コKOナッツブログ

ハジケる笑顔でさようなら――!!   ハジケリストよ永遠なれ!!笑顔だらけのクライマックスセンターカラー!!   いつか見た毛狩り!   6年間、御愛読ありがとうございました!!

30 2017

ジャンプ21・22号感想

僕のヒーローアカデミア
「人の血ィや細胞が入っとった」
個性を破壊する銃弾の中身は、人の細胞だった。つまりは、個性を破壊するという「個性」の持ち主から生み出されたということだな。
「つまり娘の身体を銃弾にして捌いてんじゃね?って事だ」
まさに外道!自分の娘を実験動物のように扱い、その血を抜いて商売しようとは!!
「今度こそ必ずエリちゃんを…!!」「保護する!!」
この推理が正解ならば、最も重要なのはエリちゃんをただちに保護すること!そのために集められたヒーロー達とともに、彼女を悪夢から救い出すんだ!!


約束のネバーランド
「ここから対岸に渡る」
かつてママが目にして、絶望した崖。しかしノーマンは諦めなかった。
それはきっと、仲間がいたから。道具を集め、訓練すれば、崖を飛び越えて森へ逃げ出すことができると確信したのだ。
「諦めなくていいんだよ」
仲間たちが次々と崖を飛び越えていく様子を見ながら、レイはノーマンの幻影を見た。レイよりも、ノーマンとエマの方が一枚上手だった。
「次は誰一人死なせない 「外」で生き延びてみせる…… やるからには勝つ!!」
賢いばかりに、誰よりも深く絶望していたレイ。しかし、ノーマンの計画とエマの人望を目の当たりにして、その心に希望の火が灯った。みんなと一緒に生き延びて見せると。
「さよならママ」
まずは脱走に成功したエマたち。しかし、外の世界がどうなっているのかは謎のまま。生きるための戦いは、まだ始まったばかりだ。


鬼滅の刃
「人の心の中に土足で踏み入るな 俺はお前を許さない」
怒り心頭!悪趣味な鬼に容赦なく刃を抜く炭治郎!しかし、起きているのに夢心地の魘夢は聞いちゃいない!
「アンタが死ねば良かったのに よくものうのうと生きてられるわね」
死んだ家族に責められる悪夢を見せられる炭治郎!そのたびに炭治郎は夢の中で自決し、怒りはさらに増幅する!!
「言うはずがないだろうそんなことを 俺の家族が!! 俺の家族を 侮辱するなァアアァアアア!!!」
大好きな家族をおとしめられた怒り!荒れ狂う龍のような太刀筋で、鬼の首を断つ!!
「死なない!?」
首を断ち切れば、鬼は死ぬはず!しかし魘夢は、生首だけで生きている!予想外の事態に動揺する炭治郎!
「君がすやすやと眠っている間に 俺はこの汽車と“融合”した!」
何じゃそりゃ!?鬼って、無機物と融合することができるの!?
今はいいけど、今後はレールの上しか移動できなくなるが、お前それでほんとにいいのか!?
「俺に“おあずけ”させられるかな?」
どこまでも悪趣味な魘夢!汽車の状況は、すべて魘夢の腹の中だ!
「ついてきやがれ子分共!! ウンガァアアア!! 爆裂覚醒」
この嫌な雰囲気をブチ壊せるのは、やっぱりこの男!荒ぶる猪が爆裂覚醒だ!意味はよくわからんけど!
「猪突猛進 伊之助様のお通りじゃアアア!!!
考えるより前に行動!突進力には定評のある伊之助の勢いに乗って、この悪夢をぶち壊せ!!


鬼滅の刃 番外編
「ある日ぷつんと音がして 何もつらくなくなった」
耐え難い苦しみの日々の果てに、感情を捨てた少女。泣いても、考えても何も変わらないから、彼女は泣くことも考えることもやめた。
「貧しい暮らしの中親に売られた時でさえ悲しくはなかった」
心が壊れてしまった少女は、縄をくくりつけられて人買いの男に連れられていく。全てを失った彼女が持っているものは、絶望だけだった。
「その子はどうして縛られているのでしょうか 罪人か何かなのですか?」
人買いに連れられた少女と偶然会ったのは、まだ幼い胡蝶しのぶと、その姉であるカナエ。カナエは今回が初めての顔出しだが、美しくて優しいお姉さんだ。妹のしのぶが敬愛するのもわかる。
「姉さんに触らないでください」
昔のしのぶさんは、気が強いおてんば娘だったんだな。あの独特なキャラは、亡くなった姉のマネをしているからなんだろう。
「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」
カナヲと名付けられ、胡蝶姉妹の保護を受ける少女。しかし、壊れた心をそう簡単に癒すことはできなかった。
しかしカナエは、楽観的にカナヲを見守る。いつか恋をすれば、カナヲの心のつぼみは花開くと。


読切 ちんぎり
つねるのは痛い!つねることを究極まで鍛えた格闘技こそが「ちんぎり」!
どこまでもバカバカしい、古きよきギャグ漫画だった。

スポンサーサイト

Posted by seiji | 20:35 | Comment [0] | TrackBack [0] | ジャンプ感想

© FC2 BLOG / ooq:blog