FC2ブログ

コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by seiji | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

12 2018

ジャンプ6号感想

僕のヒーローアカデミア
「私の目指した象徴を君もなぞる事はない」
平和の象徴と呼ばれたオールマイトですらも、すべてを救ってきたわけではない。エンデヴァーなりのナンバーワンヒーローを演じていけばいい。かつてのナンバーワンは、等身大の自分を大事にするように助言した。
「来いよガキ共 相手してやるぜ」
交渉でなんとかしようとしたものの、全くうまくいかずに破談に!こうなったら個性をぶつけあうしか道は無い!全く大人げの無い戦いが始まる!


約束のネバーランド
「やっぱりあなた女の子!」
いろいろとエマの面倒を見てくれたボーイッシュな子の名前はヴァイオレット。女性名であることから、エマは彼女が女の子であると、ようやく確信する。ずっと男言葉でしゃべっていたからね。
「他の農園の出身者は君を含めても3人だけだ」
「グレイス=フィールド出身はあなたが初めてよ」
この発言で、ここにノーマンがいる可能性は無くなった。ちょっと期待していただけに、残念だ。
しかし、エマ以外の「他の農園の出身者」が誰なのかは気になるな。
「密猟者(やつら)を殺す!一匹残らず!!」
進撃の巨人のエレン並みに、密猟者に対する激しい殺意を吐き出すオリバー!この惨劇を終わらせるのは俺たちだ!
「密猟者(やつら)を殺し皆で人間の集落へ逃げる」
オリバーが安息の地として挙げた「人間の集落」。それはこの近くにあるのか?彼はどうやってその情報を手に入れたのか?
「初めまして 僕はルーカス」
杖をついて現れた男性の名はルーカス。かつてのオジサンの仲間。シェルターに逃げたオジサンとは違って、彼は猟場に残って、密猟者への反撃の機会をうかがっていたのだ!


鬼滅の刃
「伊之助ーッ!!!」
堕姫の頚を抱えて猪突猛進!元気に走っていた伊之助の胸を貫いたのは、非情なる妓夫太郎の刃!
「なんでアイツがこっちに… 宇髄さんは…… 宇髄さん」
死んでるーっ!
腕を斬られ、血だまりの中に横たわる宇髄!あの派手好きな男が、こんなに地味に死んでしまうのか!?
「幸せかどうかは自分で決める 大切なのは“今”なんだよ 前を向こう 一緒に頑張ろうよ 戦おう 謝ったりしないで お兄ちゃんならわかってよ 私の気持ちをわかってよ」
死の淵で、妹の夢を見る炭治郎。謝らなくていい。思い通りにならなくたって、幸せになるために頑張る。下を向いて立ち止まっているくらいなら、前を向いて歩き出そう。どこまでも前向きな妹の言葉に、背中を押される長男。
「みっともねえなあ みっともねえなあ お前ら本当にみっともねえなあ 特にお前は格別だ」
鬼殺隊、全滅。そして、唯一意識のある炭治郎を侮辱する妓夫太郎。悪趣味なヤツだ。
「クナイ!!頭突きと同時に刺された」
絶望的な状況でも、決してあきらめなかった炭治郎!自慢の石頭と、奥の手のクナイで、千載一遇のチャンスを作った!
「なぜブレない!!」
絶望なら何度だって味わってきた。だからこそ炭治郎は、決して諦めない!偉大なる長男の刃よ、妓夫太郎に届け!!


読切 eの原点
話の流れはベタなんだけれども、ご都合主義な展開が目に付いて、イマイチ楽しめなかった。
何よりも、主人公が格ゲーの全国大会決勝で優勝してしまう理由付けが薄い。話のオチとしては順当なんだろうけど、格ゲーという、運よりも技術と知識が重要な競技で、トッププレイヤーのヒロインに一回勝った程度の主人公が優勝してしまうなんてありえない。
また、ゲームと勉強の両立をしているヒロインに感銘を受けた後に、主人公が勉強に対して努力している姿が全くなかった点にも違和感を感じる。結局、勉強せずにゲーマーたちと一緒にずっとゲームしていたヤツが最後に勝つの?じゃあヒロインの努力は何だったの?


新年ショートギャグフェスタ2018
「ツヨシは強すぎ優しすぎ」は、タイトルに反してツヨシの強いところも優しいところも描写されず、体がガチムチなツヨシにドン引きするアカネ先生の方が印象的だった。
「なかまんが地獄変」は、絵柄はまずまず可愛いけれども、肝心のネタはありふれたものでつまらなかった。
「起承転結のヤツ」は、カードゲームにお金を使いすぎて、キャッシングが焦げ付いてカード破産する寸前のネタがリアルで面白かった。
「メタルメンタル目田くん」は、メタルメンタルなのはいいけれど、だからといってKYな行動を連発する理由にはならないので深く反省してほしいと思った。
「月影の守護騎士」は、注文にまごつく客を演じた練習太郎にキレて串刺しにするシーンが、勢いがあって面白かった。
「BENRIMAN」は、明らかに異常な松田の体のことを「便利」という一言で片付ける友人の狂気が恐ろしかった。
「亜空間先輩」は、ジョジョを知っている人にとっては亜空間といえば「亜空の瘴気ヴァニラ・アイス」のイメージが強いなあと痛感させられた。また、消え方が切ないところがちょっと面白かった。まるで死んだみたいだ。
「思春期ルネサンスダビデ君」は、ヒロインのヴィーナスさんだけ萌え系の絵柄なので、少し意表を突かれた。


トマトイプーのリコピン
「戸棚にカステラあるよ」
めめちゃんの家の居候としてすっかりなじみ、VRゲームで遊んだり、洗濯をしたり、戸棚のおやつ管理までこなしているリコピン。めちゃめちゃ順応性高いな!
そして、ただ遊ぶだけじゃなくて家事を率先してやっているところは偉いな!

スポンサーサイト

Posted by seiji | 21:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。