただ静かに親指を上げるボーボボ!絶賛!!
「こ・・・このコアラ野郎スゲエ・・・ 最高の潜入かましてきやがった~~~~~」
ハジケリストたるもの、ハジケには嘘はつけない。戦慄する首領パッチ!
「また増えた……」
コアーラ夫人までかかしに見えるナメ郎!もう眼科行った方がいいよ!!
「ボーボボめ この学園に感付いて来たか」「潜入とは大胆なマネを・・・」
密談を交わす真の黒幕!陰謀渦巻くラーメン高校!!
「オレ達が動くか?」「いやおよばないさ・・・あのクラスには優秀な生徒がいるんでな」
ナメ朗の実力はそれほどのものなのか?
後ろにカニさんみてーのがいるー!!!
「ええ~~っ!!?教科書ジャンプなの~~!!?」
でかくて持ち運びしにくいよ!やっぱりテストは ジャン検なのか?
「かかしがオレに命令すんじゃね――――――!!!!」
荒れる生徒!学級崩壊の危機!!
「この腐ったミカンが――!!!!」
お前たちは腐ったミカンなんかじゃない!
「かかし?何言ってんだお前?」
「かかしじゃない!!!何だこれは!?どーいうことだ!?」
頭を打った衝撃のおかげかどうか、ボーボボの姿を正しく認識できたナメ郎!
「どうしちまったんだオレの目は……?なんなんだコイツは?」
いや、今までかかししか見えなかったのがどうかしてたんだと思いますよ。
「使うか?」
シャッとティッシュを差し出す半漁人!半漁人くんはやさしいね。
「校内暴力を許すほどボボ八先生は甘くはねぇぜ!!」
荒れた教育界の救世主・ボボ八先生!体当たりの指導で学校を立て直す・・・はずもなく、余計グチャグチャにする!!(ダメじゃん)


ネウロ(巻頭カラー)
「好物は鮭児(ケイジ)。」
何ですかそれ?鮭の仲間?と思って調べてみたら・・・
一尾10万円以上もする幻の魚だそうじゃないですか!
そんな高級食品、一体いつどうやって食ったんだよ!うまいものには金に糸目はつけないのか!?
「ふわっ ふわっ しゃらああん」
なんか変な擬音を出しながら街を歩くヤコ!誰もが振り向く美しい長髪!
「ネウロの能力によりあかねちゃんと合体!キューティクル&ビューティフル!キレイな弥子さんは好きですか?」
きれいなおねえさんなら好きですけど。
「痛い痛いあかねちゃん!!そんなもんあとで買ってあげるから!!」
Let's モイストフィニッシュ!
「容疑者があのカリスマ美容師百舌貴泰だなんて・・・一般人に言えるわけねーだろ!!」
ええーっ、お前ウソー!?
ヒステリアばりにブッちゃけた!!!
「大体そいつにはまだアリバイがあんだよ!!」
果ては携帯を無理やり奪っちゃいましたよこの人!!
「そのアリバイも崩せてない時に好奇心で電話すんなよな!!切るぞ!!」
他人の携帯を無理やり奪い取り、余計なことをベラベラと話し、おまけに電話を勝手に切るという暴挙を働く石垣!
おかげで噛み切り美容師の情報はたっぷり入手できたけれども!!
「あとちょっとで俺の力作『1/200戦艦大和』が出来上がる大事な時に・・・」
でも確実に壊されますね。
「何から何までしゃべってんじゃねーか」
腹いせに戦艦大和をブチ壊す笹塚!まあしゃーないわな!!
大和撃沈!!!
「お客さんの元の素質がいいからだよ また来てね」
いや、どう見てもそう思ってなさげなんですけど!ため息ついてるし!!
心にも無いお世辞を言わなければならない。それも仕事!
「金払えば切ってあげるって言ってんじゃん」
「えーやだやだケチー!せっかく頑張ってこの店入ったのに意味なーい!!」
いや、お前がケチだろ!プロなんだからお金払わなきゃやってくれないのは当たり前!
「ね お願い!!実験台と思っていいから!!」
口は災いの元!何の実験されるかわかったもんじゃない!!
「んー・・・じゃ裏行こっか」
裏に髪切る道具なんてあったっけ?
「こんなダメ髪!!金でももらわなきゃ切れねーよ!!」
百舌の逆鱗に触れた女美容師!水の中に無理やり顔を押し付けられる!!死んじゃう死んじゃう!!!
「ほら かゆい所とかございませんかァ――――!?」
それって美容院じゃなくて床屋のオヤジが言うセリフじゃない!?
あ、じゃあ頭頂部よろしくお願いします。
「あーあ・・・ またやっちゃったよ店長・・・」
なんとこんな光景はこの店じゃ日常茶飯事!
誰か止めろよ!!
「髪だけで人を判断さえしなけりゃ・・・ウデだけ見れば超一流なんだけど・・・」
カリスマ美容師の光と影!!(カリスマって言葉も最近聞かないなぁ)
「時間とともに髪(アカネ)と土台(きさま)の力関係は逆転し・・・最終的には2人の人格が入れかわる」
おれがあいつであいつがおれで。ちょっとコレ欠陥商品じゃない!!
「入れ替わるのも悪くないと思ってる!!」
志半ばで終わってしまった自分の人生・・・あわよくばもう一度!!
人格が入れ替わるまで、テトリスでじっくり時間をつぶそうとするあかねちゃん!!
「じょうだん」
そんな冗談言うタイプじゃなかったじゃない!本音は違うんでしょ?
「また誰か死んじゃう」
死者だからこそ理解する。誰かが死んだときの悲しみを。
「戌年にピッタリ!?恐るべき爆弾魔『ヒステリア』との戦いを収録!コミックス最新4巻絶賛発売中!!」
もうそんなところまでコミックス出てるんですね。以前、ヒステリアが誰か推理して当てたこともあってか、ヒステリアには思い入れが深いです。「やっぱ人間ブッちゃけて生きねーと!!」という彼女の主張には多少共感できるところもありますし。
「今日はもちろん、七草鍋!!松井優征先生に応援のお便りを!」
七草粥じゃなくて!?確かに、鍋の具にしてもおいしそう。
「警察なんぞに捕まるもんか!!若い時の俺とは違う・・・今度はちゃんとアリバイ工作も万全だ」
噛み切り美容師の正体は百舌と考えてよさそうだ!
「街全体が俺だけの美容室だ!!」
独占欲の強い百舌!とびきりの髪を切る快感は自分だけのものだ!!
「ちょっとばかり色気が足りないか!?」
色気で勝負するつもりだったの!?そういう問題じゃないだろ!!
「初めて・・・見たよ・・・こんな・・・キレイな髪の人・・・」
弥かねちゃんの髪の美しさに感動の震えが止まらない百舌!
「2人きりになれるトコ行かない?」
超積極的ー!!押しの強いナンパな百舌!!!
「あれ?私 髪の毛に色気で負けた!?」
色気が出てくるのはまだこれからでしょう、
「・・・多分 今 私ぐらいだ 髪の毛単体に女の勝負でかなわなくてへこんでるのは」
女として負けた・・・。その屈辱に落胆するヤコ!!
「しょうがないじゃん 初めてだもん・・・こんなに素晴らしい髪の毛に出会うのは」
もう我慢できない!髪の毛にまとわりつく百舌!確実にヤバイ!!
「直感でコイツは犯人だとわかる・・・」
うん、そーだね。
「少しばかりの倦怠感も・・・『謎』があるというのならば問題ではない」
ちょっぴり体調不良のネウロ!それでも『謎』のためならば、たとえ日の中水の中!!
「ネウロ出動(いきます)!!」
ネウロの担当ってガンダム好きなの?


デスノート
今週のニアの遊び・・・レゴ人形
もうすっかりお気に入りですね。
でも人形を投げてはいけません。危ないから。

「実写映画化決定!!!」
ついにやりましたね。夜神月を演じるのは藤原竜也だそうです。でも、個人的にはLを誰が演じるのかの方が気になります。あの独特の雰囲気を演じきれる役者は日本にいるのか?
「昨日 弥さんと二人で話したわ」
「! ……何を?」
ミサとの会談は高田の独断だった!
「私 キラに言いつけますから」
高田の独断でミサが殺されないか心配だ!
「キラなんか捕まれば…いい…? …」
意味深な表情を見せる高田!ライトへの愛ゆえに、暴走してしまうのか?
「この事から言えるのは―――― 夜神月はモテる」
うん、確かにそうだ。
「し・に・が・み・か 『死神か』だ」
「指揮官というのも伊達じゃありませんねレスター指揮官」
読唇術が使えたレスター指揮官!今まですっかりニアに馬鹿にされてたけれど、これで名誉挽回!!
「あ・の・し・に・が・み・の・お・と・を・わ・た・し・た・き・り あ・ら・わ・れ・や・し・な・い」
ライトの指示通り、デスノートを手放していた魅上!
これで、魅上が今持っているノートは偽物だと確定しましたね。
いつ尾行されててもいいように、そしてノートを使用している姿を見せ、魅上に目を向けさせるために、ライトは偽のノートを使うよう指示した。
先週、ノートに書き込む前に写メール撮って携帯で送ってたのは、殺したい相手の名前を自分の代わりにデスノートに書き込んでもらうためだったわけですね。


ブリーチ
「・・・ヤバかった・・・!限定解除に動揺してあのヤロウに隙ができたから良かった・・・もし最初から全開で戦ってたら勝てたかどうか・・・」
ええーっ!先週余裕しゃくしゃくで瞬殺してたじゃん!
ちょっとカッコつけてアランカルをあっさり倒しすぎたと思って、作者が補正かけたのか?手遅れじゃない!?


リボーン
「一人はさみしそーだな またいつでも相手になってやるぞ」
「また・・・いずれ・・・」
骸は、死なない。子供に憑依し、再び野望を企てる骸!
ツナの死ぬ気の炎で浄化されたはずですが、どうやらまだ悪の心は失っていないようですね。


読切 ポメットさん
「ゴミと判断された――!!」
魚雷ガール!!!!


テニス
「『氷の世界』」
氷帝なだけに!!


ムヒョ
今週の今井裁判官・・・命知らず
自分の命も顧みず、囮となりブイヨセンを撃破しようとする今井さん!命知らず!!
しかも、マリルに続いて知らぬ間にエビスまで負傷している状況でいまだ無傷!さすが、不死鳥の名は伊達じゃない!!
こんな危機的状況なのに、腕組み、足組み、壁に寄りかかってポーズを決める今井さんはすごく男前です。

「ヒッヒ・・・さっさとブッ倒れろ・・・!!」
冥王の腕を引きちぎり、舌を一刀両断した幽李!さすがの冥王も出血多量でダウン!
「――そ それにしても…大丈夫なのアレ…」
「――まあ…ちょっとやり過ぎ感はあるっちゃある…」
完全に目が上向いてる冥王!ちょっと間抜け面!!
「……?」
大丈夫!と親指を立てるしぐさをする幽李!意外とノリ軽いんですね?
「コイツ等殺そうにも簡単に死なねェのよ… 幽李の契約ん時は霊撃手五体でバラバラにしてやったが無事だったもんナ ケケケ」
数で攻めたわけか!ちょっと卑怯な気はするが!
「そっか…大変だね使者も…」
みんなそれぞれにドラマがあるわけですよ・・・。
「笑うとコワイ・・・」
キモカワイイってやつですか?
「――ま… エンチューやリオと禁魔法律の契約をした使者には死んでもらうがナ…」
ボソッと黒い言葉吐いた!かつての仲間を救うためなら、手段は選ばない覚悟!!
「アウロアロエロア~!!(おーい起きそうか~!!)」
ヨイチもその言語しゃべれたんだ!?最近はすっかりヘタレのイメージついてきたからなぁ・・・。
「アロウロ(全然じゃな)」
いや、幽李さん!?その行為は冥王に失礼じゃない!?
「おしゃべりはそこらへんにしとけ」
プライドの高さゆえ、往生際の悪い冥王!これからが本番だと真の姿を現す!!
「終わらせてやろう」
黒い火球がムヒョを襲う!!
「ユ 幽李…!!」
させないよ!身を挺してムヒョをかばった幽李!ドテっ腹に風穴が!!
「小さき者達をかばうとは…何故そこまでする…?」
心に秘めた信念を持つ幽李!何ゆえ?
「今回はここまでだムヒョ……!! 出直そう」
使い魔の壺解禁!それは劣勢を挽回する切り札になるのか!?
「わっ なになに!?」
「ムリムリありえない… 何てヤツ喚んでんのよコイツ等…!!」
壺から出てきたのは何とも頼りないちっちゃな妖精!いや、あんたにしっかりしてもらわないと困るんですけど!!
「今だ…やれ…!!草野…!!」
いや、そんなこと言ったらロージーが出てくるってバレちゃうじゃん!せっかくの囮作戦なんだからもっと隠密行動でいこうよ!!
「囮か…!!おしいね… クスクスクス…!」
すっかり戦いを楽しんでいるブイヨセン!囮作戦をものともしない!!
「くそっ!!また霧状化したか…!!」
霧状化する能力まで持っていたブイヨセン!『霧吹き山のブイヨセン』の名は伊達じゃない!!
「早くしないと!!マリルが…!!」
呼吸の荒いマリル!寝転がるんだったらシルクハット取れよ!!(え)
「へへ… 奴の舌に毒があるのは 薄々気付いてたんだけどな…」
へへ…とか言い出したらそろそろお花畑が見えてくる前兆!このままだと死んじゃうよ!!
「早く処置を施さなければ脳がやられるかもしれん…」
魔法律博士と呼ばれた優秀な頭脳が失われるのは避けたい!
「キキキ…オレも大分回ってきたぜ…!!」
知らない間にエビスまで負傷!事態は刻々と深刻に!!
「ペイジ執行人―― 我々はどうすれば…!!」
元はといえばペイジの無謀な計画と管理の甘さが引き起こした事態ですよね。どう責任をとるのか・・・。
「重火器の用意はどうしても朝方に…!!」
全くあてにならないペイジとその仲間たち!時計を気にしているのは、何か打開策でも?それともそろそろ生存は絶望的だなと悟ったのか?
「次の実体化が最後のチャンス!!」
万策尽きた!あとはもう全精力でぶつかるのみ!!
「オイ草野… これは五嶺様以外に使わんと決めてたんだが―― オレの余りの煉全部オメェにくれてやる…!!」
力が欲しいか?力が欲しいのなら…くれてやる!(ARMS)
エビスってSFもの好きそうですね。…って違う!
エビスが取り出したのは、かつてナナから煉を吸収しようとした『神通針』!
針を通してロージーへと煉を供給!これが最終手段だ!!


もてキング
「乾…あきらめたらそこで試合終了だぞ」
安西先生――――――!!!!!(号泣)
「その娘がかわいかったらオレとの二股を要求!ブスだったらそっと帰る!いいな!?」
ブスだった場合の対処、ちょっぴり優しいじゃない・・・。
「あれ 頭ん中はエロい事でいっぱいなんだぜ」
「ムフフトーンとか用意してですか?」
それってまわるとデートの待ち合わせしてた時の太臓じゃん。
「やろうとしてたゲーム カップルが占領してやがるゥゥゥゥ!!」
ゲーセンあんまり行ったこと無いから、マナーがなっちゃいないんだよな・・・。
「一瞬ブルマの懐妊を知ったヤムチャの心境だったぜ・・・」
サイバイマンと相打ちしているようじゃ、ベジータに略奪愛されてもしょうがないですよね。
「我が輩は"ハバネロ錬金術師"エロガード・エロリップ」
この男、甘くない!!!!
エロガード・エロリップってお前・・・。(笑)
「ひっかかったな 猫だましだ!!」
まさに暴君!己の主張を暴力によって通そうとする歪んだ思想!!
「『いらないものを木に変える力』!!」
これぞ自然の叡智!!
「『ケーキを脂肪に変える力』!!」
それって普通じゃん。
「『悲しみをやさしさに変える力』!!」
深い悲しみを知るからこそ、人にやさしくなれる。
「『自分らしさを力に変える力』!!」
力に変える力ってちょっとおかしな感じに聞こえますね。
「パンチしかまともな技なかったのに・・・」
シンプル・イズ・ベストってことでしょうか。


べしゃり暮らし
「暗いな―――!完全に葬式帰りですやん!」
お笑い芸人って、バレるとすぐガラの悪い奴らに絡まれたり、プライベートなのにネタやってとせがまれたりして、だんだん人間不信になってしまうという話を聞いたことがあります。


ジャガー
「気が向いたらいつでも土下座してね! 待ってるみゅん☆」
・・・うわちゃー・・・。
「りょーかいみゅん・・・!」
根が真面目なヤツほど、間違った方向に行ってしまう危険性が高いということですか。


巻末作者コメント
「荒木先生宅で忘年会。邸内をジョジョ立ちで無断撮影しまくる大亜門先生萌え<稲垣理一郎>」
「何と!『ジョジョ』の荒木先生宅のパーティーに参加!担当と2人で大はしゃぎ。<大亜門>」
お前はしゃぎすぎー!!!!
いや、せめて許可取ろうよ!うれしいのはわかるけど!!
「もう大人だから今年からちゃんとシステム手帳を持とうと思い姉に買って貰いました<星野桂>」
いや、大人なら自分のお金で買おうよ!!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog